安価な英語の学習方法について

安価な英語の学習方法について

案外、低コストで学べるのが英語

 みなさん、こんにちは。たろうです。今日は英語の勉強方法についてお話ししたいと思います。たろうは会社員時代はスウェーデンやスイスといった外資系の会社に勤め、日常的に英語を話していました。採用に至るまでには中学生の頃からの英語の勉強がもちろんありましたが、大学を出てからも英語を勉強し続け、ビジネスで使っているうちに15年前に受けたTOEICでは830点を取得いたしました。
 その後、早期退職したとはいえ、いつ何の形で英語が仕事やプライベートで役に立つかわからないと思い、今でも英語の学習は続けています。
 外資系の企業にいたときはわたしが海外と国内の間の窓口役を勤め、新規プロジェクトが立ち上がるとまとめ役として活躍しておりました。通訳や翻訳をしていたわけではありませんでしたし、英語の点では社内のことなので多少のミスがあってものちに訂正すれば許されたので、英語力だけで得られた仕事ではありませんでした。当時の上司が言うには「交渉力を評価して」とのことだそうです。そう言われると照れますが(笑)

英語ができるとフィールドが広がる

 とはいえ、英語を使う職務なので英語を勉強する努力は怠りませんでした。早期退職した今でも海外からレアなレコードを取り寄せたり、そんなことで英語は使っています。英語ができるようになると何かと世界が広がって楽しいことばかりです。
 そんなたろうが在職時にやっていた英語学習法は、ずばりNHKのラジオ英会話や英語ニュースです。これならばテキストを買うだけで学習ができます。働いていたのでお金に困っていたわけではなく、単純にラジオ英会話の時間帯が、家に帰ってあれこれと用事を済ませた後だったので、英会話に通うよりも便利だったのです。
 しかもNHKのラジオ英会話は初級から中級、上級、ビジネスまで段階に分かれていますし、講師陣は最高峰の先生たちです。発音もクリアで聞き取りやすく、会話の構成もよく磨かれています。
 英会話に行った方が会話が得意になるんじゃないの? というご意見があろうかと思います。それは確かにある程度あります。しかしNHKのラジオ英会話もビジネスくらいから、聞き取ったばかりの例文に被せてすぐにその例文を話す会話の訓練もあり、これがかなり有効なのです。
 また、英会話学校や教室では学ぶテーマがまちまちですが、ラジオ英会話ならお仕事で英語を使う方ならビジネスのクラスにフォーカスすれば例題にあるシチュエーションや単語もビジネスシーンで頻出のものばかりです。

CNNの定期購読も有効

 これはたろうがNHKのラジオ英会話では少々物足りないと感じ始めた頃の話しですが、更なるステップアップを目指してまずはNHKの英語ニュースを聞き始めました。これは現在でも続けています。いわゆるニュースを英語で報道する番組なので、もう容赦無く速くなってきます。リスニングの力が鍛えられます。
 ニュース英語に興味を持ったたろうは、CNNというみなさんご存知米国のテレビ局のニュースダイジェストのCDを定期購読するようになりました。一番上の写真の本です。
 これがとても優れもので、今世界で起こっている出来事のニュースがネイティブの速度で収録されているのですが、ただ垂れ流すだけではなく、ちゃんと全文が文字起こしされてさらに日本語訳もついています。スローバージョンがあったり一文ずつ発音の練習をするコーナーがあったり、重要単語、頻出単語、新しい単語などすべて説明がついています。
 また、堅い話しばかりではなく、ハリウッド・セレブへのインタビュー記事やちょっとしたゴシップ、笑えるニュース、海外から見た日本のニュースなどがあります。
 月一回の購読ですが、一ヶ月丸ごと勉強したくなるような内容なのです。たろうは一時はCNNをスカパーで視聴していたくらい好きになってしまいました。
 CNNになるとハードルが上がってしまいますが、まずはNHKのラジオ英会話から始めて英語学習してみてはどうですか? きっと世界が広がること請け合いです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。