保険の見直し その1

保険の見直し その1

保険の見直しのきっかけは友達のライン

こんにちは!chomi55です。
今日は、保険について書きたいと思います。
実は、つい最近、保険の見直しをしました。
その体験談です。

保険の見直しをしようと思ったきっかけは、大学時代の友達のグループラインでした。
(数年前から、スマホのラインで、大学時代の友達のグループラインを楽しんでいて
みんな遠くに住んでいますが、いろいろ情報が飛び交い楽しいですよ。)
「保険の見直しをしているんだけど、みんなどんな保険に入っている?」
という一人の友達の書き込みから
グループのみんなが自分が入っている保険について書き始めました。
「保険の見直しをして新しい保険に変えた。」
「以前は5日以上入院しないと出なかった給付金が、今の保険は一日の入院でも出るから見直した方がいいよ。」
「病気が心配だから、掛け捨てだけど医療保険に入っている。」
がん保険にも入っている友達多数あり。

保険はずっとほったらかし状態でした

友達の保険のラインを読みながら、私も見直しが必要だと気が付きました。
というのも、私は、初めて就職したときに入った生命保険1件に入っているのみで、還暦を迎えてもそのままになっていました。
しかも、30代で当時の職場を退職した時に、高い保険料は払えなくなるということで、保障内容をけずって保険料を月5000円になるようにしてもらっていました。
65歳まで払い続けて65歳で終了の生命保険です。
65歳より後の保証はありません。
それでも続けていたのは、65歳で満期の保険金がもらえるからでした。
途中でやめるのはもったいない、これだけでも入っていれば安心という簡単な気持ちでした。
そもそもあまり深く考えてはいなかったというのが本当のところです。

友達の話から、どうやら保険は年々保障内容などが進化しているらしいことを知り、ガン保険も必要なのでは?という不安も生まれて、見直しの必要性を感じたわけです。
もし保険の見直しをして新しい保険に入るとしたら、少しでも早い方が保険料が安いはずなので、今年の誕生日が来る前にした方がいいと考えました。(ちなみに私は12月生まれ)

そこで、思い切って近所の「保険の無料相談(保険の〇〇)」へ行くことにしました。
一応電話で予約をしてから行きました。

保険の無料相談 一回目

一回目は、『今入っている保険の内容の確認』をしてもらいました。
保険証券などを見ていただいたところ、満期になる65歳より前に解約しても損にならないタイプだったので、見直しをしてこのタイミングで新たな保険に入ったほうがよいのではというアドバイスをいただきました。
65歳になってから見直しをするという考え方もありますが
やはり少しでも年齢が若い方が保険料は安いので、見直すならできるだけ早い方がよいのです。
保険によっては、満期より前に解約すると返戻金がとても少なくなるタイプがあり、そういう場合は途中でやめない方がいいそうです。

そして、いよいよどんな保険に入りたいのか考えていきます。
どんな保険にしたいのか?
私の希望は、医療保険です。
ガンにも対応している保険、それでいて今までと同じくらいの保険料にしたいというのが最初の希望でした。
ガンは今や二人に一人はかかる病気と聞きます。しかも治療にお金がかかる印象です。
だから、ガン特約はぜひつけたいと思っていました。

ガン以外にもいろいろな特約があることを説明してもらいました。
ガンの特約はガンに特化して手厚い保障内容です。
三大疾病(ガン・心疾患・脳血管疾患)の特約もあります。
ガンだけでなく三大疾患の特約の方がいいのでは?という気持ちになっていきました。
他にも先進医療特約・介護保障特約・女性疾病特約など様々な特約があることも知りました。
どの特約を付けるか相談しながら考えていました。

また、入院の保障についても説明していただきました。
最近の保険は入院が1日でも、手術の場合日帰りでも、給付金が出るそうです。
以前に比べて入院期間が短くなっていて、ガンでも入院期間はそれほど長くなくなっていて、通院しながら長く治療を継続していく場合が多いそうです。
ですから、入院の給付金に加えて通院の治療にも使える一時金がもらえるガン特約が必要に応じて使えるのでおすすめだそうです。

ここまで相談していただいて、1時間半ぐらいかかってしまいました。
長いようですが、いろいろわからない点などを質問したりしているとそのくらいの時間はすぐに経ってしまいます。

保険の無料相談 2回目

1週間後に2回目の相談に行きました。
2回目の相談では、私の希望に合う保険を探しました。
パソコンで条件に合う保険が簡単に探し出せるようになっています。
私の希望は、医療保険に三大疾病特約・先進医療特約をつけて5000円程度という保険です。
特約をつけている割には、保険料を安く抑えたいというやや無理のある希望でしたので、入院給付金を1日5000円から4000円に削りました。
それでも保険料が5000円内におさまったのは、たくさんの保険会社の中でたった1社のみ。若干5000円オーバーしたのが1社。
2社の保険について詳しく内容を確認していくと5000円オーバーした保険のほうが保障内容がよかったため、多少オーバーしてもこちらがいいように思いました。

ところが・・・

そして、3回目で契約となる予定でしたが、3回目の前にたまたま県民共済のチラシを見かけました。
県民共済、保険料がめちゃ安い!!
昔から、決断力のない私がいざ契約となった時に迷いだしました・・・

今回は長くなりましたので、続きはその2でお話ししますね。

読んでいただいてありがとうございました。

(写真は昨年の京都旅行で行ったとあるお寺の紅葉の様子です。)

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。