私の持たない暮らし

私の持たない暮らし

私流の持たない暮らしについて

私は片付けが苦手です。
ちゃんと気を付けていないとDMや広告が机の上にそのままになり、
買い物にいくとレシートがたまり 一時しのぎの片づけた先にモノがたまる。
職場はキレイにすっきり片づけてるんですけど自宅となるとそうはいかなくて。
お休みの度に掃除片付けはするけど自分の掃除力?片付け力?が低くてキレイが続きませんでした。モノが多いと家にいても落ち着きませんよね
それが断捨離という言葉を知ってから不要なもののないすっきりした部屋 生き方に「これだ!」と思って自分なりに真似をしてきました。
わかったことはモノの整理整頓って自分と向き合う事なんですよね
自分が好きか嫌いか これからどうしたいのか切り捨てるのはどんな事か 何が不要な事なのか。
難しいので私の好きを探す事からはじめました。

自分・家族に必要なもの 好きなものを必要な数だけで暮らす事を意識するようになって
一番最初に形に現れたのは洋服です。しばらく着ないもの体形が変わって着れないものを処分しました。そうすると何がどれだけ必要なのかわかってくるので買い方もかわりました。節約として減らして買わないようにしてるわけはないんですが 以前のようにバーゲンで買う 衝動買い 必要にせまられてまぁいいかで買うことがなくなりました。
クローゼットにはすきまができました。
そのすきまが心の余裕になる気もしてそうじも楽に頻度もあがりましたし
クローゼットをみるのが楽しいのです。
ほかの事も同じようなやり方で整理していって10年近くなりますが
かなりすっきりとした自宅になったと思います。
家じゅうに隙間が生まれる事でそこに余裕を見つけてほっとできる
片づける事で心のもやもや ほこりも掃除できてすっきり軽くなる気がします。
今までは汚れたら掃除している感じでしたが 今はほとんど毎日掃除していますが
汚れてるからではなく汚れないようにキレイを保つために変わっています。
無心で片づけているうちに自然と心のメンテナンスもできてしまう。
朝窓を開けて空気を入れ替えたらほんとに気持ちいい朝になりました。

いらないモノをすててすき間を作ったらそこには新しいことは流れ込んでくるといわれますが私もそう思います。目にみえるモノを片づける事で心の中の見えないものも片付いて
軽くなる。心に余裕ができるから新しい事にも巡り合える。そんな気がします。
まだまだ目指している持たない暮らしには遠いのですが 気づいたときにはそうやって
おうちと自分をリセットすることで自分と向き合えてきました。
家事と仕事の両立をしていく中でも持たない暮らしができていて無駄なものはやめよう
めんどくさいなと思う事は簡単にできないか考えて調べて楽にシンプルになっていきました。今も苦に感じる事なくこなせています。(性格的に手抜きは思いっきりします!)

コロナの影響で最低限しか持たなかったトイレットペーパー等の在庫が少し増えました。
あとまだ店頭にならんでいないアルコール除菌スプレーのかわりに用途ごとの掃除グッズが臨時でふえました。←元にもどったらもとにもどします。
自宅待機の間 断捨離でものを捨てる人がふえたと聞きますが我が家では特に変わらず。
でも外食ができなくて完全自炊の毎日は最近疲れが見えてきましてお持ち帰りしたりしてしまいます。

コロナのあと生活様式も変わっていくと思いますが 私はやっぱり持たない暮らしをしていきたい。終活という言葉も最近よく聞きますが うちの親は健在で実家は収納も多く何代も前からのモノもいっぱいあふれています。今のうちに整理をと声をかけても全く聞いてもらえず その日がきたら子供である私にふりかかってくるんだろうなと思います。
今は離れてくらしているので実家の周りの事はもうわからなくなっていますし
田舎の田畑や実家がどう処分できるのかわからないし不安です。
そんな思いを子供にはさせたくないと思うし今の暮らしを続けていけば
その日がきても処分しやすいでしょう。
エンディングノートなではいきませんがノートに私が死んだときに必要な情報手続きをノートに書き残しています。
これから先としを重ねていくうちに 変わる事もあるでしょうがそれもその時その時
記入していく形をとって子供にもノートの存在は伝えてあります。

生活スタイルも人それぞれでその人にあったやり方が見つかればそれが一番いいと思うのですが 今でも自分とはちがう生活してる人はいいなと思うときはありますが
私にはこれが一番あってると思うので人は人 自分は自分と思えるようになりました。
大人になってからわかること知ることまだまだありました。
自分の事わかってるようでわかってなくて わかったつもりでもやっぱりわからなくて
そんな自分と向かい合いながらこれからもトシを重ねていくんだろうなと思います。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。