定年後の家族との付き合い方

定年後の家族との付き合い方

日本の定年制にみる家族とは

現在日本の定年年齢は60歳のところが多いです。定年延長制度で65歳までぐらい定年後も働くことができるようになっていますが、普通の定年は60歳で、そこで一応働くことにピリオドを打ちます。
以前「定年後に旦那が家にいて鬱陶しい」と妻の意見が出ていましたが、定年後にはどのように家族と付き合っていけば良いのでしょうか。また家族とうまくやっていく手段はあるのでしょうか。「鬱陶しい」と言われる原因はどのようなことがあるのでしょうか。

定年までの流れ(1)

ほとんどのサラリーマンは18歳以上で働くようになっていて、働きながら結婚し、子供をもうけて家族ができてきます。それが日本の家族という集団の流れになっています。日本のサラリーマンはある程度の年齢になると、役職がつくことが多く、残業や社外での付き合いも多くなり、家庭に時間を割けることが少なくなってくるようになります。これが家族とのコミュニケーション不足の第一歩ではないでしょうか。

定年までの流れ(2)

仕事が忙しくなってくると、休日出勤なども増えてきます。家族から見れば「せっかくの休みに仕事に出なくても」と思われます。しかし当の本人は「家族を養わなければならない」と意欲を持って出社します。ここで本人と家族の思いに相違ができるようになってきます。この時点で家族とのコミュニケーションが密になっていれば、定年後も良い関係が構築されて、家族とも良い関係が築けるようになると思われます。

定年までの流れ(3)

また残業をしなければならず、帰宅が深夜などになると、子供が生まれても顔を見るだけで、一緒に食事をしたり、遊んだりすることもできなくなり、子供とも疎遠な関係になってくるようになってきます。大人はある程度我慢することができますが、子供はそれができないことが多く、次第に心を閉じてしまうようになってきたりします。この状態になると親子の関係に亀裂が入る可能性が高くなってきます。

コミュニケーション不足の回避方法(1)

ではこれを回避するにはどうすれば良いのでしょうか。一番良いのは残業も終日出勤もしないことですが、それでは会社組織の一員として働くこともできませんし、生活をすることもできないことになります。子供が小さいときには出費も多く、時間外手当は貴重な財源になりますし、賞与等の金額にも反映されてくる場合が多いので、しないという選択はないと考えなければなりませんし、家族も収入が減ることは回避したいと考えます。

コミュニケーション不足の回避方法(2)

家族とコミュニケーションをとるためには、時間をつくる努力をしないといけません。たとえ数分でも家族と会話する時間をとることで、家族からの印象は大きく違います。子供などは親が少しでも自分を見てくれるだけで、親をしっかり見つめるようになります。子供からすれば「忙しいのに自分のために時間を作ってくれた」という思いが心に芽生えてくると、親に対する信頼も厚くなってきますし、親が仕事をしていても理解するようになります。

コミュニケーション不足の回避方法(3)

では家族とのコミュニケーションをとるための時間の作り方ですが、残業がない日にはまっすぐ家に帰って、子供が起きている時間に一緒に食事をとることが大事になります。それがたとえ30分でも家族にとっては貴重な時間になります。特に子供はいつもいない親との食事は良い印象を持ち、親に対する心遣いも生まれてくるようになります。食事中に「いつも遅くなってすまない」等の言葉をかければ、家族も気持も少しずつですが和んできます。

定年後に家族とうまく付き合うには

定年後に家族とうまくやっていくためには、定年までに色々なものを構築していかなければなりません。
休日に時間があれば、疲れて寝ていたいと思っていても、少しの時間で良いので家族とのコミュニケーションをとることが大事になってきています。定年後にいきなりコミュニケーションをとろうと思っても、家族からの信頼がなければとることはできません。これらのことをきちんと定年前におこなっていると、定年後も家族とうまくやっていけるとおもわれます。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。