女性の中の男性ホルモン

女性の中の男性ホルモン

女性の中の男性ホルモンの影響とは?

昨今の女性は、目覚ましく多くの方々が活躍され、メディアに限らず巷でも美しい女性が拝見されるのではないでしょうか。
その理由の一つに、女性の中に存在している男性ホルモンのいい意味での影響が作用しているといわれています。
ですが、女性の中の男性ホルモンの存在自体が意外と知られていないとも言われています。
ここに、女性の中の男性ホルモンの影響についての解説をご紹介します。

女性の中の男性ホルモンの存在とは

私たちの体がどのような環境に変化があっても人体内部の活動は常に一定の状態に保てれています。このことをホメオタスと呼ばれ恒常性いわれています。
この恒常性が維持管理されているのが、神経とホルモンの連携プレーといわれています。
神経は脳にあり頭蓋骨で堅固に守れています。ホルモンは分泌物で、人体が必要とする場合に育成されます。例えば、暑ければ汗が出るような現象です。
ホルモンは人の成長に欠かせない大切な役割を担っています。ホルモンはいくつかの種類があります。広く知れ渡っているホルモンが女性ホルモンと男性ホルモンがあります。
この二つは性ホルモンと呼ばれ、女性、男性らしさを支配しています。女性ホルモンは女性だけとか男性ホルモンは男性の分泌と限定されていません。
男、女双方に、女性ホルモン、男性ホルモンを分泌しています。ですが、その分泌の量に違いがあります。

女性中の男性ホルモンの活躍とは

女性の中の男性ホルモンは、男性に比べ、1/10~1/20の分泌です。通常は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンに抑えられています。
思春期から40代までは、女性ホルモンが男性ホルモンを抑えています。ですが、ホルモンは脳の神経伝達により分泌が左右されます。ホルモンはストレスの影響を受け、ある意味、ストレスに弱いのです。
ですから、女性ホルモンが活性化の20代から40代の時期にあってもストレスや諸条件により男性ホルモンが優位になる場合が生じます。
女性が50代に入りだしますと女性ホルモンは激減し消失します。この50代は女性ホルモン消失による体の至る所に支障が生じます。更年期障害です。
この更年期障害が収まります男性ホルモンが活躍し始めます。医療や美容技術の研究とコンピューター技術の進化もあり、女性の中の男性ホルモンのいい意味での活躍が促進され高齢女性の元気さと衰えぬ容色を支えています。
女性にとって、高齢を迎える60代ごろからまさに第二の人生であり、真の女性としての幸せ探求にチェンジしているのです。
それに反し、男性は、男性ホルモン分泌はありますが、徐々に減少の一途をたどります。男性自身が衰え、性ホルモンの活躍が消失します。
女性の場合、「灰になるまで」は、女性の中の男性ホルモンの活躍にあります。一部に男性も灰になるまでといわれているようですが、相当に厳しい条件下にあります。例えて言えば、自動車運転免許の返上に類似したような男性自身のThe Endが現実です。

女性の中の男性ホルモンのデメリットと健康管理とは

写真は、女性の中の男性ホルモン分泌を担っている副腎と呼ばれる臓器で、腎臓の上に位置し小さくても重要な役割を果たしています。
女性の中の男性ホルモンのデメリットの代表に女性の美容の影響を左右する現象があります。
その代表が、女性の中の男性ホルモンが増えている場合です。増えるに比例し、皮質の分泌が増加し、角栓と呼ばれる皮脂の分泌が増えて、毛穴が広がり、したがってニキビもできやすくなります。
角栓とは、毛穴の奥にある皮脂腺から分泌された皮脂、古い角質、汚れ、及び毛穴の中に残った産毛など、いろいろなものが毛穴に混ざり合って白いかたまりになっているものです。
女性の中の男性ホルモンが減少した場合のデメリットに大事な現象があります。この場合のデメリット健康に関り大事な現象です。
・太りやすくなる。
・筋力が低下する。
・やる気がなくなり、集中力がなくなる。
この3つはとても大切な健康管理です。
理想的ですが、毎日、規則正しくストレスのない生活に心掛け、すべてのホルモンが自然にバランスよく分泌されるように努める事です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。