生まれて初めて髪のセルフカットに挑戦!

生まれて初めて髪のセルフカットに挑戦!

髪セルフカットに挑戦したよ!

外出厳戒令からすでに2ヶ月が経とうとしています。美容院へギリギリ行ける、まだ職場に行っている時予約していたのですが、担当の美容師さんが旅行に行くとかで予約が2週間先の3月末に。予約日の三日くらい前お店の判断でお店は閉鎖されキャンセルに。ゴムで縛るも、重たい髪に我慢の限界、ずっと小さなストレスだったので、思い切って生まれて初めての髪セルフカットに挑戦!

私の髪と家族の髪

私:髪の量とても多い、硬い、髪の伸びが早い。美容院はどちらかというと緊張し、苦手な方。伸びが早いので、前髪はいつも長年自分でしていて、ちょっと自信あり。以前同僚の前髪を切って喜ばれた経験あり。
長男:私と同じく髪の量が多く固め、伸びが早く良く1ヶ月ごとくらい美容院に行く。3年前にホルモンの関係か突然天然パーマになった。
次男:髪細く、ストレート伸びが遅い。あまり美容院に行きたがらない。
夫:美容院嫌いで、かなり昔から、自分でカット。髪が細く、髪の量が少ない。
義理母:美容院大好き シャンプーは美容院のみで、こまめにカット、1週間に1〜2回行く常連。
義理父:夫同様遺伝で髪薄いので長年セルフカット。
*気候的にこちらは髪の毛を毎日洗わなくても大丈夫。私も夏場以外は3日置き

ハンガリーの美容室事情

美容院の数は多く、地方でもあれまたここにというふうに、個人経営のお店が多い。フラットの1階などでショップを開く人も多い。コスメティックショップが同じお店に入っていることも。近年は、日本で言うところの千円カット的な料金統一のカットが専門店の進出が目立つ。料金はお店によってまちまち。私が経験した金額で言うとカットのみで1200円から4000円くらいだろうか。個人経営のところだと10%くらいのチップを払うのが一般的。

なかなかいい美容師さんに出会えない

海外に住んでいると『いい美容師さんに出会えない』それが大きな悩み、アジア人とヨーロッパ人だと髪の質が違い、切りにくいらしいが、レイヤーが下手くそで、ぱつんとなるケースが多い。時には出稼ぎの日本人美容師さんがハンガリーにやってくることもある。気に入っているが、なかなか来てはくれない。友人の紹介ですごく上手で何度もお世話になった美容師さんもいたけど、待遇のいいドイツへ引っ越した。でも最終的にはお気に入りの美容師さんに出会った。20代の若い女性的な男性、こちらがいろいろ言わずとも切ってくれるので、長男と私のお気に入り。3年ほど通っている。

今美容院行けない状況なのでどうするか?

まず伸びていた次男の髪が気になる。ゴムを使ったりもしたが、かなりうっとおしい。パパに切り方を習い長男がカット。かなり時間を要したが素人が切ったとは、思えないような仕上がりだ。初めてにしては上手だ。
次は長男。下が刈り上げ、上は天パーを残す独特な髪だが、ほとんど自分でやり、できないところは私が手伝い出来上がり!なかなか上手!
次は母の番、やり方は?
・動画で切り方を研究 何人かのアイディアを採用。美容師さんやら長年自分で切っている人の動画を参考にした。
・散髪バサミは持っていないので、料理用の小さめのハサミを使用。刃先が短いので、深切りの心配なく切れる。
・まず小分けして、ゴムで結んで、切りたいところに輪ゴムをしてその上をカットし、下のライン全て縦にハサミを入れる。
・次にゴムで上の部分と下の部分に分けて、上の部分も同じcmカットし、ここも縦にハサミを入れる。
・長男に後ろの部分や仕上げの部分を見てもらい、揃ってないところは切ってもらい完成!

終わりに

髪は女の命とも言われ、女性にとって美容師さんって重要存在だなって思います。今回は仕方なくセルフカットを決断!ななかなか勇気がなくて切り方が小さかったが、思ったより完成度高く満足!何より軽くなった。小さなストレスが減り、気持ちが楽になった。『なせば成る』と感じる。オススメです!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。