毎日、まいにち!韓国映画 10作品をご紹介!

毎日、まいにち!韓国映画 10作品をご紹介!

お家時間!1日に1回は好きな時間を作ろう!

コロナの影響で”お家生活”7週間目に入りました。4月6日から毎日1回韓国映画鑑賞続けています。規制が厳しく、ストレスのたまる生活の中どれだけ心に元気をくれたことか。頭を外すには何か好きな時間を作ることも大切です。私の場合は韓国文化、近年は韓ドラの方が多かったですが、短くて感動を与えてくれる韓国映画もいいですね。ランダムに観たので、コアな作品も含まれますが、カテゴリーで観るもよし、好きな俳優陣で選ぶもよし、おうちから心だけ飛んでいけます!いい作品を観ると得した気分になります。

4月6日から15日までの鑑賞記録

4月6日:『ケチュンばあちゃん(2016)』ドラマ 泣 ユン・ユジュンxキム・ゴウンxチェ・ミンホ主演 最後まで涙の量半端ない、心に響く秀作、キム・ゴウンの演技が沁みる。私の一押し!

7日:『彼とわたしの漂流日記(2009)』ロマンティクコメディ 泣 チョン・ジェヨンxチョン・リョウォン 心にジーンと響く、愛に多くの言葉はいらないと思える作品。特に後半泣けて、ドキドキはMAX。観るべく押しの作品!2度観ても泣けます!

8日:『沈黙、愛(2017)』サスペンス チェ・ミンシクxパク・シネ主演 中国映画 『サイレント・ウィットネス』のリメイク。ラブコメドラマの印象が強いパク・シネが弁護士役。脇を固める リュ・ジュンヨルも素敵!

9日:『ポエトリー アグネスの詩(うた)2010』ユン・ジョンヒ主演 韓国で実際に起きた女子中学生集団レイプ事件がベース。韓国のアカデミー賞といわれる大鐘賞の最優秀作品賞受賞。あまり知られていない役者の方々の作品であるが、ゆえにリアルで、人間の真の姿を捉えた作品。 日本の田舎とのどかな風景が重なる。主役がずっと心に残り、深々と心打つ。

10日:『ザ・ネゴシエーション(2018年)』サスペンス ヒョンビンxソン・イェジン ヒョンビンが初の悪役を演じているのが見所。キャストは豪華だが。。。

11日:『二十歳(2015)』ドラマ 「2PM」のジュノxキム・ウビンxカン・ハヌル 見せ場の乱闘シーンが特殊でなんだかジーンときくる。青春感満載。設定の年齢にやや無理あるも、主役3人の俳優陣がいい!特にキム・ウビン存在感半端ない!

12日: 『シークレットミッション(2013)』サスペンスアクション 原作はウェブ漫画 主演のキム・スヒョンはこの作品で数々の新人男優賞を受賞。仮の姿と真の姿のギャップが見事!イ・ヒョヌの演技も素晴らしい。一気に吸い込まれてゆくストーリーは必見!

13日:『おばあちゃんの家(2002)』泣 ドラマ 少年役のユ・スンホ以外はすべて素人で、映画の舞台でもあるおばあちゃんが住む村の住民が起用されている。深々とゆっくりと心が揺さぶられて涙。リアルに深い感動がやってくる。渋い映画ですが、観る価値あります! 

14日:『非正規職特殊要員(2017)』アクションコメディ カン・イェウォンxハン・チェア スカッと主役が光る。仕事ができなそうだけど、こなせてしまう主役の設定が実におもしろい。コアな作品だけど、気持ちが晴れる、今観るにふさわしい作品。

15日:『オアシス(2002 )』 ロマンス・ドラマ 主演はソル・ギョング。韓国MBC映画賞で最優秀作品賞、主演男優賞、主演女優賞、新人女優賞などを獲得。第59回ヴェネツィア国際映画祭、監督賞、新人演技賞を受賞するなど高く評価された作品。障害者とムショから出てきた男との恋、悲しいまでの人間のリアルさがよく表現されている。これも観て度100%の超優秀作品。

終わりに

私の韓国の映画の旅は今日も続いています。今起きている現実も本当の世界じゃないといいのにと思うけれど、今は、自分にできることをやれる範囲でやる。そうした日々の中に、ささやかな幸せをたくさん見つけたい。次は映画でどこに行きましょうか。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。