終活詐欺にあわないために

終活詐欺にあわないために

終活詐欺とは

終活が注目されるようになり、終活を行う人達が増えています。最近では終活を行う高齢者を狙った終活詐欺の被害をよく聞くようになりました。将来の為に終活を行うわけですから、詐欺の被害は避けたいものです。今回は終活詐欺に遭う理由や終活詐欺の種類、そして終活詐欺の被害に遭わない対策と被害者になった時の対策などについてお伝えいたします。

終活詐欺にあう理由

最近の詐欺の手口はますます巧妙になっています。終活を行う高齢者も詐欺の対象として狙われることがあります。悪徳業者により持ち掛けられた話を、高齢者が詐欺かどうか見分けることは難しい場合もあります。また判断力が落ちている人についても無理やり持ち掛けられた話をそのまま鵜呑みにして騙されることがあります。

終活詐欺の種類

終活詐欺の種類としては、生前に契約した墓地に関する費用を水増し請求するものや、不用品の処分の訪問購入の際に貴金属を売却させるもの、過去に原野商法の被害に遭った人に新たに高額な契約を結ばせる原野商法の二次被害などがあります。

終活詐欺を防ぐ対策

最も効果があるのは、家族とコミュニーケーションを取り合うことです。家族が高齢者に寄り添った声掛けを行う環境を作っておく必要があります。また1人暮らしの場合は地域全体で高齢者を見守れる環境にあることが大切といえるでしょう。終活詐欺の防ぎ方は、各警察署のホームページに特殊詐欺に関する掲示板がありますので確認することをおすすめします。

終活詐欺の被害者になったら

最寄りの警察にすぐに連絡し相談しましょう。決してそのままにせずに、怪しいと思ったら直ぐに相談してください。
また家族との話し合いも大切です。被害に遭った後の対策も行いましょう。

まとめ

今回は最近増加の傾向にある終活詐欺につきましてお伝えしました。終活詐欺の被害にあわないように、実際に起こっている詐欺の内容を確認し家族とのコミュニケーションを欠かさず取ることが必要です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。