50代からの終活

50代からの終活

はじめに

人生100年の時代といわれている今、50代からの終活のすすめとはどういうことなのでしょう?「早過ぎでしょ」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

社会の傾向は、50代からの終活のおすすめが一つのブームになっています。その理由は、50代は、人生の大きな折り返し点であり、分岐点でもあります。

それまでの人生を振り返り整理し、立ち止まって整頓し、これからの人生50年のハッピー度を上げるチャンスに最適なんです。

大半の方の50代は、子育ての時期は終わった頃で、ご夫婦だけの人生のセカンドライフといわれています。これからハッピー度上げる最適な年代です。50代の終活おすすめの意義は、人生に幸せをもたらすために大切な立ち位置といわれています。

ここに、「人生のハッピー度を上げる、50代からの終活のすすめとは」についての詳しい解説をご紹介します。50代からの幸せな人生のためにぜひ最後までご一読願います。

50代からの終活を始める大切なポイントに3つがあるとは

50代からの終活を始める大切なポイントとして①~③の3つが挙げられています。
①子どもや家族を不幸な目に合わないために生活の基盤が整理できる。
②自分自身の人生を見つめ直し、これからの人生を思い描く切っ掛けとなる。
③自分の人生と配偶者とのセカンドライフが充実できる。
要は、セカンドライフ充実には健康であること、経済的に余裕があることの2点が大きくハッピーの度合いを左右します。
50代時点で男女とも人体の仕組みの変革点にあり、健康状態の把握が大切な時期です。それまでの生活習慣の悪さの見直しと改善が終活がチャンスです。
経済面においても50代時点の収支状況からこれから先の資産形成に向けての構築の機会になります。
この2点は、日々の暮らしの基盤です。折々の出来事において気なる大事なことです。子どもの成長に合わせた学資家計の終わりや夫婦ともに体力下降傾向にさしかかっている50代は、一度立ち止まり冷静に考えてみる必要な時期ですです。
過去と現在の整理整頓と50代をスタートしたセカンドライフのありたい姿を描くこと、これが終活することです

50代からの終活で大切なポイント3つ

①エンディングノートと遺言状の作成。
②不用品の処分と断捨離。
③生命保険と積立金全般の見直し。
この3点は終活の大事な実行ポイントとです。特に、生命保険と積み立ては最重要事項です。この50代での見直しはとても大切で、その後のセカンドライフのハッピー度に大きく影響します。
生命保険や投資口座など入っているケースの場合、複雑多岐にならないようにできるだけ絞って管理することが肝要といわれています。できれば、専門のファイシャルプランナーとの相談が賢明といわれています。
充実したセカンドライフのプランは大小様々でセカンドハウス、世界旅行など高額から小さいプランでしょうが、日帰り温泉と名所旧跡の訪問など数えきれない程豊富にあります。
そうした場合のハッピー度アップ計画と実行の準備は50代で決して早過ぎではありません。
老後資金として見直し、不足のないように毎月の積み立てを増やしておきましょう

知っておきたい終活に必要な遺言書、遺書、エンディングノートとの違い

終活のまとめの文書の種類として遺言書、遺書、エンディングノート3種類があります。
夫婦であってもそれぞれの思いや実施してもらいたい死後のことなどの希望を書き置きしておくという意味があります。
特に、遺言書や遺書とは大きな違いがあります。
①遺言書には、法律の規定によって書かれた書類です。法的な効力が備わっています。その主な内容は、遺産相続、事業権利、不動産管理です。
②遺書は、死を迎えるにあたり自分自身の心情を書き残した文書です。この文書に法的効力は持っていません。
③エンディングノートは、誕生してからの過去と現在までの記録と心境、あるいは、未来への想いを書きます。葬儀や供養に関する希望など書いてもそこには法的効力はありません。

まとめ

団塊の世代からの移行で今や超高齢化社会になってきています。核家族世帯の構成が圧倒的に多い現在、高齢になってからの終活は遅く、残される家族に多大な迷惑になる可能性が高いのです。
そのような背景もあり50代からの終活のおすすめがブームになっています。高齢化になってからのセカンドライフのハッピー度を上げるには50代での終活が大事であり、よりよい人生の仕上がりに大切なことなのです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。