不況を乗り切れ!クラウドファンディングって何?どんな形で社会協力出来る?

  • HOME
  • Blog
  • お金/投資
  • 不況を乗り切れ!クラウドファンディングって何?どんな形で社会協力出来る?
不況を乗り切れ!クラウドファンディングって何?どんな形で社会協力出来る?

クラウドファンディングって?

クラウドファンディングという言葉を耳にした事があるでしょうか。
具体的な内容を聞かれると『企業が開発した新製品を割引価格で誰よりも先に試せる制度』と考えている方も多いでしょう。

実は私もその1人で、クラウドファンディングのサイトを見て興味ある企業の企画に投資して新商品を応募するタイプでした。

クラウドファンディングは、不特定多数の人がPCやスマホ、タブレットなど、インターネット経由で、組織の新商品開発や、イベント企画の財源提供に関わる事を指します。

語源の由来は、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語です。
では実際にどの様なクラウドファンディングサイトがあり商品およびイベント企画が出品されているのでしょうか。

代表的なクラウドファンディングサイトは?

・キャンプファイヤー
https://camp-fire.jp/
イベント企画型のクラウドファンディングが成功しやすいクラウドファンディングです。
新型コロナ危機で窮地に追い込まれているライブハウスや新宿ゴールデン街などを支える
クラウドファンディングや、非接触型体温計を作るプロジェクトが成功しています。
プロジェクト掲載費用がかかりません。

・READY FOR
https://readyfor.jp/
コミュニティ密着プロジェクトが成功しやすいクラウドファンディングです。
医療系や鉄道系、ウィスキーの蒸留所、映画上映プロジェクトや、地域密着型プロジェクトが
成功しています。
コロナ危機で中止になったイベントの支援をクラウドファンディングでやっています。

・Makuake
https://www.makuake.com/
大手だけでなく中小企業のモノ作り、コト作りへの支援が中心のクラウドファンディングです。
モノ作り支援の場合、予約販売が中心になります。

他にもクラウドファンディングサイトは数多くありますが、個人で3000円~10,000円程度から参加できる代表的なサイトは以上の3つです。
では、参加する前にどの様な点に気を付ければ良いのでしょうか。

クラウドファンディングのメリットデメリットとは?

クラウドファンディングのメリットデメリットは、個人が投資したプロジェクトが成功するかに、かかっています。

下の画像は『関西劇場応援Tシャツ』です。
こちらは新型コロナウィルスで上映自粛を求められ、資本が小さく劇場閉館の危機に晒されたミニシアターのクラウファンディングで作られたTシャツとなり、上記の様なクラウドサイトではなく劇場もしくは、BASEのサイトから購入する仕組みになっています。

この様に『商品を買いお手元に届く事で企業を支える』事が出来るならばメリットになります。

ですが時としてクラウドファンディングサイトを通して新商品を割引価格で申し込んだにも関わらず、届かない。
もしくは商品到着が1カ月も遅れることがあります。
この様な事は、クラウドファンディングを利用する上でのデメリットとして頭に入れておかなくてはいけません。

クラウドファンディングは、確実に面白い企画や商品が手に入るモノやコトではなく、私たちが企業のモノやコトを微力ながら支えるという事を覚えておきましょう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。