アナログレコード道楽

アナログレコード道楽

音楽を聴く方法がさまざまな時代

 みなさん、こんにちは。たろうです。みなさんは音楽は聴きますか? 私は音楽が好きなのもありますし、田舎町では娯楽もないので音楽は仲の良い友達です。アップルミュージックなど音楽の聴き放題サービスで多くの利用者が音楽を聴く時代になりつつありますよね。みなさんも加入してらっしゃいますか? 私もアップルミュージックは加入しております。
 昔懐かしい曲を検索したりしても、アップルミュージックに案外あって驚きますよね。これからますます楽曲が追加されてゆくのでしょうから、ますます便利になるはずです。
 とは言え数年前からアナログレコードの小さなブームが来ているのも事実ですよね。もうご存知の読者の方もいらっしゃるかと思いますが、数年前、アナログレコードは我々の世代を中心にブームになっていました。
 50代以上ともなると、若い頃はレコード屋さんにレコードを買いに行って、レコードを脇に抱えて帰って、レコードをしっかりと拭いてホコリをとって、レコード針の掃除もして、ようやくレコードに針を乗せた、という経験があるのでは?
 CDが普及してから私自身、アナログレコードは棚の中に放り込んでおいて忘れていた一人です。それが数年前のブームの時にアナログプレーヤーを再度購入して以来、アナログは音楽を楽しむ選択肢となりましたよ。

まずはプレーヤーについて

「ああ、アナログレコード懐かしいから聴いてみたいな」と思われた方、アナログプレーヤーはどうしましょう? 80年代に使っていたのが倉庫にある? それはちょっと厳しいですね…。もう傷んでそうですね。特に針は劣化しているでしょうから、使わない方が吉です。替え針ももう廃盤になっているかもしれません。
 レコードプレーヤーは安いのだと1万円代くらいからあります。昔からそうだったように、もちろん高価なものもありますが。もしまだアナログプレーヤーを接続するコンポをお使いなら、アナログプレーヤーを購入して青春時代のレコードを聴いてみるのも良いかもしれません。オークションサイトやメルカリなどの売買サイトをのぞくと案外レコードはあります。
「今ではBluetooth接続のスピーカーしか持ってないよ」とおっしゃるあなた。なんと、Bluetoothでスピーカーに接続できるアナログプレーヤーも出てますからご安心ください。
 でも我々世代はやはりまだコンポを持っていたいと思いますよね、特に男性は。アナログレコードが再ブームになった頃にピュアオーディオも再ブームになりましたから、案外持ってらっしゃる方もいるのではないでしょうか。
 あの、アナログレコードに針を下ろし、パチパチと小さなホコリが弾ける音、実に味わい深いですよね。

アナログレコードについて

 アナログレコードブームは海外のアーティスト中心に、過去の作品を高音質リマスターしてアナログレコードで発売! といった形から始まったように思います。CDが世界を制覇していた時代にも、一部のマニアはレコードを聴くことをやめず、アーティストもCDのリリースの一方でアナログ盤もリリースしたり、リミックスだけアナログでリリース、ということをやっていました。
 今では高音質レコードや、180グラム重量盤といって分厚く重い高音質レコード、昔からありましたが色がカラフルなカラーヴァイナルなど種類もさまざまリリースされています。透明もありますよ。写真はbjorkさんの180g盤です。
 私は数年前のアナログレコードブーム以来、レコードを収集していて、数はそんなに桁外れではありませんが、青春時代に好きだった洋楽アーティストがアナログ盤を再発したりすると買っています。
 やはりレコードを回して音楽と一対一で対話していた時の頃のような聴き方になりますね。放っておいても構わない配信サービスとは真逆の手のかかる音楽の聴き方です。
 また、アナログ時代のアルバムは、B面の一曲目に良い曲を配置していたりして、アーティストの意図も見えたりしますよね。
 アナログレコードには時々癒してくれる効果があるのでおすすめです。みなさんが楽しんでくれますように。ただし集め始めるとキリがなくなるので、ほどほどに。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。