もてるシニア、素敵なシニア

もてるシニア、素敵なシニア

こんな風になりたい?なりたくない?

最近、60代から90代までが参加しているサークルや自治会などの集まりに顔を出すようになりました。そんな中、先輩方を見ていて、魅力的でいつも男女問わずモテている人や、「こんな風に年を取れたら」と思う素敵な人に何人か出会いました。

その一方で、「こんな風にはなりたくない」「あまり近寄りたくないなあ」と思うような人も。その違いはどこにあるのか考えてみました。

モテモテの80代男性

奥様を10年程前に亡くされて、一人暮らしをしている男性なのですが、いつもいろんな人に囲まれています。私も、この方に出会うとつい笑顔になってしまいます。夫のいる身で浮気ではない(笑)のですが、なんどかみんなで一緒に出掛けたりお茶をしたりして楽しく過ごさせていただいています。

年齢的には私の親のような世代なのですが、そんなことを感じさせない何とも言えない魅力があるのです。その魅力の秘密は何なのでしょうか。

一つには、いつも機嫌がいいということ。年齢的に身体の具合が悪い箇所もあるのですが、それでくよくよしたり愚痴をこぼしたりせず、「また腰をやっちゃってさー」などと笑い飛ばしています。その笑顔がとてもチャーミングです。辛さを隠している部分もあるのでしょうが、年をとって多少のことがあっても大丈夫なんだな、という安心感があります。

もう一つは話題のチャンネルが多いということ。テレビや新聞をよく見ていて、スマホも使いこなしているので、なんでも調べていろんなところに出かけています。よく定年前の仕事の自慢をして嫌がられる高齢者、などと言われますが、元の仕事の話は他の話題の中に紛れてしまっていて、ちょっとくらい自慢しても嫌味に聞こえません。きっと仕事のことや自分のことだけしか話題がないから、嫌がられるのではないでしょうか。

もう一つは腰の低さ。前に述べた「仕事の話」にも関わるのですが、以前やっていた仕事や地位のことなど全く関係なしに、子供のような年ごろの私たちにも隔てなく接してくれます。自治会の買い出しのような地味な仕事でも、真っ先に「行ってくる」と飛び出していきます。大の男がスーパーに行くなんて、といった変なプライドがありません。
また、誰かに出会うと、必ず自分から声をかけます。お釈迦様も「自分から話しかける人」だったそうですが、そういうところが人間としての質を表しているのかもしれません。

あとは見栄えのよさでしょうか。そんなことは生まれつきだし、年を取ったら容姿が衰えるのはしかたない、というかもしれませんが、この方は食事にも気を遣い、適切な運動をして、飲酒もほどほどにしているためか肌の色つやがいいのです。また、いつも身ぎれいにしていて、高価なものではないと思うものを身に着けている(基本的にカジュアルなセーターやスニーカー)のですが、清潔な印象があります。一緒にいて恥ずかしくない、不愉快でないというのが特に女性にとってはとっても大事なのです。

あとは、見事なまでの「さっぱり」感。高齢でも男性の中には、女性の前でいたずらにエロい話をしたり、しつこく付き纏ったりする人がいますが、この方は全くそういうところがなく、気を付けていることがうかがえます。そういうスキャンダルになりそうなことは、どんなに高齢でもきちんと線を引いているから、安心してみんな声をかけられるのだと思います。

できれば、うちの夫にもこんな風でいてほしいな、というのはちょっとナイショの話です(笑)。

素敵なおばあちゃんになりたい

この80代男性ほどにすばらしい人はそうそういないのですが、でも、男女問わず地味だけれど素敵な人はいます。自戒を含めて、どんな人が素敵か考えてみました。

一つは気取らないこと。
魅力的な人は気取らず、自分のありのままでいるような気がします。シニアの中にいると、自分だけ若いような、能力のあるような錯覚をしてしまいがちです。なぜなら、心の中の自分はまだまだ若いように見えるから。そうなると、周りが自分にはふさわしくない「老人」ばかり、に見えてしまい、「私だけはこの人たちと違う」となりがちです。でも、実際は自分だって年齢相応に年をとっているのですよね。
それを隠そうとして見栄をはるよりも、「みんなおんなじだよね」と一緒に老いを笑いあう方がよっぽど素敵です。
体力はなくて当たり前、お金もないからみんなでお漬物を持ち寄ってお茶。そんな気軽さが一番と私は思います。

もう一つは前向きであること。
年金生活になって、お金の不安があったり、健康に不安があったりしても、そのことばかりに目が向いているとどうしても暗くなってしまいます。ほとんどの人はなんらかの悩みがあるのだから、そういう話をすることは悪いことではないけれど、自分だけが辛い、とそんな話ばかりしていては、自分も相手も楽しくありません。

認知症になってしまって何度も同じことを聞かれるご婦人がいましたが、「最近忘れんぼさんになっちゃったのよ、ごめんね」とニコニコ。本当に素敵です。

いつも見栄を張らず、前向きに、というのはなかなか難しいかもしれませんが、先輩方を見ていて、こんな風になれるよう頑張りたいなと思います。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. はじめまして。

    深く考えさせられつつ拝読いたしました。

    年を取ることは誰にでもできますが…
    人間としてよりよく「年を重ねて」いくことは本当に難しく、
    難しいからこそ常に意識していないとダメなんだな…

    そう再認識いたしました。

    六十にして耳順う、といいますが…

    よくも悪くも自我が強い私の場合、
    五十にして耳順うに言い換えても早すぎることはないでしょう。

    自身より上の世代の方の歩みに感謝しつつ、
    次の世代の皆さんの想いに正しく耳を傾けて。

    いつまでも向上できる自分でいられるよう願いながら。
    私もかわいいおばあちゃんにいつかなれますように。

    前田穂花

  2. いいですね!こういうアクティブシニアになるのが理想で50代からSlow&happy始めています。

  3. 穂花さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    近所に、いろんな素晴らしい先輩がいて、学ぶことばかりですが、自分はなかなか見栄も捨てられず迷うことばっかりです。

    ボチボチと理想に近づきたいです(笑)

    TAKASHI様
    お世話になっております。
    色々学ばせて下さい。
    宜しくお願い致します。

               shippo

  4. shippoさんへ

    穂花です。
    「右手だけで巻き寿司を巻く試み」はじめ、
    日々「当たり前の日常」という名のリハビリに励んでいます。
    がんばります。

    ところで。
    shippoさんのこちらのトピックがすごく心に刺さっていたので。
    ずっと心の中で「オマージュしたい…」と願っていました。

    やっと投稿が叶いました!
    https://slowhappy.jp/2020/02/04/%e3%82%a4%e3%82%b1%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%81%8a%e3%81%b0%e3%81%82%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%84%ef%bc%81%e3%80%90%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6/

    事後報告をお許しください。

    万が一、不都合なご事情がおありな場合には、
    ご遠慮なくおっしゃっていただければ幸甚です。
    投稿の削除含め、お話を伺いつつ善処させて戴きます。

    末筆乍ら。
    私は町田に住んでいるんですよ。
    もしかしたら…意外とshippoさんとはご近所なのかもです。

    いつか車椅子をかっ飛ばしてお会いしに伺っちゃおうかな♡
    憧れのお姉さまへお茶でもゴチらせてくださいね♡

    …会いに行けるように早く元気になれるといいな。

    前田穂花

  5. わざわざご連絡、ありがとうございます。
    こちらこそ、恐縮です。

    神奈川在住なので、近いかも?ですね。
    右手どころか、両手でも巻き寿司を失敗した私ですが、宜しくお願いします。

コメントするためには、 ログイン してください。