頭痛薬を飲みすぎるとどうなる?どのくらいで飲みすぎ?

  • HOME
  • Blog
  • 健康
  • 頭痛薬を飲みすぎるとどうなる?どのくらいで飲みすぎ?
頭痛薬を飲みすぎるとどうなる?どのくらいで飲みすぎ?

頭痛薬を飲みすぎるとどうなる?どのくらいで飲みすぎ?

頭痛ってツライですよね。

私は生理の前後に頭痛になることがよくあります。

そういうときは、生理痛もあるので、毎日頭痛薬(鎮痛薬)を飲み続けることになるんですね。

あなたは「薬物乱用頭痛」ってご存知ですか?

それは、頭痛を治したいと思って飲んでいる頭痛薬なのに、飲みすぎることによって逆に頭痛の原因になってしまう…という怖い現象のことなんです!

けっこう多い症例のようで、知らないで頭痛に苦しんでいる方、知っているのに頭痛薬を減らせなくて悩んでいる方もいらっしゃるのではないかと思います。

どのくらいで「飲みすぎ」になるの?

さて、頭痛薬って気軽に飲む方も多いと思うのですが、どのくらいの頻度で利用すると「薬物乱用頭痛」になる可能性があるのでしょうか?

それは、「月に10回」です。

え?!たったそれだけで?と、思いませんか?

私はそんなに少ない回数で、とびっくりしました。

先ほど書いたように、生理痛と頭痛が重なると一週間くらい毎日お薬を飲んでしまうことがあるからです。

月のうち、ほかにも肩こりから頭痛になることもあるし、原因はわからないけどガンガンとひどい頭痛になってしまうこともあり、そのつど薬を飲んでしまいます。

「とりあえず」でエスカレート

私が愛用している頭痛薬には、「服用間隔を4時間以上開けて1日3回を限度に」と書いてあるんですね。

私は1日1回しか飲まないことが多いので、飲み過ぎの可能性があるなんてまったく考えたこともなかったんです。

それに、効き目をよくするためには「痛くなったらすぐ」「痛くなりそうだったら早めに」飲むのがコツ、なんてことも耳にしていました。

だから、まだガマンできるけど、ひどくなるまえにちょっと飲んでおこうかな…なんて感覚で「とりあえず」飲むこともあったんですよね。

私は暑い日や寒い日に外出したり、人混みに出たりすると頭痛になりやすいです。

特に、お葬式のときは経験的に必ずといっていいほど頭痛になるので、最近はお葬式や法事の日には頭痛薬を飲んでから出掛けたりもしていました。

そういう、「とりあえず飲んでおこう」ということをしていると、薬物乱用がエスカレートしやすいそうです。

気を付けないといけませんね。

頭痛薬に頼らない方法を試そう

頭痛持ちの方は、やはり一度はお医者さんに診察していただくのがいいと思います。

慢性化している原因が日頃使っている頭痛薬だったらたいへんですよね。

ただし、病院は頭痛外来など専門のところに行かないとわからない場合も多いそうです。

まだそこまで慢性化しているわけではなかったら、できるだけ頭痛薬に頼らない対処法を試してみるのがおすすめです。

頭痛は大きく分けて2つあります。

・血行が悪くなり首や肩の緊張が原因で起こる、重苦しい緊張型頭痛

・頭の血管が広がって炎症を起こして発生する、ガンガンズキズキと激しい片頭痛

緊張型頭痛には、ストレッチやマッサージをして筋肉をほぐしたり、お風呂で温めてリラックスしたりするのがいいそうです。

片頭痛は、こめかみを冷やして安静にしておくといいそうです。

原因と対処法が正反対なので、自分の頭痛はどっちかな?と見極めることが大切ですね。

私はパソコンをよく使うせいか、緊張型頭痛を起こすことがよくあるので、軽い運動をするように心がけています。

ストレスも頭痛の原因になるので、ストレス解消になるウォーキングはとてもいいですよ。

それからやっぱり、睡眠不足がいちばんこたえると感じるので、生活習慣を整えることが基本だと感じます。

テレビで見たのですが、「頭痛体操」というのがあり、肩を回して血行をよくするような体操を毎日続けると効果があるようです。

頭痛の最中には動けない片頭痛も、症状がないときに予防的にできる体操があるので習慣にするといいですよね。

いろいろな頭痛の対処や予防方法を試して、できるだけお薬に頼らないようにしたいものですね。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。