自分を認めるだけで色々楽になった話

自分を認めるだけで色々楽になった話

夢を叶える、全てと言っていいもの

今日は私の仕事メンタルについて書きますね。
心理学で勉強する「自己受容」

以前も書きましたがこの自己受容を毎日するようになり、仕事やチャンスが舞い込んできてます!
一件は、今までやっている仕事ですが、

「この人をプロデュースしたいな」と思ってた方から、
「コンサルしてもらいたい」とオファーをいただくと言うミラクルが起こりました‼️しかもクリスマスイブの日に❤️
他には、「オンラインサロンの運営してみたいな」って漠然と思ってたら、な、なんと!たった一回の飲みの席で会ったことのある息子と同じ年のメンズから、オンラインサロンの運営のお手伝いのオファーを頂いたんです‼️

これまた、ビックリ‼️
理由は、サロンのメンバーの8割近くが女性で、しかもサロンの特性上、ワーママが多いらしく、結婚も子育てもやったことない運営チームから、おかん世代の私に白羽の矢が立ったようでした。

オファーをくれた彼と出会った、飲み会に行く時、こんなことを思ったのを思い出しました。

「きっと、また若い人ばっかりなんだろうなー」って
最近どこ行っても、ダントツの年上なんです(笑)

でも、その会はすごく楽しみにしていたので、参加しました。
参加者が300人近くいたんだけど、同じテーブルで呑んで盛り上がったんですよねー

そして、「かなりの年齢の差」と言う、ネガティブに見えた要素が、私の希望を叶えるポジティブ要素に変わったわけです。

ありのままを認める

ありのままを認める
冒頭に書いた「自己受容」ができてくると「自己肯定感」が上がってくるんです。
“こんな年だから”と言うのは年をとった自分を認められていないってことです。
自己受容できてくると、“年をとった自分”を受け入れられます。
「年をとっている私も素晴らしい❗️」なんて言う、無理やり感がある受け入れと違って、ただ53歳のありのままの私であるだけなんです。

もうひとりの自分が見守ってくれてる

毎日、自己受容のワークをやりだすと、俯瞰する力も付いてきます。自分のことが俯瞰できるようになると、何がいいかって、自分以外の人から見守られている感じがしてきて、行動しやすくなってくるんです。
自分を見守っている“目”が俯瞰している自分です。

俯瞰できるようになって、自分の現在地がわかるので、今何をするべきかもわかってきます。それで閃いたことは、私のことを一番理解してくれている、一番の応援者からのアドバイスのような感覚がするんです。
だから、1人ではないと言う感覚になり、行動しやすくなります。
これはぜひ、皆さんに試して欲しいもののひとつです。

自分の現在地がわかり、"やること"、"できること"がわかってくると、やりたいことの進め方がわかってくる、と言うか現実にも応援者が現れます。

今回、私はライティングの仕事もやることになりました。

毎日ブログを書きながら、書くことが仕事になったらいいなぁって思ってたことが今回叶います‼️
ありのままの自分を受け入れられると、今まで見えていなかった現実が見えてくるようになり、やりたいことへの導線が見えてきます。これも“俯瞰力”のなせる技ですね。

ありのままの自分を認める
そんな、人としての当たり前のことを思い出したことで、より行動ができるようになりました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。