自宅で生活しながら利用できる介護サービスについて

  • HOME
  • Blog
  • 介護
  • 自宅で生活しながら利用できる介護サービスについて
自宅で生活しながら利用できる介護サービスについて

最後まで自分の家で生活したい

 こんにちは、現在も現役で介護施設にて勤務しているwatariと申します。前回に続き今回も高齢者介護のお話をしたいと思います。前回は介護サービスを利用するまでの一連の流れについてお伝えしましたが、今回は、たとえ体が不自由になってしまっても、自宅で生活を続けながら利用することができる介護サービスの種類についてお話してみたいと思います。

 高齢になりたとえ体が不自由になってしまっても、できる限り自分の家で生活を続けていきたいという思いは誰しもが思うささやかな願いの一つだと思います。とくに日常的に医療行為や介護が必要な人にとっての自宅での生活というのは、物理的に現実的ではない事実があったりでハードルが高いものです。しかし在宅介護サービスや訪問看護を上手に利用することで、たとえ体が不自由になってしまっても諦めていた自宅での生活を続けていくことが可能になることも多くあります。担当のケアマネージャーに相談しながら、身体状態や生活状況に合った介護サービスを検討してみて下さい。

在宅介護サービスの種類

 自宅で生活しながら利用することが出来るおすすめの介護サービスをご紹介いたします。

ホームヘルパー(訪問介護) 
 みなさん一度は聞いたことがある在宅介護サービスの代表ですね。名前の通り介護職員さんが自宅まで来てくれて介護サービスを受けることができます。おむつ交換やお風呂の身体介助だけではなく、料理や買い物、掃除など幅広い介護サービスを受けることができます。比較的介護度の重い人が利用するケースが多いです。

デイサービス 
 自宅から通う介護サービスです。送迎は職員さんが対応してくれます。職員の介助を受けながら入浴や食事、レクリエーションのサービスを受けることが出来ます。どちらかというと比較的介護度の低い元気な方の利用が多い傾向にあります。

デイリハ
 デイサービスのような通いの介護サービスですが、こちらはリハビリを中心としたサービス内容になっており、理学療法士や作業療法士などのリハビリの専門スタッフが必ず在住しています。

ショートステイ
 短期でお泊りのできる介護サービスです。同居する家族が仕事や冠婚葬祭などの都合でどうしても家を空けなければならない場合や、日頃の介護疲れを軽減する際などに利用されることが多いです。泊りのサービスなので、一日3食の食事や入浴、レクリエーションなどの介護サービスを受けることができます。

小規模多機能型居宅介護 
 小規模多機能型居宅介護は、ひとつの介護事業所で、上記でご紹介したホームヘルパーやデイサービス、ショートステイのサービスを受けることができます。一つの事業所で全てのサービスを受けることができるので、利用者さんと介護職員さんの関係性がより身近に感じることができ、どのサービスを利用しても安心して生活を送ることが出来るという大きなメリットがあります。デメリットは、小規模多機能型居宅介護を利用する場合は、他のヘルパーやデイサービス、ショートステイを利用することはできません。ですので、小規模多機能型居宅介護のデイサービスだけ別事業所にお願いしたいということは不可能になります。

まとめ

 以上が自宅で生活しながら受けることができる介護サービスでした。
 
 もちろん以上のサービスを組み合わせて利用することもできますので(※小規模多機能型居宅介護に関しては、デイサービスやホームヘルプなど別の事業所と組み合わせて併用することはできません)、担当のケアマネージャーに相談しながら、利用者さんや家族の生活状況に合わせた、よりベストは介護計画書を作成してもらってください。

 ある日突然やってくるかもしれないご両親の介護に備えて、早いうちから準備や下調べをしておくことで、家族みんながより幸せで安心できる生活を送ることができることと思います。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。