秩父市長瀞〜ライン下りと極上かき氷

秩父市長瀞〜ライン下りと極上かき氷

埼玉県秩父市長瀞といえば?

埼玉県といえば、映画『跳んで埼玉』で、じみーーーな埼玉県がクローズアップされましたね。埼玉県民としては、かなり嬉しく、また爆笑しながら見させていただきました。

はなわの歌う、埼玉県のうたも最高でした。

で、その埼玉県ですが、あまり目立った観光スポットはないのが正直なところ。(^^;;

それでも、いくつかオススメなスポットはあります。そのうちの一つが、秩父市の長瀞。

長瀞といえば、有名なのは、どこまでも広がる巨大な岩畳と、ライン下りです。

※今回の記事は、コロナ騒動になる前の3月上旬の日帰り旅です。

川は、深いグリーン色に染まっています。
ライン下りは、水量が増える台風の後のタイミングが本当は狙い目らしいです。

水量が増えていると、その分川の流れが激しくなり、スリル満点だとか。

私は今回三回目くらいだけど、いつも穏やかな天候な為、穏やかなライン下りしか体験したことがございません。

穏やかなライン下りも、ほのぼのしますが。一度くらい、激しめのライン下りも体験したいなあーと思っています♫

船頭さんによっても変わる、ライン下りの楽しみ方

今回、10年ぶりくらいにライン下り、参加しましたが。

前回はかなりご高齢の船頭さんだったのか?静かーーーーに、ユラユラ乗った記憶なんです。

が、

今回は若いお兄さんの船頭さんで、しかもトークがめちゃくちゃ上手くて、まるでお笑い芸人のライブのようなライン下りだったんですよねー。

川の流れは、ゆったりのんびりでしたが。
船の上は、笑いのうず。
お兄さんが本当に面白かったです。景色よりもそっちがインパクト強すぎ。笑

GWや夏休みになると激混みらしく、船頭さんは少ないため、二時間待ちくらいになるそう。
トーク上手な船頭さんも、その時期は口数が減ると仰っていました。なかなかハードですね。(^◇^;)

行ってみたい方はこちらを参考にどうぞ。

今回のメインは、阿佐美冷蔵の極上かき氷!

今回長瀞を訪れた目的は、実はかき氷でした。

夏には二時間待ち!!とネットで知り、気になっていたテンコ盛りのかき氷!

季節をずらしていけば、ほぼ待たずに入れそうだったので、この時期を狙ってやってきました。

私が行ったのは、寶登山道店の方です。
行ってみたい方はこちら参考までに。

実際、10分待ちくらいで店内に案内されました。店内もキレイで、インテリアもオシャレな感じ。

かき氷のお値段もなかなかなものでしたが、たまにはこんな高級かき氷体験も貴重かなぁ、と思いましてね(о´∀`о)

フワフワなかき氷と、濃厚シロップ

ネットで見ていた通り、フワフワで山盛りのかき氷。

イチゴミルクと

抹茶あずきのスペシャル?的な二品をオーダー。

うぉーーーー!!!

すごいボリューミー!っと思っていたけど、氷なのであっという間に食べてしまいました。

イチゴミルクのシロップは、濃厚で。お祭りのイチゴシロップとは当然、別物です。特に、抹茶は本格派すぎました。シロップというより、本当の濃いお抹茶がそのままかかってる!という感じです。

渋くて、うまみが濃厚!!
お口の中が、深緑に染まりました。

とにかく、贅沢すぎるかき氷でしたーーー。

食べ歩きも楽しい〜!

長瀞駅から、岩畳までの道のりは、お土産やさんや出店が立ち並び、何となくワクワクします。

花豆のきな粉をまぶしたものを試食したらとっても美味しくて、パック買いしました。中ではお茶も試飲できて、嬉しくなります。

夫は煎餅好きなので、焼き立て煎餅を片手にお散歩。

食べ歩きといえば、埼玉県川越市の小江戸横丁もオススメです。サツマイモのお菓子やスイーツが沢山食べれます。
参考までに。
https://kinarino.jp/cat8/27916

皆さま、埼玉方面にいらしたら是非お立ち寄りくださいませ(о´∀`о)

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。