『福万山登山』

『福万山登山』

【福万山_登山ルート紹介】

【福万山】
福万山は『ふくまやま、ふくまんやま』といいます。
福万山は由布院盆地の北にあり由布岳や周辺の山々を望める標高1236mの山です。
登山途中はユムタ高原はじめススキの草原やササ原がおおく山頂は眺望がよく日出生台、由布岳、遠くは
くじゅう連山などの山々がみることができます。
5~6月のシーズンにはミヤマキリシマのピンクの絨毯がみることができます。

【福万山登山】
私が初めて福万山に登った登山ルートをご紹介します。
福万山の登山は一般的に大分道 湯布院IC近く由布市 湯布院スポーツセンターから往復が多いようです。
スポーツセンターからのコースは途中、一般道(舗装道)を通るなど初心者にも登りやすいコースです。
注意点として湯布院スポーツセンターを駐車した場合は300円の駐車料金が必要です。
湯布院スポーツセンターをスタートし湯布高原ゴルフクラブ方面(付近にある登山口)を目指します。
湯布高原の別荘地の舗装された道(一般道)を歩きます。
約10分程度で登山口らしい場所に着きます。
そこからは登山道らしい舗装されていない道になります。
案内板がないため恐らくそうだと思いますとしかいいようがありません。
すすきの道をしばらく歩きます。
整備されていて歩きやすいです。スタートから約30分程度歩きますと分かれ道に着きます。
右に進むと湯布高原別荘地、左に進むと福万山です。
左を進みます。このあたりから登山道が重機の轍が目立ってきます。
そのため表面が凸凹していて歩きづらいです。
下の方をみるとこのあたりからみる眺望はいいです。
スタートから約40分程度で舗装された道(一般道)に着きます。
ゴルフクラブ方面、坂道をひたすらのぼります。
スタートから約50分程度で正面玄関ではないですがゴルフクラブに着きます。
近くに登山口があるのでそこから登山道を歩きます。
ここから工事現場が現れます。
登山口も案内板がなく一苦労すると思います。
工事しているのであれば登山口変更の案内板をだすなりしてほしいです。
そもそもこのルートからの登山はしないほうがいいです。
のちほどの下山ルートを歩くことをおすすめしますが工事中は登山自体を自粛したほうがいいと思います。
なんとか登山口をみつけ登山道を歩いてください。
笹がすごいです。背丈より高い笹もあり歩きづらい場所もあります。
工事現場側を歩くことで回避できますがどの辺までだったら歩いていいのかわかりません。
工事現場側の場所は凸凹していて歩きづらいです。
そのような場所を過ぎると山頂まであと5分の案内板があります。
ここまでスタートから約120分程度です。
このあたりは道がよく整備されていて歩きやすいです。
案内板のとおり約5分程度で山頂に着きます。
『福万山』の表示は無造作です。近くの由布岳などとは違います。
山頂からの眺望はいいです。
近くに由布岳、倉木山、鶴見岳は由布岳に隠れてみえません。
大船山、久住山などのくじゅう連山、祖母山、傾山もみえます。
日出生台もみえます。自衛隊訓練している場合もあります。
眺望は本当にいいです。
5~6月のシーズンにはミヤマキリシマがみることができます。
上りと違うルートで下山します。
スギ林の登山道です。
上りの笹、工事現場の凸凹と違い歩きやすいです。
ただし山頂から約50分程度(スタートから約170分程度)で工事現場に着きます。
工事中、登山道はこちらみたいな案内板がありません。
注意しながら進みます。
しばらく進むと『ユムタ高原』に着きます。
スタートから約180分程度です。
すすきの草原といった感じでいいです。
さらに進みますと舗装道(一般道)に着きます。
スタート地点(スポーツセンター)を目指します。
スタートから約210分程度でゴールします。
福万山登山はユムタ高原などのすすきが広がる草原地帯、野生のシカなどとの遭遇もあり
なんといっても山頂からの眺望はすばらしいです。
大分の山々が一望できます。
全体的に整備されていて登りやすい山です。
工事されていて本来、登山禁止になっているのかもしれませんので登山時は事前に確認
されることをおすすめします。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。