「定活」退職旅行記 パリ編

「定活」退職旅行記 パリ編

退職旅行記 パリ編

前回準備編でも書きましたが、退職旅行(退職してないから定活旅行かな?)にパリとイタリアの3都市(ベネティア、フィレンツエ、ローマ)行きました。

結構おのぼりさん旅行なので、初めてヨーロッパに行く人には参考になると思うから、旅行記を書くね。(気をつけることは準備編を読んでね)

出発 「ナリタプレミアムラウンジ」

10:35成田初のエアフランスの275便で出発です。今回は行きはビジネスクラスなので、妻もラウンジが使える(私はPRIORITYパスもあるので使えるけど妻は3000円かかります)のと、バスで行くので渋滞に巻き込まれるおそれがあるのでなんと4時40分所沢発のバスで行くことにしました。

前日にタクシー予約しようと思ったら、西武ハイヤー以外は早朝予約を受けてくれませんでした。

無事4時40発のバスに乗って熟睡!7時前に空港に到着しました。エアフランスは第1ターミナル北WINGです。

ラウンジでゆっくりするために早く来たけど、なんとまだチェックインが始まってません。

チェックインが7時20分からみたいでした。(普通はもっと前にできるけど早朝だからかな?)エコノミーは自動チェックイン機を使わされてましたが、PRIORITYなので窓口が開いたらすぐにチェックイン。出国審査は自動機になってたよ。

エアフランスは18年11月にオープンした共用の「ナリタプレミアムラウンジ」を使用します。
新しいしなかなかいいラウンジですよ。

エアフランスビジネスクラス

エアフランスはB777-300Rですが、ビジネスクラスは結構しょぼいです。
2-3-2の1列7席なので席も他社のビジネスクラスよりせまいですね。(帰りのアリタリアはB777-200Rなのに1-2-1の1列4席でした。)普通は席に着くとすぐ飲み物とおしぼりが出てくるものと思ってたんですが、飲み物もエコノミーが乗り終わった後です。

食事は離陸してしばらくしてからがメインの食事なのでお昼がメインになっちゃいますね。ステーキ選んだんですが、食事の味もいまいち。ビデオもあまり良いのがなく。全体的にあまりお勧めはできないな。(マイルなので贅沢いえないけど)フルフラットに近い形にはなるので、ぐっすり寝ることはできたのでまあよしですかね。

パリのシャルルドゴール空港まで約12時間のフライトです。
到着2時間くらい前に電気がついて朝ごはん(内容的にはランチ?)がでます。これはもっとまずい。

時差が8時間あるので到着は午後4:10、パリは入国手続きがありませんでした。なのでよく飛行機の中で書く入国書も提出していません。(どういうことなんだろう?)

空港からホテルまではタクシーで移動です。
パリは空港とパリ市街は定額で55ユーロです。(地球の歩きか方の2019年版にはセーヌ川の手前は50ユーロって記載されているので値上がりしてるようです。)

ホテルはパリのメインの駅セントラザールとエリゼ宮の中間くらいで街のど真ん中ですね。市街どこにいくにも2-3Kmという立地としては非常にいいところです。

ベストウェスタンプラスホテルシドニーオペラというチェーンのホテルです。2ベッドで20㎡くらい、バスタブ、朝食なしで2泊で35000円くらいです。まあ立地もいいし日本と同じくらいの値段かな?

パリの観光

着いた日は歩いてエッフェル塔まで行ってみました。

GoogleMapで徒歩35分なので、ぶらぶらついでに歩いてみます。

エッフェル塔はテロ対策のため周りをすべてフェンスで囲われていて、入り口が1ヶ所しかありません。
これが見つからず、エッフェル塔の周辺を半周くらいしました。入り口はセーヌ側に沿ってフェンスの終わりまで行き左に曲がって100Mくらいのところです。
もうすでに8時頃だったのですが、エッフェル塔に上るのに1時間半待ちだったので、上るのは断念して、公園に行こうと思ったら公園もフェンスに囲まれていてチケットないと入れない。悲しい!

あきらめてぶらぶらと遅いディナーのためにリストランテを探します。来る時にかなり混んでいたリストランテがあったので、そこに行ってみます。ワインとサラダ、魚(舌平目のムニエルだったみたい)を頼みましたが、なかなかおいしかったです。今回の旅行の中では一番かも!

2日目は朝からベルサイユ宮殿へ
ベルサイユへはホテルの近くのセントラザールという駅から電車で約30分、ベルサイユ宮殿は予約をしてないので、チケットを自動販売機で購入(並んでる人いるけど自動販売機は空いてるよ)して、入り口の列に並んで約30分くらいで入れました。鏡の間は必見ですよ。
ベルサイユ宮殿はさすがパリという感じなので初めての人は必見!

午後は凱旋門に行くので、GoogleMapを使ってベルサイユ宮殿の近くの地下鉄で凱旋門へ!凱旋門から地下鉄でエッフェル塔近くのセーヌ川のボートクルーズに乗りました。
パリの観光地を効率的に見たい方にはお薦めですよ。約1時間のクルーズです。その後はディナーをとってルーブル美術館へ!ディナーはルーブル近くのカフェでとりましたがあまりおいしくなかったです。

ルーブル美術館はものすごい混んでるという話でしたが、夜はかなり空いています。
ルーブル美術館は広いので夜の方がお薦めだと思います。モナリザもミロのヴィーナスも普通に見れますよ。
ただ大変広いのでMAPがないとわからなくなります。私は3DSの日本語ガイドがあったので借りましたが、あまり時間がない場合はMAPの方が良いのではないかと思います。

あとルーブル美術館はチケット売り場がわかりにくいです。チケット売り場を探してうろうろしてしまいました。

チケット売り場は「ピラミッドの入り口から中に入ってからあります!」
いくつか並ぶラインがあるのですが、No ticketというラインに並んで荷物チェックを受けて中に入ります。ここも自動販売機なら並ばずに購入できます。

3日目は午後1:15分の便でベネティアに向かうので朝9時頃にチェックアウトして、11時にタクシーを呼んでもらって、そのままコンコルド広場へお散歩へ!

コンコルド広場はパリのほぼ真ん中にあって、ここからシャンゼリゼ通りが伸びているので凱旋門までまっすぐに見えるよ。
エリゼ宮が隣にあるあるのでついでにちょっとお庭を見学。
11時にホテルへ帰ってタクシーでシャルルドゴール空港へ!パリからベネティアまではEasyJetというヨーロッパのLCC(格安航空会社)で一人1万以下です。

この会社はIT化が進んでいてチェックインもパソコンかスマホのアプリから事前に行って、手荷物も自動機で行います。
ですがここでトラブル発生!
手荷物の自動機が止まってしまった。
預けてる最中だったので動くこともできず約20分その場で待ってました。
係りに聞いても「No Problem]だけ、飛行機に遅れちゃうよっていっても同じ。まあ荷物積めないから飛行機は飛ばないけどね。結局10分遅れくらいで飛び立ちました。フランスからイタリアだけど、手続きは何もなしで国内線とほぼ一緒だね。

パリからベネティアは電車でも行けるけど、電車で約5時間(ツーリストていう映画ではパリからベネティアまでは電車だったよ)で価格も飛行機とほぼ一緒、飛行機は1時間半なので、時間を節約するなら飛行機だね。

結論:

パリでは、エッフェルタワー→ベルサイユ宮殿→凱旋門→シャンゼリゼ→セーヌ河クルージング→ルーブル美術館→コンコルド広場→エリゼ宮

と大体お上りさんが行くところはいったかな?

パリは物価が体感的には日本の1.3倍という感じかな?
ケンタッキーに行ったけど、通常のセットで1000円ちょっという感じで、コーラとかの飲み物で200円くらい。

真ん中あたりに泊まれば歩きでも回れるけど、地下鉄がかなり走ってるから地下鉄を使うのが便利だね。
あと意外とコンビニとかスーパーはないよ。
地球の歩き方にはスーパーはいっぱいあるって書いてあったけどこれだけ歩いて2件しかなかったよ。
だからスーパーとかコンビニ(いわゆるコンビニはないので街の雑貨屋?)は要チェックだね。
ホテルは調べたら、朝食付きはかなり高かったので、カフェがいっぱい在るからカフェで食べた方がいいかも。

あとパリでは普通に電動キックスクーターが走ってるよ。レンタルもあるようでスマホで操作できるみたいだから興味がある人は事前に調べて行けば便利だよ。(レンタサイクルは見なかったけど、キックボードのレンタル置き場はいっぱいあった)

次回はイタリア編だよ。
Instagramに色々写真を載せるからそっちも見てね!
https://www.instagram.com/takashi8035

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。