自宅筋トレ、けっこうついてきました。

自宅筋トレ、けっこうついてきました。

やばい!身体が固いぞ・・・!

50代前半はそれほどまでに感じなかったこと・・・。

朝、目覚めてベッドから起き上がる時
“ん?なんか体が固まってる・・・・?!”

今までになかった感触でした。
“あれ、なんだろう?これ。”
でも毎日こんな感じが続いて・・・“わあ、筋肉落ちてるんだー。”と、やっと気ずきました。
自分では平気と思っていたのに、年を取るというのはこんななのか・・・とちょっとショック!(^^;

早速、近所のジムの入会手続きをとりました。
昔、学生の時は体を動かすのが大好きだった私ですが、
“こんなに動きってにぶくなっちゃうんだなー”と、思うように動かなくなったことを自覚しながら、せっせと重たい身体をジムに運ぶ日々。

初めは筋肉がついてないから、どんなトレーニングも辛かったけど、そのうちに筋肉がつきだすと筋トレメニューも楽に!だんだん楽しくなってきて、つい調子に乗ってプロティン飲みまくり、いつのまにか今度は筋肉を育てるのにはまってしまいました。(;'∀')

ある時、ふとTシャツの腕の部分がパンパンになっていて、“あれ?私なに目指してるんやろ?”と、50代後半にして筋肉モリモリマッチョマンの自分のアンバランスさに気ずきました。(〃ノωノ)

身体が適度にスムーズに動いて、健康だったらいいや!と、そこからが切り替えて楽しく筋トレすることに。
自分のペースで筋トレに励んでいましたが、しかし悲しいかな・・・自分の心癖がむくむくと・・・。
ジムに通う事がだんだんと億劫になってしまいました。(いつかこうなると予想してましたが)

自宅からバイクで約15分。天気の良い日はまだいいけど、雨が続いたりするとだんだん間隔が空いてきて・・・そのうちに言い訳いうようになって・・・とうとう面倒くさいーっと行かなくなってしまいました。

するとテキメンに、動きが鈍くなってきて・・・身体の固い変な歩き方に戻ってしまいました。(-_-;)
“うわあ、永遠に筋トレしないとこのままこの変な動きになってしまうのかー”と焦っていると、娘が任天堂から出たゲームしながら筋トレができるという“リングフィット”なるものを買ってきてくれました。

「な、なんだあ?ゲームで筋トレ?」
正直言って、初めはちょと馬鹿にしてました(任天堂さんごめんなさい)

娘が真剣になってる姿を横目でチラ見しながら、様子をみてると、ほんとうに娘の身体が筋肉質になってきました。
「おお!これはいけるかも!」と早速、私もチャレンジすることに。

車のハンドルみたいな大きな輪っかを両手に持って、足の太ももの辺りにバンドを巻いて・・・どちらにもコントローラーがついていて、これにより運動量や負荷がちゃんと計測できるようになっています。テレビ画面に出てくる悪者を戦う時も、筋トレメニューをちゃんとこなさないとクリアできないように設計されています。

ずるい私は、そんなこと言ったってばれないだろうと、示されたメニューを手を抜いてみました。
でも、テレビの画面から「ちゃんとキープして!」「しっかり倒して!」と、なんでズルしてるのがわかるんだろうと驚くくらいに、ゲーム内のトレーナーから怒られてしまうんです。

「これ、マジすごい!」と、ひとつひとつのメニューをこなしていくと、今度は「いいねえ!輝いてるよ!」「頑張ってるね!」とトレーナーがめちゃめちゃほめて拍手してくれるんです。
ゲームなんだけどそれがまた、嬉しくてモチベーションが上がります。(笑)人間って褒められるとほんと、こんなにやる気でるんだと改めて思いましたー。

そのゲームのメニューはマジ筋トレメニューやヨガのポーズなどもあって、ステージをクリアすると違う筋トレメニューが出てくるのでさすがの飽き性の私も、これは続いてやれてます。
毎回のトレーニングの後には、心拍数が計られ無理なく運動ができてるか確認してくれ、その日の運動量や消費カロリーも計測されます。これもモチベーションの継続に有利です。

そして・・・ゲームとは言え、結構ついてきました、筋肉が!
何よりジムに行く移動時間だけで、筋トレができてしまうのが嬉しい!

で、「さすが、任天堂やなー!」と娘とせっせと自宅で汗を流しているこの頃です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。