関東では雑魚、瀬戸内では高級魚:ギザミ(ベラ)

関東では雑魚、瀬戸内では高級魚:ギザミ(ベラ)

ギザミ(ベラ)を知っていますか?

 みなさん、こんにちは。たろうです。たろうが生まれ育った広島県の廿日市の宮島の対岸辺りではなじみ深い魚ですが、ギザミというのがいます。おそらく他の地域のみなさんは聞いたことがないと思います。というのも、ギザミというのはこちらの方言ですので。関東圏、もしくは全国的にはベラと呼ばれています。
 釣りをやる人ならもしかしたらベラなら知っているかもしれません。このベラ、多くの地域で雑魚として見なされていて、釣り人が釣り上げたら「なんだ、ベラか」と言って海に戻したりするそうです。
 このベラ、瀬戸内ではギザミと呼ばれているのですが、なんとこちらでは滋養のある高級魚扱いです。高級魚と言っても一匹400円から700円くらいでスーパーで売っていますが。
 たろうは宮島の対岸で生まれ育ったので保育園くらいから釣りに行っていました。小学生くらいになるともう魚をさばくこともできました。ギザミはなじみ深い魚で、よく釣っていたので大好きです。この魚、料理の仕方次第ではとても美味しく滋養のある魚です。
 今回ギザミについて紹介させていただきますが、たろうは瀬戸内育ちなのであえてベラではなくギザミと呼ばせていただきますね。
 ではまずは選び方と調理方法を早速。

選び方と調理方法

 ギザミを選ぶ時は青ギザミを選びましょう。青ギザミというのはオスなのですが、オスの方が美味しいんです。その分お値段も高いのですが、なんせメスがすごく安いので、オスでも400円から700円くらいです。
 さばくのはスーパーの人にお願いするのが無難だと思いますが、そう難しい魚でもありません。鱗をとって腹を開けるだけです。こちらも瀬戸内の高級魚、毒のあるオコゼのようにトゲをとる必要もありませんし、ギザミは煮付けにするだけですから三枚におろす必要もありませんのでご安心を。
 ギザミの料理は最初がポイントなのですが、さばいたギザミをまずは焼きます。最終的には煮付けにするのですが、まずは焦げ目が少しつく程度に焼きます。
 このギザミを焼くというのは瀬戸内の人でもあまり知らないんです。たろうが宮島の対岸のギザミが多く獲れる漁師町で育ったので母が魚屋さんから聞いた情報です。また漁師町に育ったので漁師さんと交流もあり、教えていただきました。同じ広島県でも他の地域の人たちはこれ、知らないんですね。
 しかし焼くかどうかでこんがりとした美味しさが違うので絶対に焼いたほうがいいです。
 ただ、焼き魚にするわけではないので、完全に焼く必要はありません。焼き色がつく程度、食欲をもよおす香ばしさが漂えばそれで十分です。

味付けは砂糖、みりん、醤油

 そして次に煮付けにするのですが、味付けは砂糖、みりん、醤油です。お好みの味にしていただければいいのですが、一度焼いてほろ苦くなっているので、若干甘めがいいかもしれませんね。たろうが甘口が好きなのでそうするのかもしれませんが、焼いて苦い状態でお砂糖、みりん控えめだと苦辛い状態になってしまうかもしれませんのでご注意を。
 味が染み込むまで煮たら終わりです。他のお魚の煮付けと同じように出汁と一緒に盛り付けてくださいませ。

 ギザミは瀬戸内の小魚ですので、食べていると若干、小骨が多いです。でも食べるのが難しいほど骨が多かったりヒレが邪魔になったり、というわけではないので、お気軽に調理してみてくださいね。
 しかし問題なのが・・・。瀬戸内地域以外で果たしてギザミが売っているのかという・・・。
 瀬戸内では馴染みの魚なのでスーパーにもありますが、関東では雑魚扱いなので、もしかしたらなかなか手に入らないかもしれませんね。
 ただ釣りに行かれる方は「なんだ、ベラか」とおっしゃらず釣り上げて持って帰って調理してみたら、案外美味しいとわかっていただけると思います。とってもおいしいです。たろうはギザミの煮付けが一番好きです。
 もしも瀬戸内方面に旅行に来られることがあったら、ぜひ料亭などで召し上がってみてくださいね。
 あ、しばらくはコロナのことがあるから難しいかもしれませんね・・・。いずれいらしてくださいね。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。