肩が痛い

肩が痛い

肩の痛みは永遠に

1年くらい前から右肩に違和感を感じるようになり、じょじょに痛みが走るようになりました。

昼間に仕事をしている時はそれほどの痛みはないのですが、特に夜寝ている時や朝の起き抜けには右肩の痛みと二の腕の痛みが走ります。

会社や知人に相談すると、「それは五十肩だよ。」の一言です。
確かに、年齢は58歳でいろいろ話を聞くと五十肩の典型的な症状にあてはまるような・・・。

五十肩は半年くらいで収まるという知人の言葉を信じてしばらくは朝の痛みに耐えていたのですが、一向に収まらないどころか、痛みは増してきます。

この段階で、ようやく自宅近くの整形外科に行ってみました。

診断は予想通り「五十肩ですね」と。
湿布薬と痛みが激しい時に服用する痛み止めと、「様子を見ましょう」とお医者さんの決まり文句をいただいて帰ります。

「やっぱり五十肩か」と半分納得して、痛みが治まるのを待つことにしましたが、やはり、痛みは増すばかり。

「うーん、少しおかしいかな」という思いに駆られて、整形外科の評判良いお医者さんを検索して、再度行ってみることにしました。

そして、まずいただいた言葉は「五十肩ではありませんね」でした。
正式な病名は「石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)」とのこと。

「五十肩」と「石灰沈着性腱板炎」は似た症状を引き起こすようですが、少し専門的に違いを比べてみると以下の通りです。

【五十肩】
肩甲骨と上腕骨が接する部分、いわゆる肩関節にある関節包(かんせつほう)という部分が硬くなり痛みや腕が上がらなくなるといった症状。
少しずつ痛みが強くなり、痛みが始まる時期→肩が動かないほど痛みが強い時期→痛みは和らいだが肩がうまくうごかない時期を経て徐々に症状は改善します。
症状の原因などは明らかになっていません。

【石灰沈着性腱板炎】
肩甲骨と上腕骨をつなぐ関節のなかに白い石灰が沈着する病気です。沈着した石灰が関節の周囲に炎症を引き起こして激しい痛みに繋がります。
五十肩よりも激しい痛みが特徴で、放置して改善することはありません。

確かに撮影したレントゲンには、肩関節の中に石灰が凝固したかたまりがしっかりと映っていました。

「これは、けっこう痛いのではないですか?」と先生にたずねられました。
確かに、診察を受けたタイミングは夜の痛みが激しくて時々は寝られず起きてしまうほどです。

治療は、まず肩に痛い注射を1本。
ステロイド剤を直接打ち込むそうです。
そのあと、干渉電流型低周波治療器という難しい名前の機械で理学療法を行います。

「なるほど」と思うほど、注射と理学療法で肩の痛みは激減しました。
2週間分の湿布薬と痛み止めを処方いただいて帰ります。

「やはり、良いお医者さんを見つけることは大切なことだ」と納得しつつも、これで痛みに悩まされることもなくなりそうだと一安心。

しかし、数日すると痛みはあっさりぶり返してきます。

2週間を待たずに再度お医者さんで診察をうけました。
すると、衝撃的な一言が。

「この病気は治りませんよ。これから先は痛みとうまく付き合っていくとを考えましょう。」

石灰沈着性腱板炎という病気は、体の中のカルシウムが不足した際に体の中では骨を溶かしてカルシウムを補おうとする動きが発生するし、その際のカルシウムが石灰として固まって起こる病気です。

あまりに痛みがひどいときには、手術により石灰を摘出するそうですが、この手術が思ったよりも大掛かりなようで、手術は全身麻酔で行われて、術後のリハビリも1カ月程度はかかるとのこと。

先生がおっしゃった「治らない」というのは、手術で摘出しなければ痛みはおさまらないという意味のようです。
しかし、手術の負担も大きいので、現状では、うまく痛みと付き合いながら対症療法を継続したほうが良いということでしょう。

その後、2週間おきに2ヶ月ほど通院を続けていますが、ステロイド注射をするとしばらく痛みがおさまり、時間がたつと痛みが復活するという繰り返しです。

先日レントゲンを撮りましたが、石灰は大きくも小さくもなっていないようで。

いずれは手術を考える必要がありそうです。

50歳をすぎると、あちこちが痛くなったり動かなくなったり。
これは、年齢なりにやむをえない事なのかもしれません。

「おかしいな」と思ったら、早めにお医者さんに行きましょう。
しかし、治らない事もあるみたいです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。