■ 「菌活」は無理せず、慌てず、自然な暮らしの中に・・・

  • HOME
  • Blog
  • 終活
  • ■ 「菌活」は無理せず、慌てず、自然な暮らしの中に・・・
■ 「菌活」は無理せず、慌てず、自然な暮らしの中に・・・

■ 「菌活」レシピ   〇〇活動を略して〇活が「slow&happy」でも普通になって来ました

”菌(fungus)さん” が好きです。
以下の4種類の菌を継続的に取り入れる事を「菌活」と言います。

・きのこ菌 
・乳酸菌 
・納豆菌 
・麹菌 
 
朝食にはヨーグルト・納豆・味噌を食材にして、食物繊維豊かなキノコは昼食・夕食のメニューに入れる。
「菌活」を暮らしに、取り入れることは比較的、楽な気がします。何よりリーズナブルです。
“菌好き“ な理由は家庭のキッチンで作れる醗酵食品だからです。

天然酵母菌

深い知識より作りながら慣れていきます。 強力粉→ 一次醗酵→ 二次発酵 を見ていると”菌力”のパワーに元気を貰います。パンの醗酵酵母菌(イースト菌)は簡単に手に入ります。

フリーな時間が出来る定年後、国産強力小麦粉を使って家庭でパンを焼くと、パン屋さんで買ったフワフワパンは実は空気を買っていたのかな・・・と小麦の味を試してください。さらに、小豆を茹でて、アンパンを焼きと楽しみは広がります。余った餡はヨーグルトにも利用できます。
醗酵時の香り・豆を煮る香り・・・何よりも家族に喜ばれ、健康に寄与します。

食品を、スーパーの買い物かごに入れる前に、裏面を見て、表記しているカタカナの内容物を、ネットで検索することを提案します。添加物の数々を小さな文字で書きこまれています。諸外国のスーパーでは発癌性を明記しています。

醗酵食品は比較的、添加物が少なくて済みます。「醗酵」と「腐敗」は紙一重ともいわれます。
判断基準はといえば不愉快と感じるか否か・・・五感を研ぎ澄ましましょう。

夏季は醗酵がすすみ易いので、手に入り易い果物、多く頂いた野菜などを醗酵させた酵母菌を作ってパンを焼きます。
昨年は「モロヘイヤ」を醗酵させて焼きました。独特の匂いの「ドクダミ」も醗酵させるとフルーティーな香りの醗酵酒になり、濾した葉はパンに入れました。イメージは広がっていきます。腸内もイメージできます。

ヨーグルト菌

「ヨーグルト菌」も長い付き合いで歴史もの・・・です。醗酵温度によって菌の種類があります。
人肌ほどの牛乳を、40℃~45℃に保って10時間(チョットした工夫で保温可)が通常の醗酵温度ですが、”ケヒィア菌”は夏の常温(20~25℃)で醗酵します。カスピ海ヨーグルトが人気を得たのは醗酵温度管理が楽だと思われます。

季節のフルーツを添えたり、ジャムを作ったり、美味しく頂けるのは勿論、習慣になると無理なく続いています。
日々、温度・湿度は変化します。腸内は“菌さん”と共生(ともいき)と納得します。

麹菌

「麹菌」は、ネットで手に入ります。味噌作りは、最近は以前より普及してきました。「手前味噌」とはよく言ったものです。失敗することなく、美味しく出来ます。

想像するに、味噌は、農家の農閑期に古米を使って、麹をつくり、前年に収穫した大豆を煮て各家庭で、作られたものだと思います。日本人の生活に味噌は不可欠な醗酵食品です。

スーパーなどで、簡単に麹は手に入ります。大豆と塩だけで材料はシンプルですが、熟成する時間が必要で直ぐには出来ません。大切なのは、待つ「時間(醗酵)」です。

自宅で、麹菌をつくることもおすすめします。温度管理が出来れば菌は自然に醗酵していきます。
「お勝手」という言葉は死語になりましたが”菌さん”は「お勝手」に住んでいたと聞きます。キッチンと呼ばれて住めなくなった! 御用聞き・勝手口・・・聞かなくなって久しくなりました。

余談です。

豆は保存出来ますから便利です。良質の炭水化物・脂質・タンパク質源です。豆の花は ”スイトピー”の花と同じで可憐です。
因みに、家は花豆を採取して、次年に3m×3mを3つ仕立てた柵に絡ませて、花と豆を楽しんでいます。
一粒の豆から、収穫するまでの過程も感動があります。

「キノコ」は震災以後かなり深刻です。原発事故以来、原木シイタケを計測し続けています。場所により、個人差により一概に判断は出来ません。しかし、菌床キノコはスーパーで手軽に手に入ります。毎日の献立に加えることは簡単です。

■ 2019/04/19  「スモモの花」は今年も、後一か月・・・・です

”菌さん” のまとめ
 
暮らしに! 継続的に! 習慣に!
それぞれの菌を意識して摂取し、また菌を組み合わせるようにすること、相乗効果が生まれるそうです。
「菌活」は、前出の通り、深く考えなくとも家庭料理で簡単に取れます。

醗酵食品や菌を含む食品を食べて、体内に『良い菌』を摂取して、腸の中で『良い菌』を育てることを「菌活」と言い、自然に健康な「終活」を得ることになっていきます。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。