『万年山登山』

『万年山登山』

『万年山_登山ルート紹介】

【万年山】
九州百名山、大分百山
万年山は、『まんねんやま』でなく『はねやま』と読みます。
大分県の西部の日田市、玖珠郡玖珠町、九重町にまたがる場所にあります。
特に玖珠町のシンボルとされる山です。
隣接する『伐株山』も玖珠町のシンボル的な山でハンググライダーを楽しんでいる人が多くいます。
耶馬日田英彦山国定公園の山で標高1,140.3m。
天気がよければまわりに九重連山、由布岳などが眺望でしる。
登山するならミヤマキリシマがみることができる5月~6月が一番のおすすめ。

【万年山登山】
登山口までは必ず車にて行ってください。
万年山登山口ですが大分市から日田市に向かって国道210号線を進むと家畜市場入口の信号の左側に『伐株山・万年山』の看板が
あります。そこに準じ進みます。途中、わかりずらい道を通りますのでナビを使ってください。
吉武台牧場を目指して進んでください。吉武台牧場のすぐそばに登山口があり駐車場もあります。
シーズン(5月~6月)は登山者が多く通常の駐車場では不足なため臨時駐車場が用意されます。
牧場の一部を開放されますのでそこに停めることになります。
その場所が『草原』っていった感じの場所で気持ちいいです。
通常は開放されないと思います。
駐車場にクルマをとめ登山口はすぐそばにあるので駐車直後から登山開始です。
登山っぽくないですが最初は舗装された道を歩きます。
途中、ゲート(鉄枠)がありそこを開け前に進みゲートを閉めます。
放牧しているため動物の病気感染予防だと思います。
牧場を歩きますので天気がいい日だと本当に気持ちいいです。
20~30分程度でトイレを完備した休憩場に到着します。
トイレが新しく綺麗でこの先にトイレがないので済ませておいたほうがいいです。
休憩場を出発しすぐに分けれ道があります。
『お花畑』『山頂』に分けれます。
山頂は近いですがお花畑は少し距離がありますが周回コースになっているためどちらに進んでも周回すればどちらにも行けます。
シーズン(5月~6月)でも山頂には『ミヤマキリシマ』があまりなく『ミヤマキリシマ』目当てであればお花畑を目指しましょう。
今回は山頂を目指します。
この辺りから舗装道でなく登山道っぽくなります。
よく整備された階段を駆け上がるともうすぐ山頂の表示がありテンションも上がります。
そしていよいよ山頂に到着。
開けた場所で見晴らしがいいです。
眺望できる周辺の山々を紹介する案内板もあります。
ここでごはんを食べたりコーヒーを飲んだり多くの登山者が楽しんでいます。
記念撮影も忘れずに。
登頂を楽しんだら次に進みます。
山浦下園登山道コースで『鼻ぐり岩』を目指します。
鼻ぐり岩まではまあまあ距離があります。約3kmです。
鼻ぐり岩からの眺望もいいです。
ここを過ぎると折り返しみたいなところですから来た距離を歩くような感じです。
登山道から舗装道にかわりしばらく歩きます。左に花畑と案内がある分岐点に到着しますのでそこを左に進みます。
そのあたりからまた登山道になります。
約10分程度で『お花畑』に着きます。
かなり広大な場所に『ミヤマキリシマ』が一面に咲いています。
ピンクが鮮やかで本当に綺麗です。
個人的には山頂でごはんでなくお花畑でごはんがいいと思います。
お花畑を楽しんだら帰路につきます。
約1時間~1時間30分程度でスタート地点に到着します。
万年山は『登山』というより『ハイキング』といった感じでしょうか。
登山初心者にはとてもいい山だと思います。
こういう私も登山をはじめて間もない時に行きましたが登りやすく本当に始めたばっかりの人に向いている山だと思いました。
特に5~6月の『ミヤマキリシマ』シーズンをおすすめします。
参考までに『鼻ぐり岩』近くにも登山口がありそちらからも登山ができます。
私も毎年行こうと思っています。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。