終活とは(50代からの終活)

終活とは(50代からの終活)

終活とは(50代からの終活)

終活という言葉を聞いたことがありますか?最近はメディアにも良く登場するので聞いたことはあると思います。
「終活とは」人生のエンディングに向けて自分を見つめ今をよりよく自分らしく生きる活動のことです。
まだ自分は関係ないと思われるかもしれませんが、50代でも人生100年時代を迎えてまだ折り返し点を過ぎたにところです。ここで今までの自分を振り返ってみて残りの人生をより輝くための活動が私は終活だと思います。ある記事で平均寿命82才は3000日でそれを3分割して最初の1000日(27才まで)は「学習」次の1000日(54歳まで)は実践(仕事の千日)、最後の1000日は「育成」と考えるという記事がありました。最後の1000日はそれまでの2000日の経験を活かして、最初の1000日の若者たちを教え導く社会貢献、恩返しの1000日だそうです。そういう意味でも最後の1000日以降がすべて終活になるといってもいいと思います。

アクティブシニアになる!

マーケティングではシニア層をアクティブシニア、ノンアクティブシニア、パッシブシニアと分けて考えます。アクティブシニアとは自由時間が8万時間もあり、比較的に資産にも余裕がある、自分なりの価値観をもち、定年退職後にも、趣味・さまざまな活動に主体的に取り組む元気なシニア層です。別の調査によるとアクティブシニアの理想の生活は「自由に自分らしく、明るく楽しい生活」だそうです。
皆さんもSlow & happyを通じて自由に自分らしく明るく楽しい生活を送る活動をしませんか!ここでの活動や今までの自分の振り返り、新しい知識の吸収があなたの終活活動になります。

Slow &Happy

スロハピで終活を扱ったビジネスをしようと考えたきっかけは2018年に友人と母親を相次いで失ったことです。特に友人は実家の菩提寺の住職でそれまで病気にもならないような人間が入院して1ヶ月くらいで亡くなってしまいました。それが人生を見直すきっかけになり、住職の法要のため曹洞宗本来の儀礼に基づいた法要に出会ったことや仏事が続いたことでお経を何回も聞きお経の意味や仏教について調べたことから、終活というものに興味を持ち、「育成」の意味からも今までの経験やこれからの体験、同じような考え方の人達の知識を共有してアクティブシニアを目指すSNS「Slow & happy」を立ち上げました。
これから仕事が続けられるまでスロハピをやっていこうと思いますのでよろしくお願いします。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。