「定活」退職海外旅行2 イタリア編1

「定活」退職海外旅行2 イタリア編1

退職海外旅行2 イタリア編1

退職旅行の第三段!いよいよイタリアへ!
準備編、出発~パリ編、まだ読んでない人はぜひ読んでね。
FACEBOOKのページもあるので見てない人はぜひ「いいね!」お願いします。
https://www.facebook.com/Slowhappy.jp

イタリアの最初の街はベネチア

パリからヨーロッパの格安航空会社Easy Jetでベネチアへ!
ヨーロッパのLCCは高速鉄道より安いから高速鉄道で4時間以上かかるのなら飛行機は選択肢だね。飛行機だとパリ-ベネティアは約1時間半だよ。

ベネチアのマルコポーロ空港でも入国審査はないね。
通貨もユーロだし、ほぼ国内移動の感じだね。
マルコポーロ空港からベネチアまでは電車はなく、バスか水上タクシーで行くしかないよ。

ベネチアは車が入れないのでタクシーで行くのはあまりお薦めできないね。

お金があれば水上タクシーかな?
私はバスで行きました。大型バスでリムジンのように荷物も下に積めるのでお薦めですね。

バスとタクシーはローマ広場というベネチアまで橋を1つ超えたところまでです。
ここからベネチアに入るのですが、ベネチアは運河の街なので、橋がほとんどタイコ橋になっていて、スーツケースを持ちあげなければ運べません。

ホテルが遠いとタイコ橋をいくつも渡らなければいけないので、荷物運びの人がうろうろしてるから最初から頼んだ方が懸命だな。

私が泊まったホテルはベネチア唯一の駅、サンタ・ルチーア駅のすぐ隣だったのでとっても近かったです。

ベリーニホテル(ここは日本人に人気なのか。ヨーロッパではめずらしく日本人と数組会いました。)1泊です。
https://www.agoda.com/ja-jp/bellini/hotel/venice-it.html

ベネチアは車が入れなく、徒歩と水上のタクシー、バス、ゴンドラでの移動でかなり狭いので1泊で十分です。
明るい街で完全な観光都市なので、テーマパークのようです。まるでディズニーシーです。裏通りはディズニーシーよりもっと狭いです。
そこに縦横無尽に水路が走っています。

到着した日はベネチアの全体像をみるために、水上バスのヴァボレットに乗りました。
本当にバスっていう感じ。
1回券で75分間有効で確か7.5ユーロ。ところがここでちょっと失敗。
1番の各駅停車のヴァボレットに乗ったのだけど、1時間くらいで1週するのかと思ったら、なんと外海に出て違う島へ、私たちとあと1組残して全員降りてしまうし、どうしたものかと思ったらやっと引き返してくれて、結局2時間以上ヴァボレットに乗るはめに(検札が来たら罰金だったよ)、20分位で降りてちょっとぶらぶらしてまたヴァボレットに乗って帰ってくるのが正解です。
乗り心地は決して良くないので、長時間はお薦めしません。

2日目はまず隣のサンタ・ルチーア駅に行って、フィレンツエのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅への高速鉄道(トレニタニア)で特急(フレッチャロッサ新幹線みたいなもんです)の指定券を自動販売機で購入します。最初の画面で英語に変更できるので、購入は比較的簡単です。等級はよくわかんないですが、下から2番目の2”premiumというのを購入しました。(飲み物とお菓子がついてきます)

イタリアの鉄道の詳しいサイト https://urtrip.jp/italy_train_how_to_ride/

これで時間がはっきりしたので、午前中はベネチアを徒歩で観光です。カナルグランデ大運河、サンマルコ寺院、サンタマリアデッラサルーテ聖堂、ドゥカーレ宮殿、リアルト橋(お土産物屋いっぱいあるよ)を回りました。

ここで意外と困るのがトイレ、リアルト橋の横にDFS(ちょっと見た目はDFSっぽくないので注意してみてください)があるので、そこのトイレがお薦め。ヨーロッパのトイレは有料のところも多いので、商業施設のトイレがお薦めだよ。

路地にある、切り売りのピザ屋さんでお昼にピザを食べてホテルで荷物をピックアップして駅へ!駅は改札がないので、ホームの柱に緑の打刻機が付いているのでそれで打刻してから電車に乗ってね。

ベネチアは非常に綺麗な街で一度は行った方がいいと思うよ。お土産とかも結構安くて、いろいろ買いました。私的にはベネチアグラスが付いたワインのコルク蓋がお薦めです。

水の都ベネチアから花の都?フィレンツエへ

ベネチアからフィレンツエまではフレッサロッサで約2時間、世界の車窓からの雰囲気を味わいました。
フィレンツエのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅で降りてホテルへ!
フィレンツエの第一印象はベネチアと違い暗い街です。
フィレンツエはメディチ家が支配していて、ルネッサンス芸術の中心地ですが、メディチ家は地味で荘厳な建物が好きらしく、建物の色が全体的に落ち着いた茶色系なので、街全体が暗く感じます。

ホテルは駅から5-6分の所だったのですが、広い道がなく裏通りのような路地ばかりが続きます。
ホテル(グランドホテルアドリアティコ)https://www.agoda.com/ja-jp/grand-hotel-adriatico/hotel/florence-it.html

は悪くないのですが、周りにあやしいおじさんがたむろしていて、夜は出るのがちょっと怖い感じです。地球の歩き方で見たトラッテリアが結構近かったので早めに行ってみましたが、トラッテリアの営業は基本7時からのようで6時半頃いったら15分後にまた来てと言われてしまったので、ちょっと街をぶらぶらして7時に戻ったらほとんど満席!
ちょっとびっくり。
白ワイン、お薦めの生ボルチーニ茸のサラダ(これは日本にはないね。おいしいよ)、リゾット、パスタで夕食です。混んでいるトラッテリアは地元の人が多いみたいでしたので、おいしいということだと思います。

そうそうヨーロッパに行く前にGoogle翻訳というソフトをインストールして、メニューをカメラで撮れば日本語に翻訳されるはずだったのに、全く役に立ちませんでした。暗いせいなのか、文字を認識できません。(日本でやった時はちゃんとできたのに)
レストランのメニューは写真がなく、イタリア語と英語が並列で書いてあるのでとっても見にくくて、オーダーに時間がかかりました。

ちょっと長くなってきたので、フィレンツエ観光とローマについては次回のイタリア編2で書きます。

結論:

ヨーロッパでの長距離移動はLCCが正解。
ベネチアは綺麗な街なので一度はいっておくべき。
なんとベネチアは帰国した10日後の11/12に高潮で浸水被害がすごいらしくサンマルコ寺院がかなり浸水してる!皆さんも行くときは気をつけて!
でも早めに行かないと水没して行けなくなるかもよ!
イタリアは鉄道が充実しているので鉄道の旅もお薦め!
世界の車窓からの雰囲気が味わえるよ。電車も結構カッコイイ!
次はフィレンツエ観光とローマだよ。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。