「終末期」に向かう男女の価値観の違いとは

「終末期」に向かう男女の価値観の違いとは

価値観の心得とは

「終末」期における男女の価値観の違いを知っておくことは「定活」の心得えに大切なことの一つです。

心得の内容は、高齢に向う姿勢や考えが男女でどのように違うか、詳しく知っておくことが大切であり、適切な対処が時には必要とされます。

慣習的には男女の在り方は「男は仕事、女は家事育児、そして介護」といった役割の分け方にあり、価値観もかなりの隔たりがあります。

このような背景にあって高齢化に向かうに連れ大きな齟齬がないように男女の価値観の違いについて詳しく解説します。

高齢に向かう姿勢や想いなど価値観が違う

人生100年と言われており、ハッピーなことのような評判にあるようですが、高齢に向かうにあたって男女でかなりの価値観に違いが生じます。

共通している意識に「もう年だから」、「自分は若くない」など、体力や気力の衰えを自覚していきます。医療の面からのこのような認知の自覚を老年自覚(age identification)と呼ばれ、一般的には女性の方が男性より長生きであるにも関わらず、女性の方が早い年齢で老いを自覚していると言われています。

実際は、男性の方が早い人で40代の頃からお腹が出る、髪の毛が薄くなる、老眼鏡がいるに対し、40や50代でも若々しい容姿の女性の方が多く見られます。

このような男女の傾向の外観の違いは、女性の場合、鏡を見るたびに、しわやしみ、白髪などに嫌でも気づかされております。洋服を買う際も、試着室の鏡の前でためつすがめつ自身の体型の変化をチェックしているのではないでしょうか。

男性の場合、外形より中味の意識を重視し、少々の見た目の変化に無頓着な面にあります。

高齢に向けての具体的な価値観も違いとは

具体的に高齢に向かっている意識の男女間の価値観の大きな違いを説明します。

・暮しに中の価値観の意識
男性:自立、成果、成功が大切。他人と差をつけることが最優先。
女性:わかち合い、配慮、支え合いが大切。愛を与え合うことが最優先。

・ストレスへの対処
男性:ストレスを感じると、冷静な考えをし客観的に問題から距離を置いて解決策を探そうとする。
女性:近くの人に相談し、共感や支えを得ようとし、ストレスを発散しようとする。

・相手に対する愛情の深さや量
男性:相手と公平と思える深さや量で愛情や支えを与えあうことを当然と考えている。
女性:できるだけ多くの事を相手に与えようとし、自分が受けとる以上の深さと量になることが多く、疲れ果て、腹を立てやすくなる。

男女間の根本的な価値観の違いとは

男女の根本的な価値観の違いは、成人なった段階からの価値観にも共通している暮しの中にあります。男女の価値観について詳しい説明をご紹介します。

男女間がお互い理解し合い、尊重し合って、幸せに平和な暮しに欠かせないのが価値観です。
男性:安定し気分にある。愛情は周期的に訪れ、必要時に表現する。たとえれば、愛はゴムバンドのようにゆっくり引っ張り離すときは勢いよく戻ってくる意識にある。
女性:気分は波のように変化し、愛されているという安心感を求める。理解され、受け入れられているという感触を得ると、嫌な気持ちや不安は払拭し、積極的感情に変わる。

・意思疎通の会話の目的
男性:会話の目的は問題解決や目標達成のための情報収集にある。
女性:会話の目的は問題解意外に、つながりや共感を求めるにある。

・相手への要求の伝え方
男性:単刀直入に必要点を単的に話し、欲しいものを求める。
女性: 基本的に「自分が受けたいものを相手にも与える」に従っている。そのため、自分が与えていれば、自分が求めなくても相手も与えてくれる物と期待している。

・親密なセックスの表現の大切さ
男性:自分と同じようにセックスを望み、楽しむできる女性を求める。セックスは愛を確かめるのに役立つ意識にある。
女性:セックス時と同等の愛情を表現を求めており、セックスと同等の重要な意識にある。愛されている実感がセックスへの欲求を高める。

・問題解決
男性:問題に直面すると、行動が迅速。方策がない場合は、きるようになるまで静観する。
女性:問題について話し合い、一緒に解決に取り組んでほしいと考えている。

・恋愛でつまずいたとき
男性:原因を考え、分析し、問題を解決を図るように行動する。
女性:後悔を感じ、間違いを補うためにさらに愛情を与えたり、改善の方法をあれこれ考えたりする。

・幸福に関して
男性:目標を達成したときの達成感に幸せを感じる。。課題の克服に大きな満足感と誇りを自覚する。
女性:個人的な愛の欲求が満たされたときが一番の幸せ。相手と愛を与え合え体感できる。

まとめ

定活から終末期の価値観の変化の違いの最大の要素は心身の健康状況にあります。穏やかに終末期を迎えれるのは理想的です。日ごろ健康への気配りは大丈夫と思っていていても、実際は、何らかの支障をかかえているのが普通ではないでしょうか。

場合によっては、病院に入院し、幅広く支援を受けるようになるケースに多々あります。「 本人の価値観」によって、暮らしの中の「終末期の和やかな送り方」が左右されます。

医療やケア側がにとっても、本人の気持ちを第一優先に取り組むについて本人の価値観による違いが生じます。終末期を穏やかに過ごすに最も大切なのは「価値観」のありようといえるのではないでしょうか。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。