時間術大全~時間をデザインして人生が変わる?

時間術大全~時間をデザインして人生が変わる?

時間はデザインできる

時間術大全~人生が本当に変わる「87の時間ワザ」を読んで 
「時間」について あらためて考えてみました。

「時間術大全」 原題は Make Time  
この本を読んで感じたことは 確かに「時間は作るもの」ということ。
時間は 作らないと・・・ただただ流れてしまう。。
日頃、そんな実感があったからこそ なおさらでした。

時間という見えないものを 「デザイン」できるという考え方は
これからの人生は 意味のあることに費やす時間や大切な人たちと過ごす時間を
今、きちんと見直すべきだと気づかせてくれました。

時間は 作らないと(デザインしないと)・・・ただただ流れてしまう。。

私は仕事をやめてから 時間はあるのに 何気に時間は過ぎて行ってしまう。
常々そんな気持ちでいました。

毎日、自分にとって大事なことのために 少しだけ時間をつくる。
それだけで 充実した気分になれそう~と心が軽くなりました。

メイクタイムのしくみ

それは 4つのステップを毎日繰り返すだけ!

この本では 時間を作り出す方法がとてもわかりやすく書かれていて
「今日からすぐ実行できそう」と思えるポイントが満載です。

毎日、
・その日の「最優先事項」を決める(ハイライト)
・その「最優先事項」を妨げることを撃退する(レーザー)
・優先事項がはかどるように 脳・心・カラダを充電する(チャージ)
・一日を振り返り 調整・改善する(チューニング)

この4つを繰り返す。

成功のコツは 選ぶ~試す~繰り返す これだけなのです。

これなら 即実践できる!と思わせてくれます。

そして このメイクタイムの戦術を
「やらなくてはならないこと」と思わずに ふだんの生活の一部にしてしまおう
と書いています。
無理しなくて、自然でいいんだよ~そう語りかけてくれているように感じました。

今日のハイライトは何にしよう

その日の最優先事項(ハイライト)の決め方も とても自然です。

毎日に「ちょうどいい目標」でいいのです。

今日は「これをして~次にコレをしなくては~そしてあれもこれも~」
ついついそんな毎日だった私は
たったひとつ(あるいはふたつだけ) 「今日はこれだけ!」と決めるだけで
一日がとても過ごしやすくなりました。

ハイライトは 緊急性 満足感 喜び 
その3つを基準に選べば良いので 
どうしても今日はこれをやらなくてはならない時には 
その緊急を要することをハイライトにしてしまえば良いのです。

そうでない日は 満足感を得られること 喜びにつながることを選んで
30分~90分くらい(私の場合は2時間以内としています)集中して取り組みます。
それを終えたあとは とても充実した気分になれます。

そのハイライトの決め方も この本では「87の戦術」として書かれています。
何をハイライトにすれば良いの?と迷うような時のヒントが満載です。

これからの人生 時間をデザインして 自分らしく生きる!
「直感」を信じて 
最高のハイライトに時間とエネルギーを費やせるような毎日を過ごせたらと思っています。

著者は ジェイク・ナップ /ジョン・ゼラツキー
Google、YouTubeとう一流のテクノロジー企業で仕事をしてきた著者たちです。

ライフハックとジョークが散りばめられて とても読みやすい一冊になっています。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。