東海道ウオーキングのすすめ

東海道ウオーキングのすすめ

非日常的ウオーキングを楽もう

 健康管理の面から、ウオーキングを重視し日々実践されている方は多いと思いますが、毎日同じコースを歩いている方が多いのではないでしょうか。
 私の場合、毎日同じ景色だと飽きるタイプで、歩くときはなるべく違うコースを歩くようにしています。昨年の9月から、これまでやってみたかった「東海道ウオーキング」を始めました。歩くたびに景色が変わりますので、私のような飽きっぽい性格の人間にはピッタリです。また江戸時代の歴史およびその地方・場所についての歴史・出来事等について知ることができます。
 皆さんもウオーキングのやり方につきいろいろ工夫されていると思いますが、日々のウオーキングに物足りなさを感じておられる方には「東海道ウオーキング」は、おすすめですよ。
 以下東海道ウオーキングについての情報(メリット)を書いてみたいと思います。
 

東海道ウオーキング情報1ーーーその地方の歴史・できごとを知ることができる

 ご存じのごとく、東海道は江戸時代に整備された五街道の代表格。江戸日本橋から京都の三条大橋まで約492kmの道のりです。歩きを進めていくと街道筋にたくさんの旧所・名跡がありますが、街道筋にあたる市町村は、街道に関する知識・その場所の歴史的史実をいろいろ掲示板で教えてくれます。
 東海道は、今の国道1号線とほぼ同じところを通っていますが、地震に伴う津波等で宿そのものが高い場所に引っ越したという記述が多く見られます。これなどは、最近の日本も大きな地震に見舞われ、同じような発想で町が移転するような事実もありますので歴史は繰り返しているなと感じます。

東海道ウオーキング情報2ーーー東海道の歩き方

 私が東海道ウオーキングを始めた時は、まだスマホを持っていなかったので地図を見ながら歩きましたが、紙の地図だとわかりにくい事も多くコースを間違え、引き返してまた歩くという疲れた経験も多々しました。スマホを持っておられる方は、「東海道のアプリ」がありますので、スマホを見ながら歩くとコースを外れない良さがあります。
(GPSで自分の位置を表示してくれます)

 「東海道一人旅」のブログを書かれておられる浮浪雲さんのサイトにあるアプリ
 https://aruki.jp/isp/toukai/chizu.html

 「グーグル」の地図上に東海道を表示してくれている 
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1pVIcc0QSviQ2h7FwVPf5qEiamEs&shorturl=1&ll=35.183505693908984%2C137.77288150000004&z=8

東海道の宿と宿の距離は平均すると9km前後です(短いところは3km前後、長いところは16km以上といろいろありますが)。私は日本橋から京都の三条大橋までを踏破すべく通しで歩いていますが、「好きな部分」だけを歩くのも大いに結構だと思います。私の歩き方は、例えば三島神社で夕方になればそこでウオーキングを終了し、次回電車でそこまで行ってそこからスタートします。このような歩き方で東海道を歩いています。

東海道ウオーキング情報3ーーー「大人の休日倶楽部ジパング」を活用せよ

 「大人の休日倶楽部ジパング」は、JRの高齢者(男性65歳以上・女性60歳以上)を対象にしたサービスでJR線を201km以上利用すると料金が3割引になります。会費は、3840円/年かかりますが、それにしても利用の都度3割引になるので是非活用すべきだと思います。もうすでにご存じの方もおられると思いますが、未だの方はせっかくのJRのサービスですのでご検討ください。

  JR「大人の休日倶楽部ジパング」アドレス
https://www.jr-odekake.net/smt/cjw/otonavi/zipangu/nyukai.html

まとめ

 東海道ウオーキングに関する情報をお届けしましたが、参考になりましたでしょうか。
 今度は、東海道のどこかの宿でお会いしましょう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. はじめまして(^ ^)
    街道は、歩きながら歴史を見れるので
    好きなのですがなかなか時間がなくて
    憧れのままですが、三重県の関宿をはじめ◯◯宿と目にすると必ず立ち寄っていますw
    いつか京都から東京まで足で行ってみたいです。大変参考になりました(^ ^)

コメントするためには、 ログイン してください。