いつまでも若く見られたい(♛︎‿♛︎)

いつまでも若く見られたい(♛︎‿♛︎)

ファッションが好きな自分ですが、この世代になってくると、どうしてもメガネが必要になってきます。

いくらアランミクリやテオなどのカッコイイメガネを集めても女性にとって、ヤッパリ、メガネは煩わしく、昔からの考えだと、顔の美◡̈⃝︎⋆︎*
を損なっちゃう事になっちゃいます。

そこで、何かよい方法はないかと遠近コンタクトレンズを買うために眼科に行きました。
学生やお勤めの若い子ばかりで、チョットばかり気が引けましたが、そんな事に構ってられなくて、私は美しくありたいわけなんですʕ•ᴥ•ʔ

意外と試すと遠近両用コンタクトは、見にくいので、ウーン(ノ_<)と思っていた所、眼科の先生からご提案が❗️

「モノビジョンやってみますか?あなたは
左目が利き目なので、こちらをコンタクトレンズの度数を上げて、1.0ぐらいにして、右目を
0.3ぐらいにすると、遠くも近くも、とっさに判断して見えますよ。
 やってみる価値はあります。こちらの方がハッキリ見える人もいます。」
というわけで、早速、このモノビジョンをやってみる事にしました。

最初は少し変な感じがしたのですが、意外と私にはマッチしました。
ずっとコンタクトだったので、遠くを綺麗に見たいという気持ちがありました。遠近のメガネって、見る場所によって、ボヤけちゃいますが、このモノビジョンはそんな事もなく、一瞬で遠くを普通に見ることができます。

また、近い所、たとえば読書や新聞を読んだり、仕事でパソコンを見るのも右目が全てやってくれるので、まるで若い時にしていた近視のコンタクトと同じ感じ⸜( ´ ꒳ ` )⸝♡︎です。

直ぐにワンデイの使い捨てのコンタクトを
購入して、次の日から使ってます❣️

まるで世界が変わった様になりました。

朝のウォーキングも花々が綺麗に目に飛び込んで来ますし、遠くから歩いてくる人も誰だか見分けがつく様になりました。

それに、スタバで読書する時も、老眼鏡を出していては何となく似合わないんですよね。
これは私の個人的見解なんですけど、カフェで
老眼鏡を素敵にかけるパリのマダムにはなりきれない年代が、このミドル世代なんですよね〜

私はヨーロッパに住んでいた事があって、よく
白髪を金髪に染めたマダムが、メガネを下げて読書している姿を路面カフェで何度も見ましたが、あれはヨーロッパの街並みの中で、ひとつの絵になっているから素敵❤️なんです。

みんなが同じ様なリュックを背負って、帽子もただの日除けだけの機能主義的な綿の物っていうのに、まだ私はなりきれないんです。

ヤッパリ、まだまだ若さイッパイで、ジムに行って、アップルウォッチ を片手に走りたいんですよねー
時計の画面が見えないなんて、なんか悲しいじゃないと思っていた所だったので、このモノビジョンという新しいコンタクトの世界は私にとって、本当に嬉しい❤︎(。☌︎ᴗ☌︎。)

ファッションもまだ自由に、色々試すことができるし、値札も間違える事が無いって
素晴らしい(^^)

老眼は、確かに進むようですけど、今はうどんやラーメンを食べてもメガネのレンズも曇らないし、料理を作るのも手元に気を使う必要が無くなったので、思う存分、好きな食事を作っています。

たかだか老眼鏡なんですけど、これをかけるかかけないかで、年齢が10歳は違って来るんです。
まだまだ若いファッションが好きな私は、
体型に気を遣い、さらには髪も長く毛先をカールして、メガネをかけない世界を当分の間楽しめそうなので、気持ちも前向きになってます❣️

モノビジョンはできる人とできない人がいますが、一度眼科に行ってみるのもいいものですよ。
ひよっとしたら、コンタクト世代であれば、遠近両用がピッタリ合う事もあります。

これからの人生はまだまだ長いのですから、美しく装って、ブイブイ周囲を言わせていきましょうよ❗️
私はカラコンにも挑戦してみるつもりです。
人生、自分が楽しくなくちゃね(^^)

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。