老後に2000万円必要!金融庁の報告書を詳しく説明するよ。

老後に2000万円必要!金融庁の報告書を詳しく説明するよ。

2000万足りない?

6月3日の金融庁の報告で「老後に2000万足りなくなる」だけ色々なところでクローズアップされて「けしからん」とか「年金制度の破綻」だとか騒がれてるけど、騒いでいる人は報告書読んだのかな?
「金融審議会市場ワーキング・グループ 「高齢社会における資産形成・管理」 報告書」
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf
これが報告書なんだけど、年金制度が変わる前提で書いてるわけでも、逆に今の制度が続いたとしても現実はこんな状況だから早いうちからきちんと資産形成しましょう。という趣旨の報告なので逆にみんなじっくり読んだ方がいいと思うよ。

報告書を要約するよ。

要約すると、
①現在男性の平均寿命は81歳で現在60歳の人の25%は95歳まで生きるという試算があるので、あなたも95歳以上まで生きる可能性があるよ。
②健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)は男性で72歳なので最後の10年程度は介護施設に入る可能性が高いよ。特に認知症は有病率は85歳以上で約40%で有病率は上昇してるけど、核家族化が進んで家で見守ってもらえる環境ではなくなってきてるよ。
③夫65歳、妻60歳(年金がもらえる年ということ)の平均的な毎月の支出は263,477円だから、平均的な生活を送るためには毎月これだけ収入がないと、赤字になるわけだけど、年金の平均が191,880円でその他の収入を合わせて209,198円が今の平均的な収入なので、毎月5万円の赤字が発生していてこの赤字を金融資産を取り崩して補填することになるよ。
④現在の65歳時点の金融資産の保有状況は夫婦世帯で2,252万円が平均で、毎月5万円強不足してるわけだから20年(85歳まで)生きるとして1300万円、30年生きる可能性も高いから2000万円の取り崩しが必要になってくるよ。という現状を説明した部分の2000万必要だけがクローズアップされてるみたいだね。
これは単なる現状の説明でこの報告書でいいたいことは、現状平均的な金融資産(2252万円)を持っていても、最後の10年の介護施設の費用は含んでないから足りなくなるということ。子供に金融資産を残すこともできないということ。米国は高齢家庭の金融資産がここ20年で3倍になっているのに、日本は横這いなのは、米国の株式市場が堅調だったことに加えて国が制度的なバックアップ(いわゆる401K)をしたことが大きいが、日本でもNISAやidecdo等が整備されてきているけども利用率が非常に低いから危機感をちゃんと持って若いうちから投資をきちっとやりましょう。ということです。(ちなみにここ10年で日本の富裕層の金融資産は2倍になってます。これは富裕層が株式で運用していてここ10年で株式が2倍近くになっているから)

じゃあどうしたらいいの?

じゃあどうしたらいいのかというのが1.現役世代と、2.リタイヤ期前後(私はこれだね)3.高齢期に分けて提言されているよ。これは原文をそのまま載せるね。
1.現役期
長寿化に対応し、長期・積立・分散投資など、少額からでも資産形成の行動を起こす時期であり、例えば、以下のような対応が有効と考えられる。
①「人生 100 年時代」においてこれまでよりも長く生きる人が多いこと を前提に、老後の生活も満足できるものとなるよう、早い時期からの資産形成の有効性を認識する。
②生活資金やいざというときに備えた資金については元本の保証されて いる預貯金等により確保しつつ、将来に向けて少額からでも長期・積立・分散投資による資産形成を行う。
③ 自らにふさわしいライフプラン・マネープランを検討する(必要に応じ、信頼できるアドバイザー等を見つけて相談する)。
④金融サービス提供者が顧客側の利益を重視しているかという観点から、 長期的に取引できる提供者を選ぶ。

2.リタイヤ期前後
① リタイヤ期以降の人生も長期化していることに対応し、金融資産の目減りの抑制や計画的な資産の取崩しに向けて行動する時期である。人によって、退職金などの多額のお金が入ったり、働き方に変化が生じることが想定されるため、これらを受けた対応が必要と考えられる。
② 退職金がある場合、早期の情報収集と使途の検討及び退職金を踏まえ たライフプラン・マネープランを再検討する。
③ 必要に応じ、収支の改善策を実行する。
④ 長い人生を見据えた、中長期的な資産運用の継続(長期・積立・分散 投資等)とその後の計画的な取り崩しを実行する。

3.高齢期
資産の計画的な取崩しを実行するとともに、認知・判断能力の低下や喪失に備えて行動する時期であり、心身の衰えに関わらず金融サービスを引き続き享受するために、事前の準備や対応が必要と考えられる。
① 心身の衰えを見据えてマネープランを見直す(医療費、老人ホーム入 居費等)。
② 認知・判断能力の低下や喪失に備え、取引関係の簡素化など心身の衰 えに応じた対応をしやすくする。また、金融面の本人意思を明確にし ておき、自ら行動できなくなったとしても、他者のサポートにより、 これまでと同様の金融サービスを利用しやすくしておく。

以上が個人に対する提言で金融機関に対しては顧客本位の営業体制に変革していく必要性(今メガバンクがノルマをなくしたり、大手証券が預かり資産の増加額を目標にしたりしてるのはこういう提言をふまえているということ)と制度についてもIdecoやNISAなどの整備を行っていく必要性や今後大きな問題になるであろう事業承継の税制の変更についても提言している。また日本人の金融リテラシー(投資は悪とか損するとか考えてる人はリテラシー低いっていうことだよ。)の低さにも言及していて若いうちからの教育の必要性(これは先進国では結構当たり前で日本は非常に遅れてます。)や企業、自治体での積極的な取り組み、さらに金融アドバイザー(日本でいうとファイナンシャルプランナーだけど商売にはなんないから保険代理店とかがメインになっちゃってるよね)の充実と高齢者の保護についての提言で報告書は終わっています。

結論:

まず自分がどのような生活水準でシニアを迎えたいかを考える必要があるよ。そこから逆算してどのような資産形成をしていくのか(特に若いうちからの長期投資は少額でも大きな資産になるので重要です)を計画的に時代に応じたやり方で検討しおく必要があるよ。Slow&happyでも書いたけどIDECOはまだ現役の人は税制特典が非常に大きいからやるべきだね。積み立てNISAについても若いうちからやることを薦めるよ。若い時にこういう自分で投資スタイルを決められる投資を行うことは金融に興味を持って勉強するようになるからいいことだよ。
若い人はいいけどアクティブシニアになりたいSlow&happyな人はどうすればいいか?Slow&happyな生活を送るためには、健康寿命を伸ばすことも必要だし、月の収入を増やすことも重要!次回はまず平均的な支出26万円を年金でまかなって、その他の金融資産は運用に回せるよう自分の年金記録から「ねんきんネット」でシミュレーションしてみるよ。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。