朴葉味噌(ほうばみそ)のミニコンロと固形燃料を使っておうちご飯をまったり頂きました♡

  • HOME
  • Blog
  • 料理/グルメ
  • 朴葉味噌(ほうばみそ)のミニコンロと固形燃料を使っておうちご飯をまったり頂きました♡
朴葉味噌(ほうばみそ)のミニコンロと固形燃料を使っておうちご飯をまったり頂きました♡

食欲のない娘の為にミニコンロを使って演出しようと思ったきっかけ

ついに梅雨になってきましたね。外のお花に天然の水がかかって喜んでいるとんちゃんです(^-^)皆さんそろそろ出かける用事が増えてきたので、傘を持ち歩かれているのでは。大変ですよね・・・。

いつもの年よりおうちにいる時間が増え、食べ盛りの高校の娘も学校休みが続いていたのでお腹がすかなくなり、一日に食べる量が少なくなったので困ってしまって・・・そこでミニコンロを使っていろいろなものを子供の目の前で炊いたり焼いてみました。

まずはご飯から炊いてみました

固形燃料でまさかご飯が炊けるとは???と思ったのですが、アウトドアが好きなのに出かけれない方がやっていた番組などを見て、ひょっとして家にある朴葉味噌(ほうばみそ)のミニコンロで炊けるかも!と思ってやってみたら・・・すっごく美味しい!!娘も目を見開いて、ご飯がごぼごぼ炊けている様子を見てうっすら笑みを浮かべて喜んでいました。

試しに洗ったお米1合と人差し指第1関節分の水を普通のステンレスの小鍋に入れてふたを閉め、ミニコンロの台の上に網とその小鍋を置き、下に置いている固形燃料にマッチで火をつけました。本来ならお米を炊くときに中ごろはある程度の火で炊かないといけないのですが、固形燃料なので、ずーと弱火?ほぼ同じ火力で炊いていました。20分ほどしたら火が消えたので、硬いご飯が大好きな娘の為にあつあつのままそのままご飯を食べたのです。本当は5分ほど蒸らしたほうがお米のシンがとれてふっくら仕上がるのですけどね。嬉しそうにやっと娘がお代わりをしてご飯をたくさん食べました。私もほっとしました。

第2弾 うどん土鍋でご飯を炊きました

ご飯を簡単にミニコンロで炊いて、意外にも美味しかったので、今度は本格的に土鍋で炊いてみました。お米2合でも炊けるんじゃない?と思ったので、今回は洗ったお米2合にやはり人差し指第1関節分の水を土鍋に入れてふたを閉めて、前回と同じくミニコンロの台の上に網とその小鍋を置き、下に置いている固形燃料にマッチで火をつけました。

すると今度は外から見るといい感じで炊けてる~と思ったのですが、実際に食べてみると、パパに「ご飯硬すぎる!」と言われたので、お水をまた同じ量追加で入れて、今度はガスで炊きましたがシンがとれていなくて失敗しました。次回この方法でご飯を炊くときは人差し指第2関節分の水で炊かないとうまく炊けるんだな~と思いました。

やっぱりこのコンロは朴葉味噌(ほうばみそ)が一番合うわ~

すごく前に岐阜の高山に行った時に大好きな郷土料理の朴葉味噌を家で焼きたいと思ったので、朴葉味噌を焼くコンロセットをお土産に買って帰りました。毎年真冬のさむ~い季節になると食べたくなって、朴葉と味噌がセットされているものを買ってきて(スーパーにないときは通販等で購入可)焼いていました。でも今の時期にまったりおうちでお味噌を焼きながら食べるのもいいものですね。

焼く30分前くらいから金のバットに水をはってそれに朴葉をつけておきます。30分経ったら、朴葉の水を軽くキッチンペーパーでふいて付属のお味噌を平べったく塗ります。その上に食べやすい大きさに切った牛肉(飛騨牛なら最高!)や切ったえのきだけ、小口切のネギ等をのせてミニコンロの台の上に網とアルミホイルを置き、具がのった朴葉を置いて、下に置いている固形燃料にマッチで火をつけました。これを炊きながら食べるとほっとくつろぎますね~家族で大喜びです*

梅雨も明けてもっと気軽にいろいろな所に行けるようになったら、今度は河原にもっと小さくて軽いコンロを買って持って行って、やはり簡単な固形燃料で美味しいもの焼いて楽しみたいですね。その時には何を作ろう?皆さんもいかがですか♡

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。