鉄道廃線ハイキング

鉄道廃線ハイキング

スタンドバイミーなハイキング

今日はスタンドバイミーな鉄道廃線ハイキングの紹介します。
実際何度か遊びに行った場所で関西では結構有名なハイキングコースなんですが、知らなかった人は訪れると必ずリピーターになる超魅力ある場所でオールシーズン 、ハイキングが出来る、川あり、トンネルあり、鉄橋あり、滝ありと大自然を満喫できる上に チョットした冒険も味わえる、下は幼稚園の孫から80歳代の爺ちゃん、婆ちゃんまで楽しめるスーパーハイクオリティハキングコースです。これホント!! 現地には電車で行けてコースの距離は5キロ程、春は桜、秋は紅葉、夏は川遊び、冬は熊と戯れ(ウソです)帰りは足湯や温泉に入って楽しめます。

立ち入り禁止看板のハイキングコース

詳しい場所など語る前に言っておくと、このハイキングコース立ち入り禁止でして(*'▽')
おい!立ち入り禁止なのにハイキングコースって親父ボケたのかってなりますよね、もう10年以上前に、はじめて現地に行った時にはコース入り口に立ち入り禁止の看板が 建っており、おいおい!これっ引き返すパターンかって思ったんですが、様子見てるとハイクの皆さん次々と看板無視で突入してらっしゃるので私も後に続けで小さな橋に突撃し、茂る草木を抜けると大きな川沿いに砂利が整地された歩きやすそうな 結構道幅のあるコースがのびておりました。
二度目のハイクの夏にはコースを外れ小さな沢を登ると滝を超え沢登りを楽しめる場所を見つけ、ちょとした登山も楽しめ大満足でした。

JR-旧福知山線廃線敷ハイキングコース(自己責任)

場所は兵庫県、西宮市から宝塚市のJR福知山線、生瀬駅から武田尾駅の間にコースがあります。
ベテランハイカーテクテクアルピニストさんはハハ~ンしってるわ!思ってたでしょうが 、ご存じない方も必ずいらっしゃるので、もったいぶって引っ張ってみました。 私がはじめて訪れた時はJRさん立ち入り禁止の看板が建っていて、なにが起きても 知らんぞって感じで侵入しても見て見ぬふりで黙認されてたみたいです。2016年にある程度整備した上でハイカーの自己責任でコースを開放したそうで 現在は鉄橋などを整備して観光協会の案内などもあり更に快適なハイキングコースになっています。

鉄道廃線敷はどんなコースなのか!

さて!コースを簡単(詳しいとハイクした時感動半減だし、笑)に説明しておきます。アクセスは大阪駅からだと電車で40分程で着き、車の駐車場は武田尾駅の方にあったような気がしますが電車が無難です。私は生瀬駅で下車して武田尾駅に向かって数回ハイクしており現在は経路の看板も出てハイクまで入口まで行きやすくなっている様です。そして何故、生瀬駅からなのかと語うと駅前にコンビニらしき商店があり、そこで物資、特に大人の飲料を調達できるので生瀬駅一択となっており武田尾駅は、おそらく今も物資補給が困難で補給出来ても、お高い気がします(#^.^#)

駅から20分程歩くと(武田尾駅からだと10分程)コースに入れ現在は簡易トイレも両側のコース入り口に有るようです。整備が行き届きましたが、しかしながら自然がたっぷりと有り、鉄道が通っていた痕跡、枕木、信号所跡、保線所跡、鉄橋、トンネルなどなどがあり、高低差60メートル位のゆるやかなコースが続きます。後、写真の枕木鉄橋は現在は枕木の上に綺麗な橋が架けてありますのでスタンドバイミー感が半減して残念です。また、コースが緩いんじゃないかとご心配のテクテクアルピニストの方は武田尾駅側から近い広場より小川が流れ込む砂防ダム側に階段を上がると左右に山登りのコースがあり左コースだと沢登りも楽しめ夏場は水遊びも可、登山コースは軽めですが小学校高学年からが無難だと思います。
そして最後に一つだけ必須アイテムをご持参くださいライトだけは各自1個お持ちになることをおススメしますよ!全部で6カ所あるトンネル(ここは超~盛り上がる場所)散策に欠かせないツールです。80歳代なら四世代(*'▽')で楽しめるハイキングコースなので是非一度行ってみる価値があるコースです。
 

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。