終活健康

終活健康

終活健康 中高年の体重管理のポイント、メタボリックシンドロームとは

男女とも中高年に差しかかる40代中頃から体形に変化が現れます。一般的に言われる中年太りです。

特に、50代に近づく頃は、男女ともお腹周りが太くなります。男女ともお腹の周囲が丸く、リンゴ型の体形になります。

ちなみに、女性が洋梨型に太るのは、赤ちゃんの出産に備えるための骨盤の保護のためです。脂肪の蓄積によるもので自然の体形といえます。この体形は若い頃からに見られる形で、中高年以降の不自然な体形と違います。

一方、中年太りの原因は、年を重ねるに従い、基礎代謝の低下と運動の低下による余剰エネルギーの脂肪蓄積です。

終活健康管理に体重管理はなぜ必要か

日頃フィットネスやジムで鍛えている方は別にして、普通の暮らしの中では大半の方がリンゴ型にポッコリ膨らんできます。

定活から終活に向けていろいろ計画を立て楽しい暮らしを想定し、実践するには、健康が最大に大切なことです。リンゴ型のお腹になった肥満タイプは、メタボリックシンドロームになりやすい典型的な形といわれます。

中高年からの健康の敵といわれているメタボリックシンドロームにならないようになるための体重管理は必須です。

メタボリックシンドロームとは

中高年に近づき健康管理に必ず出て聞くるのが言葉が「メタボリックシンドローム」です。「メタボリック=代謝」で「シンドローム=症候群」の事です。

この2つを合わせ「メタボリックシンドローム」て「代謝異常症候群」といわれています。

欧米型の食事傾向になり、過剰な脂肪分の多い食事は「代謝」に異常を来たし脂肪の蓄積の肥満を誘発しています。

メタボリックシンドローム診断の基準値とは 

メタボリックシンドローム診断の基準値を全国健康保険協会の 健診・保健指導の案内から 引用し説明します。

内臓脂肪の蓄積を基本にし、動脈硬化リスクの高血圧・高血糖・脂質異常など複数も持っている状態が「メタボリックシンドローム」です。

検査の数値が「高血圧症」「糖尿病」と診断されない軽度の異常であっても、複数持っている場合、動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳卒中を発症する可能性が高くなることが分かっています。

特定保健指導では、メタボリックシンドロームのリスクと肥満とを合わせて保健指導の案内がされています。

・メタボリックシンドロームの該当者判定 1
内臓脂肪の蓄積
おへその位置での腹囲
男性 85cm以上 女性 90cm以上
上記に加えて以下のABCのうち2つ以上に該当

A 血中脂質
中性脂肪 150mg/dl以上
HDLコレステロール 40mg/dl未満
のいずれかまたは両方

B 血圧
収縮期血圧(最高血圧) 130mmHg以上
拡張期血圧(最低血圧) 85mmHg以上
のいずれかまたは両方

C 血糖
空腹時血糖値 110mg/dl以上

・特定保健指導の階層化基準 2
内臓脂肪型肥満(腹囲とBMIで内臓脂肪蓄積のリスクを判定します)
内臓脂肪型肥満A 腹囲:男性85cm以上、女性90cm以上
内臓脂肪型肥満B 腹囲:男性85cm未満、女性90cm未満
かつBMI:25以上

・追加リスク(健診結果・質問票より追加リスクをカウントします)
(1)血糖 空腹時血糖値※100mg/dl以上またはHbA1c 5.6%(NGSP値)以上

(2)脂質 中性脂肪150mg/dl以上または
HDLコレステロール40mg/dl未満

(3)血圧 収縮期血圧(最高血圧)130mmHg以上または
拡張期血圧(最低血圧)85mmHg以上

(4)喫煙歴 (1)~(3)のリスクが1つでもある場合にリスクとして追加
 ※H30年4月1日以降の健診では、やむを得ない場合、随時血糖を用いる。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat410/sb4020/ra104/

各自、健康診断結果表を比較し健康の状態を照合し、基準値以内を目指しましょう。

終活健康は適正体重が基本

定活から終活健康に適正体重が必須なのは、中高年以降の高血圧からの循環機器系の重篤な病気と糖尿病等の誘発防止が大切です。

それには先ず、太らないための食生活の見直しで食事の摂取カロリーを知っておくこと。同時に、運動で消費カロリーを上げることに努めること。この2つに強い意識を持ち実践の心がけです。

基礎代謝を上げるために筋トレの推奨があります。しかし、実際の基礎代謝の消費の8割は内臓といわれています。
筋肉をつけることで代謝が上がらないことはないのですが、それで痩せる体質にという効果は期待できないといわれています。

体重が変わらないのにお腹だけがポッコリと出てきた方が多く、意外と悩ましく思いながらの人が多いのです。

これは、体重は変わらないで、筋肉が減って体脂肪が増えるという現象です。中高年の特徴によくみられています。

このような場合は、筋トレで衰える筋力を維持しながら、体脂肪を減らす方法と同時に「有酸素運動」が最も有効で効果があります。

現役時代は、基礎代謝、活動代謝がともに高く、どんなに食べても太らなかったのが、引退後、年を重ねて体を動かさなくなったとたんに現役引退太りになっているのです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。