64才で年金もらえるって本当?

64才で年金もらえるって本当?

64才で年金もらえるって本当?

友達にSlow&happyでどんな記事を書いてほしいか聞いたら年金の話が一番多いんだよね。そろそろみんな定年に近づいてきて、将来どうするかを考えている年齢で最初の会社では早期退職制度があるから1年早く退職する同期も出てきて年金は切実な問題です。お金に余裕がないと充実したアクティブシニアライフはできないから年金はちゃんと調べないと!!

逃げ切り世代?

年金は65才からでないともらえないと思ってたけど年金は色々制度改正があって生まれた年によって特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)は受給年齢が変わってくるんだよ。そういえば若いころに年金制度改革ってあってぎりぎり年金受給年齢の引き下げに間に合った記憶はあったけどすっかり忘れていた。
平成14年4月に施行された厚生年金保険法の改正により、60才から65才に段階的に引き上げられてる!!
65才からの支給は男性では昭和36年4月2日生まれの人で、それ以前の人はもうちょっと早くもらえるよ。私の同級生は昭和35年生まれなので、64才が老齢厚生年金の受給年齢になるよ。ただこれは年金の構造の3階建て(1階部分国民年金=基礎年金、2階部分厚生年金、3階部分厚生年金基金)の2階部分だけだから注意してね。1階部分の基礎年金は全員が65才からが受給年齢になるわけ。やっぱり年金は複雑すぎる。もっと調べないとだ。1階部分の基礎年金は満額が決まっていて、40年(480月)納付した人は満額78万100円(平成31年度)がもらえる。ということは61才の3月以降にいくら保険料を支払っても基礎部分はもらえる金額は増えないということだね。

在職老齢年金

65才からの支給は男性では昭和36年4月2日生まれの人で、それ以前の人はもうちょっと早くもらえるよ。私の同級生は昭和35年生まれなので、64才が老齢厚生年金の受給年齢になるよ。ただこれは年金の構造の3階建て(1階部分国民年金=基礎年金、2階部分厚生年金、3階部分厚生年金基金)の2階部分だけだから注意してね。1階部分の基礎年金は全員が65才からが受給年齢になるわけ。やっぱり年金は複雑すぎる。もっと調べないとだ。1階部分の基礎年金は満額が決まっていて、40年(480月)納付した人は満額78万100円(平成31年度)がもらえる。ということは61才の3月以降にいくら保険料を支払っても基礎部分はもらえる金額は増えないということだね。もう1点注意点が在職老齢年金といって「60才以降、会社勤めをしながら受給している厚生年金」は総報酬によって減額されることがあるから要注意だね。64才から老齢厚生年金をもらえるわけだけどその時に働いていると総報酬額(これがまた結構難しくて最後に計算式を書きます)が月額28万以上になると年金が減額されて47万以上になると年金が支給されなくなる。これは65才以上になると28万が47万円になるけど47万円以上の人は年金がもらえなくなるらしい。これも裏技があって、退職して業務委託にすれば在職老齢年金ではなくなるらしい。この話はまた調べてみよう。
とりあえず59才には年金定期便が来るので内容をよく確認しよう。

在職老齢年金の基本月額と総報酬額
①基本月額=老齢厚生年金の月額
②総報酬月額相当額=(その月の[標準報酬月額]+(その月以前1年間の[標準賞与額]÷12 ※注 賞与が月割で加算されるよ。
①よ②を足した28万を超えると減額

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。