腸活

腸活

みんなが知ってほしい「腸活」のやさしい解説!

健康に重要な腸活とは、男女とも50歳で体形、体質が変わり、体がチェンジすると言われています。

人生100年の折り返し50歳が男女ともチェンジの節目あたります。「定活」を考え、その後の50年の幸せを目指した方向付けをしっかりしましょう。

その場合の要因で大切なのが「腸活」です。「腸活」のケアがいい加減な場合、便秘や口臭、肌荒れが発生します。腸が原因なんです。セルフケアできる「腸活」とは「腸」を整える習慣です。

腸の影響いろいろ

さまざまな体調の不具合に共通しているのが「腸」です。腸内環境とは、多くの細菌が存在している意味です。

善玉が多いと腸が整い、ダイエットや美肌、幸せホルモンが多く分泌し、一方、悪玉が増えすぎると口臭や肥満、便秘などの原因になります。

日々の暮らしの中で自らできる効果が得られる「腸活」をご紹介します。

腸には知られていない意外な部分があり、影響があります。たいがいの体調不良の原因は腸の乱れから来ていることがほとんどです。

お腹の不調

「おなかが張ってツライ」「もう何日もお通じが……」そんな悩みを抱えた方が多いことは頻繁に聞きおよびますよね。
それ以外にも「口臭」や「肥満」、「肌荒れ」、さらには「イライラする」「抑うつ」といった「不定愁訴」の症状も「腸」が関係し原因の場合が多いのです。

腸のしくみ

腸とは、「小腸」と「大腸」の総称です。胃から送られてきた食べ物は、小腸で栄養分の吸収と消化がされ、大腸で水分の吸収と排泄が行われます。

からだの中でも外的条件に密接に関わって敏感に反応している臓器です。食べ物や飲み物から病原菌やウイルスが入り込んで来ます。

それに対応するように、常にからだ防御ができるように鍛えられている臓器です。腸の健康は、からだ全体の健康に影響し、支配しています。

また、緊張した場合、おなかが痛くなることがあります。腸には、気持ちや感情の揺れが作用する神経細胞が多いのです。

腸の中はお花畑とは

腸は「第二の脳」とも呼ばれ敏感な器官です。
近年、研究が進み、腸内の多くの事がことがわかってきています。心とからだの健康に影響するとても大事な器官が腸です。

腸には想像もつかないほどの量、約1000兆個の細菌が住んでいると言われています。腸内には、500~1000兆個の細菌が常に棲んで、その細菌の種類は1000種以上にもなることが解明されています。

この腸内菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つのグループに分けられています。腸には多種多量の細菌溢れている状態なのです。
この状態をお花畑に例えて「腸内フローラ」といわれています。

腸活とは

腸活とは、多種多様な細菌をバランスのいい状態に整えることにあります。腸を健康に整えることは、腸内細菌を育てることと言われいます。

私たちの食べたものは、細菌のエサになっています。善玉菌はそのエサから、からだに必要なエネルギーや代謝物をつくっています。ここで、悪玉菌ばかりが多いと有害な分泌物を多く産出してしまいます。

便通

おなかの悩みが最も多い「便通」を例に腸の機能を挙げてみてみましょう。食べたものから栄養分を吸収し、取り尽くした残りカスは有害なものばかりです。

一定量に溜まると、便となって排出されますが、腸に乱れがあればスムーズに排出できず、長い時間滞留し、悪玉菌がどんどん増加します。その悪玉菌の有害な物質が血液によって、からだ全体に運ばれていくという、体に悪い循環が起こります。徐々に体調不調や病気にかかりやすくなります。

腸活は善玉菌を増やす事

からだによい働きをしてくれる善玉菌を上手に育て、増加することが、健康な腸にするために大事なことです。腸内に存在する細菌の種類は生まれた地域や普段の食生活によって違っています。

自分のからだの中に住んでいない菌をつくることはむつかしく簡単にできません。しかし、必要な菌を取り入れて「ゲストとして」腸の中に留まらせることはできると言われています。

そのため結果、腸内環境が整えられ心身が健康に維持管理できているのです。

腸のために善玉菌を増やす食生活を実践し、生活習慣を見直し改善することが「定活」に最も重要で、そのことが健全な健康に繋がります。健全な健康への取り組みを「定活」の第一歩としましょう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。