魅力いっぱいのフイットネスクラブ

魅力いっぱいのフイットネスクラブ

中高齢を引き付けている、魅力いっぱいのフイットネスクラブのプログラムとは

中高齢を引き付けている、魅力いっぱいのフイットネスクラブのプログラムの背景は、定活を生き生きと楽しんでいる中高齢者の興隆が支えになっているのではないでしょうか。

今や高齢社会のフィットネスクラブは花盛り、その背景に魅力いっぱいのプログラムがあるためといわれています。

ここに、その魅力いっぱいのフイットネスクラブのプロブラムをご紹介します。

中高齢の向けのフイットネスクラブ参加の必要性とは

50歳に差し掛かるころから男女とも「中年太り」の傾向になります。子育ても終了に時期の頃であり、ご自分のこれからを考えねばならないのです。「定年はまだ先」とか「責任もあるし仕事にさらに集中や」に流されているかもしれません。

ですが、人生100年時代になろうとしています。その背景に立てば50歳はその中心に当たり「50歳からの定活」すすめが推奨されています。

「50歳からの定活」の基盤になるのが「健康」です。そのためには過去を顧みて、現在の姿を客観的に観察し、セカンドライフを構築するのです。

そのためにまず自分の健康を真摯に考え「中高齢向けのフイットネスクラブ」に参加し、これからの「健康つくり」を実践しましょう。

中高齢の向けの代表的フイットネスクラブの目標とは

一般のフイットネスクラブは、理想的な体系つくりを目的としたジムです。若者向けの均一な施設と指導がされるのが大半です。

男性は筋肉質体形で、女性は均整の取れた美形のスリム化です。けれども、男女とも「50歳」を過ぎる頃から人体の仕組みが大きく変化します。

女性は、女性ホルモンが50歳で消失し、更年期に入ります。男性も男性ホルモン減少し、女性より緩やかですが男性更年期に入ります。

女性の場合、女性の中の男性ホルモンが副腎と呼ばれる器官から生涯分泌し
ます。女性は更年期が過ぎた頃から一段と元気になりますが、人体の衰えは避けられず健康管理が大切になります。

男性はホルモン分泌減少と人体の衰えが進み、体力、気力の低下になります。特に、喫煙、飲酒等の要因で生活習慣病といわれる現代病の罹病の可能性が高くなります。

したがって、中高年のフィットネスは「健康」を軸にしたフイットネスが推奨されます。それを考慮したフイットネスクラブが用意されいます。

代表的なフイットネスクラブの特徴とクラブ7つをご紹介します。

・生活習慣改善を目標にしているプログラムづくりーーコナミスポーツクラブ
・参加者を広範囲に気軽に参加できる豊富なプログラムを用意しているーーセントラルスポーツ
・医療とのコンビネーションして安全と安心をたもっているーースポーツプレックスジャパン
・低体力、運動経験がない高齢者も参加できるプログラムを用意ーーラスパOSAKA 、フィットネスクラブ・ラスパ
・ワンツーマンに対応できるプログラムを用意しているーージェクサーフィットネスクラブ
・フィットネスと鍼灸・整骨院とのコラボレーションーーグンゼスポーツクラブ
女性専用のフィットネスクラブーーカーブス

なぜ、中高齢のフイットネスクラブを推奨するかとは

大袈裟かもしれませんが、現在、国家予算の半分に相当するの社会保障予算関係といわれています。ニュースなどでも声を高くして頻繁に報じられています。

その背景は、現在進行形の形で超高齢化社会に現在突入しています。団塊の世代といわれている戦後直後誕生の方々が間もなく後期高齢者になります。

日本は医療費削減が必須の国です。高齢者の予防医療・未病対策のカギは団塊の世代以降にあると言われています。

国は「健康日本21(第2次)」をスローガンにし様々な施策がされています。しかしながら究極は、私たち個々の健康意識が大事で、大切ではないでしょうか。

「50歳からの定活」の基本は健康です。平均寿命ではなく、健康寿命が大切で、そのための方法の一つがフイットネスクラブ参加し健康促進の実践が必要なんです。

自分自身に、家族に、地域全体に、明日の日本にとって、とってもお役に立つのが中高齢のフイットネスクラブではないでしょうか。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。