■ 自然から目が外せない。/ 妻を亡くしたあるコメディアンの手紙(引用)

  • HOME
  • Blog
  • その他
  • ■ 自然から目が外せない。/ 妻を亡くしたあるコメディアンの手紙(引用)
■ 自然から目が外せない。/ 妻を亡くしたあるコメディアンの手紙(引用)

・経済と自粛は「両刃の剣」 77億人が住む地球は小さ過ぎ・・・

毎年夜の明かりに餌の捕獲に集まっていた「夜の訪問者」がここ数年すっかり姿を消していました。
吸盤でアルミサッシのガラスにピッタリ付くと室内からは丸見えです。
虫を捕まえる姿はユーモラスでした。
生きている虫を餌にするアマガエルは捕獲に上手い、下手の差がその体形に顕著に出ていました。

アマガエルは一日に500mも移動するといわれます。2fのテラスから庭まで一気に飛び跳ねます。
たぐいまれな能力に勇気付けられていました。
彼らが戻って来たのです。

朝起きるとバケツに入っていた湿った「ヘチマのたわし」に大きなクワガタムシがしがみ付いています。
蝶も花が咲くや否や蜜を集めにやって来ます。

インドから数十年ぶりにヒマラヤが眺望出来た・・・ニューヨークの霞んでいた超高層のビルが遠方からクッキリ見えた。before→afterと画像で指摘しています。
飛行機や車が動かなくなって変わったことが話題になりました。

おそらく産業革命以来世界中の経済が休止することはなかった。
大変複雑な思いです。

今を過ごしています。

・アメリカ人のコメディアンが、最愛の妻を亡くした時に友人に宛てた手紙を読んで複雑な思いをしたたことがあります。(2014) 
反論する事は全くできませんでした。

長文ですが一度心に留めておくと取り出しては一人戒めています。

******

ビルは空高くなったが 人の気は短くなり
高速道路は広くなったが 視野は狭くなり

お金を使ってはいるが 得る物は少なく
たくさん物を買っているが 楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 家庭は小さくなり
より便利になったが 時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても センスはなく
知識は増えたが 決断することは少ない

専門家は大勢いるが 問題は増えている
薬も増えたが 健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 笑うことは少なく
猛スピードで運転し すぐ怒り

夜更かしをしすぎて 起きたときは疲れすぎている

読むことは稀で テレビは長く見るが 祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが 自分の価値は下がっている
喋りすぎるが 愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが 人生を学んではいない
長生きするようになったが 長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに 近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが 内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが より良いことはなしえていない

空気を浄化し 魂を汚し
原子核を分裂させられるが 偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが 待つことは覚えず
計画は増えたが 成し遂げられていない

たくさん書いているが 学びはせず
情報を手に入れ 多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが 人格は小さく

利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに 家族の争いはたえず
レジャーは増えても 楽しみは少なく

たくさんの食べ物に恵まれても 栄養は少ない

夫婦でかせいでも 離婚も増え
家は良くなったが 家庭は壊れている

忘れないでほしい
愛するものと過ごす時間を

それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい 
すぐそばにいる人を抱きしめることを

あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 1円もかからない

忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に「愛している」と言うことを 心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り その時間を慈しむことを

愛し 話し
あなたの心の中にあるかけがえのない思いを分かち合おう

人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない
どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ

******

コメディアンの職業からくるアップ・ダウンが心に届きます。

・一番好きな花カモミール ♬ 今年もこぼれ種で咲きました。

カモミール、カモマイル和名はカミツレ(ハーヴ)時々紅茶に花を浮かべ楽しんでします。
リンゴの香り・・・爽やかな香りは心を軽くします。

・スーパーのお店の方もすっかり疲れています。
人によりストレスもそれぞれです。
ついつい・・・かもしれませんが小さな不愉快!が蔓延している気がします。

遠い昔、遠い国で初めてお会いする方が私のために「小さなディジーと白樺の芽のブーケ」を手にもって恥ずかしそうにくださいました。立派な紳士です。
これ以上の嬉しさはいまだに持っていません。

一握りのワイルドストロベリーや庭に咲いたハーヴを小さなブーケにして気持ちを差し上げるのも小さな楽しみかと心地よい日差しの午後思っていました。ふ~っと息を抜いて・・・・

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。