庭の橙の木に実がたくさんついています!ポン酢を作ります

庭の橙の木に実がたくさんついています!ポン酢を作ります

今年も橙の木にたくさんの実がなりました

私のブログにお越しいただきましてありがとうございます。

今回は、わが家の庭の橙の木をご紹介させていただきます。

わが家の庭に育つ1本の橙の木に、今年もたくさんの実がなりました。

この橙の木は、十数年前に家を建てた際に、夫の実家に植わっていた橙の木から、1本枝を分けてもらい、挿し木でわが家の庭の片隅に植えたものです。
その後、橙の木はしっかりと根付いたようで、すくすくと育ち、年々大きく育ってきています。

数年前からは大きな実を付けるようになり、ここ数年は毎年本当にたくさんの実がなります。昨年は50個ほどの大きな実が収穫できました。

そんな橙の木ですが、わが家では、特に丁寧に取り扱っているわけでもなく、丹精込めて育てているわけでもなく、肥料をあげているわけでもなく、もちろん農薬などをまいたりもしていません。ある意味ほったらかしの状態なのですが、ここ数年は毎年たくさんの実を付けてくれるので本当にありがたい限りです。

アゲハ蝶が卵を産むことも多々ありますが、それもほったらかしです。
橙の木はきっととても丈夫なのですね。そして、うちの橙の木はわが家の土地や環境に合っていたのかもしれません。

今年もたくさんの実を付けているので、どんどん枝が重たくなってきています。台風が近づくというニュースがあると、橙の木が倒れてしまうのではないかと、毎回とても心配になりますが、今年の台風でも橙の木は倒れることもなくしっかりと実を付けて頑張ってくれています。

10月の今頃はまだ青々としている実ですが、これがあと2か月も経って年末のころになるときれいな橙色へと色づいてきます。そして、ここ数年毎年恒例なのが、年末に橙の実を収穫して、せっせとポン酢作りをするのです。

自家製のポン酢は、それはそれは酸味がまろやかで、香りがよくてとても美味しいのです。ポン酢作りの作業をしている間は家中に橙の香りが充満して、何とも幸せな気分になれます。せっせせっせと作業を進めると、おおよそ一年分のポン酢が出来上がります。鍋物が大好きな夫が、一年中かなりの量のポン酢を使うのですが、それでも一年分はたっぷり出来ます。

そして、果汁を絞った後の大量に残った橙の皮は、マーマレードにしたり、ピールを作ったり、乾燥させてミルサーにかけて粉末状にしたり、それでも余ってしまったら最終手段としてはお風呂に入れます。本当に大活躍の橙の実なのです。

昨年はマーマレードもピールも一年分出来上がりました。マーマレードやピールは小分けにして冷凍にしておくと、いつでも食べられて便利です。
マーマレードを作るときは以前は砂糖で作っていましたが、ここ最近は美と健康を意識してオリゴ糖を使うようになりました。
オリゴ糖で作っておくと、パンにマーマレードをたっぷり塗って食べても、罪悪感が減りました。オリゴ糖は体に良いですからね!
しかも優しい甘さでとてもおいしいのです。

写真の青々としているのは今年の今現在のわが家の橙の木の様子です。

今年も年末に無事に橙の実が収穫できるのが今から楽しみです。こうして植物を育てていると、植物を通して季節の移ろいを感じることができていいですね!
今年の夏はいつまでも暑くて、秋が来ないのではとも心配になることもありましたが、こうやって毎年同じように植物が成長している過程を見ると、植物の方ではちゃんと季節を感じ季節が進んでいるのだな、と実感することができます。

今年もたくさんの実を重たそうに付けている橙の木ですが、また年末にきれいな橙色の橙の実を収穫するのが楽しみです。
その時期はまた橙の作業で忙しくなりそうですが、それもまた楽しみの1つですね!
またその時の様子をこちらでお知らせできるといいな、と思っています。

お読みいただきありがとうございました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。