フレイル予防

フレイル予防

知っておこう、終活健康問題フレイルサイクルとは

知っておこう、終活健康問題フレイルサイクルとは、高齢になって終末段階では遅すぎです。

50代から終活について考え、行動することは大切です。終活するにあたり、元気な段階で健康問題を最重要の課題として取り組む始めるのが大切です。

その課題を検討する場合、フレイルサイクルを理解し、対処することが健康的な幸せな終末を迎えるのに大事なんです。

ここに、終活に取り組むに際し、健康について大切なキーワード総合的に理解するための「フレイルサイクル」の詳しい解説をご紹介します。

フレイルとは

フレイルとは高齢者特有の「虚弱」や「老衰」、「脆弱」などを意味し、日本老年医学会2014年5月に提唱された英語の「Frailty(フレイルティ)」が語源です。

フレイルは「加齢により心身が老い衰えた状態」と簡単に表現されていますが、その状態は、個々に違いがあり、写真に示していますように複雑な健康問題のサイクルです。

フレイルについて、終活を考えた早い時期から介入し、予防の対処を行えば終末段階においての健常な健康状態の維持できる可能性が高いと言われています

フレイルの予防の意味とは

高齢者に発生するフレイルは、適切に予防することによって、要介護状態に進ない可能性が高いのです。

そのため、フレイルの予防とフレイルサイクルを充分理解し、正しい対処方法の必要があります。

高齢者になってのフレイルは、生活の質を落とすだけに留まらず、さまざまな合併症を引き起こす可能性が高くなります。

フレイルを予防する意味は、2つあります。1つはフレイルに陥らないようにすること、もう1つはフレイルが進行するのを防ぐことです。

サルコペニアとは

フレイルサイクルにあるサルコペニアとは、筋肉量が減少し、歩行速度が低下しているような状態を指します。フレイルの状態の中でも、筋肉に注目した概念です。

サルコペニアとは、2つのパターンがあります。一つは加齢によるサルコペニアともう一つは、病気を伴って起こる場合です。

一つ目のサルコペニアは、加齢や病気で筋肉量が低下し、身体の機能が低下することです。

具体的には足の筋肉量低下により歩行速度が落ちたり、疲れやすくなるため全体の活動量が減少します。

全体の活動量が減少すると、エネルギー消費量が減り、必要とするエネルギー量も減少します。

簡単に申しますと、動かないとお腹が空かないので食欲もなくなることの繰り返しで衰弱する現象です。

二つ目の病気を伴って起こるサルコペニアは、加齢による食事量の低下が慢性的になると同時に栄養不足の状態に陥ります。

慢性的な低栄養の状態は、サルコペニアを進行は、筋力低下が進むこと加えて、免疫力低下が進みます。その結果、がん、心筋梗塞、脳梗塞などの発症の悪循環へ陥ります。

この悪循環を適切な介入によって断ち切らないと、フレイルサイクルを繰り返し、完全介護状態になり終末の可能性が高くなります。

フレイルの対処方法

フレイルの対処方法は、写真に示されている3つの要素があります。しかし、持病があれば持病のコントロールが大切で、その兼ね合いを図りながら、栄養、社会参加、身体活動の対処があります。

高齢と同時に基礎代謝が低下し、食事量も少なくなります。栄養不足になりがちです。バランスの良い栄養摂取に心掛け、適正なカロリーの食事が大事です。

さらに、高齢に比例するフレイルの筋力低下には、運動療法が有効です。ですが、持病のコントロールを実践しながら適切に運動することが必要です。

社会活動や身体活動は、運動体力や前向きな気力が基本になります。規則正しい生活で快食、快眠、快便を維持管理し、節酒、禁煙に心掛けが大切です。

その他にインフレザーや肺炎などの感染症の予防などが必要で、予防接種は有効な対処です。

持病により体を動かすという気持ちになれないことは、持病の悪かと同時にフレイルも悪化させてしまう事になります。

まとめ

健康寿命を延ばすことは、国の財政政策の大きな課題といわれています。「健康日本21」の呼びかけであらゆる施策が講じられているのではないでしょうか。

高齢者人口の増加に比例し、医療費の増加が医療費話題になっています。国の予算の40%前後の医療費割合が占めている情報があります。

健康寿命促進は、次世代への高齢者の使命の一つであり、目標ではないでしょうか。「知っておこう、終活健康問題フレイルサイクルとは」をご理解いただき、同時に、幸せといえる終活に寄与できることを願っています。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。