58才11か月からの起業ストーリー3(IT周り準備編)

  • HOME
  • Blog
  • 起業
  • 58才11か月からの起業ストーリー3(IT周り準備編)
58才11か月からの起業ストーリー3(IT周り準備編)

ドメイン(URL)

IT周りは専門知識も若干必要で難しいかもしれませんが色々調べながら進めれば非常に勉強になるし、その後の事業の進め方に大きく関わってくるのでできれば自分でやることを薦めます。私の場合は若干知識もあるのですべて自分で行ってます。
ドメイン(お名前.com)
ドメインというのはインターネットの住所(Adress)のことです。ホームページを見ると上の窓のところにhttps://xxxx.co.jpとかxxx.comみたいなのがでてますよね。あれがドメインです。ちなみに頭にhttpsというのがついてるのは暗号化された通信手段を使う保護されたホームページで、httpだけのものは保護されてないホームページです。後ろのco.jpというのは日本の会社で会社でひとつしかとれないドメインなので会社ホームページで使用していることが多いドメインです。
メールアドレス、ホームページを作るのに必要になります。今回私は前の会社でずっと使っていたGMOのお名前ドットコムという会社を使いました。後述しますがちょっと失敗です。レンタルサーバーが決まっていて、その会社がドメインサービスを行っていればそちらでドメインをとった方がはるかに簡単です。お名前ドットコムもレンタルサーバーを行っているのでそこのレンタルサーバーを借りるという手もあります。ドメインを申し込んだのは、設立手続きを司法書士に申し込んだ日なので、3月20日ですね。
ドメインは結構重要で会社名やサービスを連想させるもので怪しまれますし、インターネットマーケティングにも大きく関係してきます。
今回はSlow & happyというSNSをつくることが決まっていたのでこれで検索します。&はドメインには使えないのでslowhappyですね。.comとco.jpは空いてないので.jpにします。今までの経験から言うと.jpのドメインはいいと思います。日本にある会社(サービス)で.comと違い少ないので目立ちます。今回はco.jp(会社専用のドメイン)をとらず会社のslowhappy.jpにします。ドメインはずっと使うもんだから慎重に選んでね。空いてない場合は使いたい言葉の後に足してみるといいよ。例えば「slowhappysns」こうすればco.jpもcomも空いてます。あとは必要事項を入力すればドメインの登録完了。
ドメインを取る会社にもよるけど、反映されるのに24時間かかるケースが多いのでドメインは早めに登録しよう。

メール(Google Gsuite)

メールはレンタルサーバーを契約すればその会社のメールサーバーがついてきますので、メールを重要視してないかたは読み飛ばしてください。
今の働き方はメールが中心になりますのでメールは非常に重要です。メールを中心にドキュメント、スプレッドシート、カレンダー、メモ、Driveがすべてクラウド上ででき、組織や権限管理もできるGsuiteはSmallBusinessには最適です。これだけいれれば基本Officeはほとんど使いません(相手とのファイルのやりとりくらいです。ただプレゼンテーションはパワポの方が使い勝手がとても良いのでパワポメインで使用される方はOffice365を薦めます。)
Gsuiteを申し込むには下記のサイトから無料使用を開始すると14日間無料でその後課金されますので、14日のうちに設定を終えましょう。
[https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/features/](https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/features/)
ちょっと面倒なのがDNSの設定です。これはちょっと知識がないと難しかもしれないので知識がある人に聞いてみましょう。Googleは今サポート体制が非常に充実していてチャットサポートでもすぐに返事が来るし、電話サポートもかなり親切ですのでGoogleに聞くのが一番早いですね。私もこの後のサーバーの設定でメールが届かなくなったり、グループの設定でメールが届かなくなった時はGoogleのサポートを利用しました。私が知ってるサポートでは一番充実してると思います。(マイクロソフトは大変だよー)

サーバー(X-Server)

ホームページを作成したり、WEB上でビジネスするにはレンタルサーバーが必要になります。私の場合はWORDPRESS(サイトやブログ、アプリを作るためのオープンソースのソフトウェア)を利用したSNSという目的があったのですが、WORDPRESSを触ったことがないのでWORDPRESSに相性がいいサーバーを探しました。WORDPRESSの解説にだいたい最初に出てくるのがXserverだったのでXserverにしました。前の会社ではNTTコミュニケーションのWebArenaというサービスを利用してましたが、XSERVERの方が格段に安いのと、コントロールパネルが使いやすい、マニュアルが丁寧、WORDPRESSの導入が組み込まれている、SSL(Httpsってやつです)も無料のものがあるので今のところ非常に正解だったと思います。Xserverはドメインサービスもやっていて、初めからここでドメインを取っていればドメインの引っ越しもやらなくて済んだしコントロールパネルもXserverのが使えたのでちょっと失敗です。ちなみにお名前.comのコントロールパネルはかなり使いにくいです。NTTも同様です。
Serverの設定自体は説明が探せれば難しくないです。GoogleでもXserverの登録例が出てるのでそのままできます。
今回1ヶ所設定を間違えてメールが2-3日届かなく、GoogleなのかXserverなのかわからず解決に1日かかりました。Xserverは電話サポートもあるのですが素人にはちょっと厳しいですね。
ここまでがITインフラ系ですが、これを読んで難しいと思ったら誰かにサポートをしてもらった方がいいですね。SmallBusinessならクラウドワークスとかでフリーランサーの人にITインフラサポートを頼むのもありだと思いますよ。
次回はWordpress設定・ネット環境編です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。