TRY! 「そば打ち」

TRY! 「そば打ち」

TRY! 「そば打ち」

20歳前にはお蕎麦の香りが好きではなく、たべませんでした。
どちらかというと、うどん派でした。

ところが、どういういうわけか、20歳を過ぎてから、大好きになって、美味しいそばを求めて、
お店を渡り歩いたりしていました。

そのうちに自分でそばを作ってみたくなり、近くの道場に入門しました。
その道場は人気があり、すぐには入門できず、半年待ちましたが、やっと入れました。
この年で…。でも、そばの世界ではまだ若い方です。

そば粉に水を入れて、全体に水を回す。
指導者:もっと全体に水が回るように!
私:はい。(やっているつもりだけど…。)
自分は結構器用だと思っていたが、最初はなかなかできませんでした。

さらに私には、大きなそば包丁で麺を切ることはとてもつもなく難しいことでした。
指導者:「切り板に対して45度に構えて、包丁は真ん中を…。」
私:はい。(キャベツの千切りはできるのに、どうして、そばは思うようにいかないのかな。)
どうしてほうとう(の太さ)になってしまうのか!

でも、不格好なそばも、そば粉が美味しいせいか、とても美味しいです。

また、道場のそばつゆも手作りで、こんなにおいしいそばつゆは初めてでした。
毎週、そば打ちすることより、美味しいそばが食べられるという理由で、道場に通いました。

そして、仲間ができ、新たにそば会を立ち上げて、それから8年もそば打ちを続けています。
すっかり、手打ちそばの魅力に引き込まれた私は、ライフルーティンの一つになっています。

また、段位認定会があり、40分でそば打ちをする認定会にも参加しました。
ただ、そばが打てればいいと思っていたのに、もっと美味しく打ちたくなり、
段位を受けることにしたのです。好奇心だけは貪欲です。

認定会では審判の厳しい視線を感じ、心臓がどきどきして。
何年ぶりだろうか?こんな気持ちになるのは。学生時代のバレーボールの試合以来の気持ちでした。
でも、このどきどきわくわく感が新鮮で楽しいです。

そば粉と仲良しになって、そば粉と美味しいそばを打つ会話をしています。
今日はどのくらい水を入れたらいいのかな?そっと圧力をかけて、おいしくなったかな?
そば粉の色を見てご機嫌を伺ったり、破けないようにそっと優しくして・・・。
そば粉の香りに包まれ、無心になり、自分の世界にのめり込みます。

まだまだ納得のいくそばが打てません。
というのも、そば打ち名人の美味しいそばを食べさせて頂いたので、
まだまだ美味しいソバがあることを知ってしまったのです。

私と同じそば粉なのに、名人が打ったそばは味が違う!

食いしん坊の私ですから、私もそんな美味しいソバが打てるようになりたいと考えてしまうのです。
美味しいそばを食べに行けば簡単なのに、打てるようになりたいなどと思ってしまうのです。

だからさらにTRY!
おいしいそば打ちにTRY!
私にTRY!

おやおや…。

最近、そばだけでなく、いろんなことにTRYしたくなってきているようで?
というか、考え方がポジティブになったような気がします。

やりたいことがやれる、こんな時間があることにも感謝です。

そして、まだまだTRY!

6月の花② 「そばの花」

そばの花についた露に朝日が当たり、きらきらと輝く姿は何とも言えません。

開 花: 6月~10月
花言葉: 一生懸命 誠実
生 育:1年草
分布・原産地:中央アジア~中国東北部 日本でも、高知で9000年前のそばの種が見つかった。
撮影場所: 自宅前

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。