年金中心のセカンドライフから少しずつ脱却

年金中心のセカンドライフから少しずつ脱却

年金とセカンドライフの関係性

個人差こそありますが、概ね50代くらいから
少しずつ老後の支えとなる年金の事が
気になります。今回は、年金の
今後や節約や高齢者でもできそうな節約の話を
少し話を進めさせていただきます。

50代くらいの人が年金を受け取るのは10年以上先になります。
その頃、年金だけでは現状の生活の維持が厳しい状況に
なっているかもしれません。
未来は決まってはいませんが備えのみはしておいたほうが
いいのではと私は考えています。
その理由は年金制度の制度改革です。従来の年金制度は
物の値段が上昇してもそれほど年金生活者の生活が
厳しくなるという状況に置かれてはいませんでした。
すなわち、物の値段がたとえ上昇したとしても
上昇した分だけちゃんと過去の年金制度では
年金は上がりました。
なので・・・・年金生活者にはそれほど
物の値段の上昇に心配する必要性はありませんでした。
しかしながら・・・・今後の年金の支給システムは、
物の値段の上昇をそのまま反映する制度ではなくなります。
私たち日本は今後本格的な少子高齢化社会を迎えます。
どんどん人の寿命はのび年金受給者は増えてきます。
長寿化はおめでたい話ですね。しかし、年金を支払う国としては
そうではありまんね。
どんどん年金の支給総額が増えてきます。
国の年金財政は今後、制度改革をなにもしない場合は
苦しくなります。
また少子化の影響で、年金の原資ともいうべき
国の年金の保険料収入が減るわけです。
支払う年金総額が増えて、受け取る年金の保険料が減るわが国、日本。
どうにかしないといけないと国が考えるのも当然です。
そこで、従来の年金制度を少しだけ日本の現状に合わせた
年金制度の変更がなされました。
これがマクロ経済スライドという年金制度です。
マクロ経済スライドとは一言でいうと、従来行われて
きた物の値段の上昇をそのまま年金額に反映する制度から
少子高齢化を反映した年金制度に改める制度です。

今後の年金生活者は消費税にさらなる増税や物の値段の
上昇が起きた場合、年金だけでは今までの生活が維持できない
可能性がでてくるわけです。

私が50代のころから始めた節約はまさにこれに対する備えです。
消費税が今後、上がらないという確証はどこにもありません。
現在はデフレで物に値段は落ち着いていますが
過去の日本では物価上昇に悩まされた時期もありました。
なので・・・・未来に何が起きるかわからない前提で考えると
今から生活の中に無駄なお金の使い方をしない人生を
考えるのもいいのではないかと考えるようになりました。
もちろん過度な節約は人生の楽しみを奪う可能性もあります。
従って、私は贅沢をやめるという一点に絞るとともに
趣味の読書や城巡りなどはむしろ増やしました。
それでいて月額の支出や年間の支出は減らせました。
正直今までの生活はかなり無駄なお金を使っていたのでは
と反省させられました。
皆さんも50代を過ぎたあたりから自らの生活費を
一度チェックしてみるといいかもしれません。
例えば同じサービスを受けるにしても現在は
ネット社会です。調べたければどんどん情報の収集だけなら
できます。そしてその中から無条件に全部、変更するのではなく
取捨選択して、これは変えたとしても生活の質は落とさなくて
いいと判断したものだけでも変更することも検討しても
いいのたではないでしょうか。

また老後を豊かに生活するため最近、私は様々なポイント集めを
するようになりました。若い世代ではポイ活といい一つの
ライフスタイルのようです。
皆さんにも有名ショップやコンビニさらにはレンタルショップなどが
発行するカードがあるのをご存じと思います。
カードの保管など注意すべき面はありますが、ポイントカードは
節約の効果を上げてくれると考えます。
これらのカードには購入時にポイントがたまります。
そのポイントで買い物をすればいただいたポイントの分だけ
現金の支出を減らすことができます。
また日によりそのポイントが通常時より数倍たまる日が様々な店で
実施されていました。ポイントが数倍たまる日を
メモに書き、忘れずその店に行くようになりました。
効果はかなりありました。
私は恥ずかしながら消費税5%時代まではあまりこれらの
ポイント集めというものに関心が行きませんでした。
しかしながら、いざ増税が起き、日々の支払いが増えた昨今では
ポイント集めは節約の第一歩になりました。
皆さんもポイント集めをセカンドライフの第一歩に検討して
みてはいかがでしょうか。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。