おうち時間の楽しみ方~映画を観よう~

おうち時間の楽しみ方~映画を観よう~

「#うちで過ごそう」

今、新型コロナ対策として大事なのは
【密集・密閉・密接】
そのような空間に行かないことが コロナを拡散させないために大事なことです。

コロナ対策のひとつに
「#うちで過ごそう」(自主的に在宅を心がけること)があります。

おうち時間の楽しみ方は いろいろとあると思いますが
前回書いたように
私はAmazonプライムというサブスクリプションで楽しんでします。

今回は
具体的におうち時間を楽しむための
私がオススメする今観るべき映画3本をご紹介します。

オススメ1本目「コンテイジョン」

1本目は
2011年に公開されたSFスリラー「コンテイジョン」(スティーブン・ソダーバーグ監督)
キャストにはマット・デイモン、ケイト・グウィネス・パルトロウ、ウィンスレット、ジュード・ロウなど。

「コンテイジョン」は、
香港出張から戻ってきたアメリカ人女性(グウィネス・パルトロウ)が体調不良を訴えたのちにあっけなく死亡。
同じように体調不良の後急死するという人が世界各地で相次ぐ。
原因不明のウイルスの恐怖でパニックに陥る人々の様子から徐々に始まる映画です。

ワクチン開発に取り組む医療関係者や
「効果のある薬がある」などとデマを広めるジャーナリストが登場する
パンデミックの恐怖をドキュメンタリータッチで描いた作品です。
新型コロナウイルスが蔓延する今、
科学的な考証とシミュレーションに基づきリアルに描いた点が再評価されて
まさに今観るべき映画として話題になっているようです。

私自身、この映画を観るまでは
パンデミックと言われても あまりピンとこないところもありましたが
この映画を観てからは 
自粛の大切さを改めて感じました。
ウイルスの恐怖は 
突如として自分の周りに、自分自身に降りかかるかもしれない・・・
そんな怖さを改めて感じる映画でした。

オススメ2本目「きっとうまくいく」

2本目は
「コンテイジョン」とは違い、ウイルスの恐怖を忘れるために 
180度違う観るだけで気分が明るく楽しくなる映画です。
恐怖に怯えて おうち時間を過ごすのではなく
やはり 楽しく明るい気分で過ごしたいですよね。

2009年製作のインド映画
「きっとうまくいく」

あらすじは
インド屈指のエリート理系大学を舞台に、
自由で型破りなの主人公ランチョー、
機械よりも動物や写真が大好きなファラン、
神様を信じて、なんでも神様にお願いする苦学生ラジュー。
その3人が引き起こす学園騒動。
ドタバタコメディで終わるのではなく
主人公ランチョーが与える影響力で大学も人も変わっていくという過程に心が熱くなります。
映画は卒業後に行方不明になったランチョーを探すという10年後の物語と
大学生活が始まってから卒業までの物語とが
前編、後編的な構成になっている映画です。
なので 時間も170分と長めです!

インド映画らしく途中に歌と踊りが入り
歌って踊って、たくさん笑ってちょっぴり泣けて・・
とハートウォーミングな場面が満載。
そしてラストは大感動のハッピーエンドという心からスッキリと楽しめる映画です。
この映画は
スティーヴン・スピルバーグは「3回も観るほど大好きだ」と絶賛したらしいです。
退屈だな~と思ったときには 一度ぜひ観ていただきたい映画です。

オススメ3本目「インターステラー」

3本目は
クリストファー・ノーラン監督・2014年製作 「インターステラー(Interstellar)」です。

あらすじは・・
環境破壊のせいで植物が激減し、食糧難で人類滅亡が確実なものとなった近未来の地球が舞台。
元宇宙飛行士のクーパーは人類移住計画遂行のために
再び宇宙飛行士として旅立ってくれないかと依頼される。
この計画に参加すれば、
子どもたちとは二度と会えないかもしれない・・という危険なミッション。
クーパーは幼い娘・マーフを地球に残して宇宙へと旅立ち 
やがて水の存在する惑星にたどり着くのだが・・・
それから数十年、成長したマーフはNASAで働きながら、父の帰りを信じていた。

というような、SF映画なのですが
ただのSF映画ではなく テーマの一つが「親子の愛」です。
SFにお決まりのちょっと難しい宇宙の空間とか惑星とか宇宙の時間とか、
そういった映画の中の設定を理解するため
頭を悩ますシーンもありますが
映画の序盤に伏線がはられていて 
「あ!あの時の・・・」となった時に 私は大きな感動に包まれました。
SF映画なので あまりくわしく書くとネタバレになってしまうので
詳しくは書きませんが
深く考えなくても楽しめる部分と
単なるSF映画ではない愛をたくさん感じる部分に ぜひ感動してほしい作品です。

以上、
おうち時間を楽しむための「オススメ映画3本」でした。
1人で観るもよし、家族と一緒に観るもよしの映画になっています。

それでは 素敵なおうち時間を過ごしてください。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。