気の合う人と心地よい距離感で🍀

気の合う人と心地よい距離感で🍀

付き合いも断捨離しよう☕

50歳を迎えて、仕事も子育ても1段落(2段落)着いて
プライベートの交友関係は スッキリ断捨離するようになった

子どもが幼稚園の頃は、ママ友がいないといけないような暗黙のルールがあって
ママ友で集まってランチ会が開催されていたが
私には群れる習性がなかったので誘われることもなかった(笑)

仲良しママ友の子どもたちも やはり仲良く群れていたので
息子が孤立してしまったこともある

子どもが小学生になってスポーツクラブに入ると
やはりそこにもボスママや取り巻きが存在していて
伝統やママ同士の上下関係に馴染めなくて そこでも一匹狼の私がいた

ママ友から親友にランクアップする可能性もあるのだろうけど
出会ってきたママ友とは、子どもの成長と共に疎遠になったパターンが多い

私は趣味・特技・仕事が音楽で
音楽を通じて仲良くなった方々とは、たまにしか会わなくても毎回楽しい

たまにしか合わないから 
程よい距離感でお付き合いできているのかもしれない

今日は、職場で出会って意気投合した Iさんと久しぶりの再会
Iさんの娘さんは私と同じ年齢で・名前も私と同じ、という縁

年齢的には母親に近い感じだけど、お互いに1人の人間として認め合っているし
音楽の話も、それ以外の話も・・色々なことを話して盛り上がる

Iさんは趣味でオカリナを演奏され、ご主人はハーモニカ演奏がお上手だ
ご主人は私のピアノに合わせてハーモニカ演奏をされることもあり
ご主人とも音楽でつながっている仲間の1人だ😄

月に2回位は顔を合わせて、季節に適した歌をリクエストして頂くこともある

これまで Iさんに教わった歌は『湯島の白梅』『南の花嫁さん』『満州娘』・・等々
普段の私の生活の中でなかなか出会えない懐かしい昭和の歌の数々♬
昭和の歌は どうしてこんなに情緒あふれる曲ばかりなのだろう♫♬
次に会うときは、どんな素敵な歌を教えてもらえるのか 楽しみ♡

新しいお友達?!

そして つい最近親しくなった友人2人は なんと小学1年生!
息子の同級生でもなく 単なるご近所さんなのだけど
毎回私を見かけると走って近寄ってきてハイタッチ(このご時世だけど💧)
今日は、車から荷物を降ろしているところに2人がやってきて
「一緒に遊びたい!」との申し出(笑)

こんなインドアな私と?!

最初のうちは適当な理由をつけて断っていたが
諦めきれないのか、毎日インターホンを鳴らすようになった

仕方なく『お仕事が忙しいから、近くを一緒にお散歩するだけね』と返事をすると
2人は「わーい」と喜んでくれた

それから、10分間ではあったけれども3人で一緒に散歩に出かけた

インドアだから、息子たちともあまり外遊びしなかった私が💦

会話は至って普通の女子会
『何のお仕事しているの?』
『クラスは何組だと思う?』
『私は空手を習っているの』

それから 度々 彼女たちは私を見かけては嬉しそうに駆け寄ってくるようになった

新しいお友達との交流はなんとも気恥ずかしい感じもするけど   
これからもどうぞよろしく

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. 確かにスポクラは昔からスタジオに入る人たちノリがママ友化してますね。
    男性も参加する様になりましたが、彼らも『ママ友化』しちゃってるし、ユルい繋がりじゃなくて、いい年なのにLlNEのグループでガッつり全員繋がるので、息苦しいのだと思います。

    その様なひとたちと無理して群れるのでなく、あえて離れ、音楽関係を選ばれた事で、心の安らぎを得られるのではないでしょうか。

  2. Adaline様
    コメントありがとうございます。
    付き合いは、自分にとって快適かどうかというのが目安になりますよね。
    あえて無理する必要はないので、これからも自分らしく進んでいきましょうね☆

コメントするためには、 ログイン してください。