55歳になって初めて髪染め(ヘナ体験)しました

55歳になって初めて髪染め(ヘナ体験)しました

白髪をそれほど気にしていなかったけど・・・

現在55歳。
今まで白髪は多少あっても、それほど自分の見た目を気にはしてきませんでした。
ただ、50歳過ぎたころから、耳の上あたりの白髪が目立つようになってきました。
それでも「まあいいか」と思って放置していました。

ただ最近、シャンプーによく入っている成分で体に良くないものがあるとネット情報で知り、今家にあるシャンプーの使用は控えようと思っていたところです。
ちょうどいいタイミングで、知人から「ヘナ」を使った毛染めを紹介されました。

ヘナという植物を使った毛染めで、自然のものなので体には害がないとのこと。
ちょうど良いと思って、それまでは毛染めには関心がなかったのですが、体にいいならやってみようという気になりました。

どうせ大した違いはないだろうと・・・

自分の顔を鏡で見ても、まあ年相応かなと思っていましたし、老けて見えるとは思っていませんでした。
また、毛染めは手間がかかるイメージが強く、面倒くさいから避けてきたのかもしれません。

話をヘナに戻します。
ヘナの毛染めは、まずヘナという植物の乾燥粉末を水で溶いたべっとりとしたものを頭につけることからスタート。
液体というよりはスライムくらいベトッとしていました。
ヨモギのような青汁のようなにおいがしましたが、私には嫌なにおいではありませんでした。

髪と頭皮に練りこむようにヘナをつけ、頭をラップで巻いて30分くらい放置。
だんだんと眠くなってきました。

ちなみに、ヘナは毛染めもできますが、体のデトックス効果もあるそう。
さっきも言った通り、頭皮からはシャンプーなどから悪い成分を吸収しやすく、それが肝臓や腎臓に良くないそうです。
しかし、ヘナの良い成分を頭皮から吸収させることで、肝臓や腎臓がキレイになるとのこと。

その良い成分が入ってくると人によって眠くなることが多いそうです。
日ごろ疲れている人は、その傾向が強いとやってくれた人が言っていました。

ヘナを洗い流してみると・・・

時間が来たのでヘナを洗い流しました。
先ほどと同じく、ヨモギか青汁のようなにおい。
ヘナを洗い落としてから、無添加のシャンプー&トリートメント。
とてもさっぱり感があります。

そして、鏡を見てみると・・・

しっかりと染まっていました!

そして自分でも驚いたのですが、結構若々しい!
それほど大量の白髪ではなかったのに、こんなにも印象が変わるのですね。
やってみなければ本当にわかりません。

自分では「普通」と思っていた容姿が、案外老けて見えていたことにショック・・・

しかし、今日から見た目が変わったことの方が嬉しかったです。

「食わず嫌いはやめよう」「百聞は一見に如かず」だと痛感しました。

ヘナで毛染めしたその後は驚くことに・・・

ヘナをやっている最中はとにかく眠かった。
午後2時頃ヘナが終わり、家に帰ってまず仮眠。
2時間くらい眠って、すっきりするかなと思っていましたが、まだ眠い。

夜11時頃、布団に入ると頭痛が。
ただ、いやな頭痛ではなく「間違いなくヘナが効いているな」という痛み。
よほど日ごろの疲れが溜まっていたのでしょう。

眠いのだけれど頭痛で眠れないまま、おそらく深夜2時ごろ眠りについたかと思います。
朝起きたら頭痛もなく、逆に頭の中がスッキリでした。
今までやった頭のマッサージ等の反応とは全く別のスッキリ感でしたよ。

この感覚はブログでは表現できません。
本当にヘナの自然の力が作用したというのは、自分が実感しています。

これは私の推測ですが、ヘナをやって頭が痛くなるほどの人はあなりいないでしょう。
私に相当な不摂生や、内臓の疲れがあったのだと思います。

毛染めよりも健康第一に考えて、ヘナを続けてみようと思います。
もし、シャンプーとかの成分が心配な人がいたら、ぜひヘナをおすすめします。
ただ、ヘナにも品質が良くないものとかいろいろあるそうなので、あんまり安いところは信用しない方がいいかもしれません。

毛染めだけでなく、腎臓・肝臓が付かれている人は、「百聞は一見に如かず」ですよ!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。