終活コンサルタント資格を2つ取得しました。

終活コンサルタント資格を2つ取得しました。

終活コンサルタント

2019年3月 この時は起業するつもりはなかったけど、次の事業展開を考えて終活コンサルタントの資格を2つ取得しました。
1つは社団法人終活カウンセラー協会 https://www.shukatsu-csl.jp/ の終活カウンセラー初級です。品川の旗の台という場所に事務所があって、色々な終活資格を出している民間団体です。終活の資格は自分の勉強のためにも取る人がいて結構な人気です。会場は60名くらい入る大きな会議室ですが、ほぼ満杯です。まずは朝の10時から午後の4時まで講義です。講義の内容は終活とはから始まって、介護保険と介護サービス、保険、年金、相続、お葬式・供養と盛りたくさんで、約100Pのテキストを使っての講義でした。その後約30分のテストがあります。テストは講義の内容がそのまま出るので難しくはないですが、講義をちゃんと聞いてないとできないものです。
結果は約2週間後にメールで送られてきます。

2つ目は一般社団法人終活協議会 http://concierge.omoi.co.jp/ の終活ガイドです。こちらは有名な巣鴨のとげぬき地蔵のそばにあります。
こちらも結構な人気で小さな会場に椅子を詰め込んで30-40名入ってました。僧侶の方も2名ほどいらっしゃいました。こちらは13:30から16:30までの約3時間です。そのため講義の内容は1つ目の終活カウンセラー協会に比べると非常にざっくりでテキストも10P程度のものでした。これだけ聞いただけでは終活のことは理解できないですね。その分テストは簡単で10分のテストです。内容は講義で話していた内容なので難しくはないです。

この2つの資格はどちらも終活コンサルタントの初級資格なので、これを取っただけでは一般の人よりちょっと知ってるという程度ですが、私の場合金融関係に勤めたり、会社を2社創業しているのとFPも昔取っていたので初級の資格レベルの知識は持っていましたが、情報のアップデートと今後何を勉強していけばいいかがわかりました。終活の知識は深堀すると結構難しく、本当にシニアになってからでは理解するのは厳しいと思います。まだ頭が柔らかいうちにできるだけ吸収していきたいと思います。
シニアの情報格差が今話題として良く取り上げられますが、私も同級生とか同世代の友達と話していて格差を感じます。特にIT、金融の分野が情報格差が大きいと感じます。
今後Slow&happyではこの情報格差がなくなるよう、皆さんが知りたい情報を記事としてUPしていきますので、楽しみにしてください。

追記:令和元年6月に終活ガイド 上級(心託コンシェルジェ)取得しました。今後は「定活」「終活」についての記事を中心にBlogを書いていきます。2018/7/2

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。