身近な場所でボランティア ♪

身近な場所でボランティア ♪

演奏ボランティア活動を始めたきっかけ

ホスピスで演奏ボランティア活動を始めて5年
現在 2か所のホスピス(緩和ケア病院)で演奏ボランティア活動を行っている

あくまでもボランティアなので 自分の余暇時間や休日を使って取り組んでいるため
最近は 数カ月に1回のペースになっている

始めたきっかけは 両親の闘病生活と別れ

音楽が大好きだった両親と 音楽を仕事としていた娘の私

実際に『命』と向き合う日々の生活は
これまで当たり前だったことや好きなことを楽しむ心の余裕はなかった

今だから『あの時やっておけばよかった』と言えるけど
当時の自分が悪いわけではなく その時の自分の選択だから それでいい🍀

癌患者の家族として どのような思いで向き合ってきたのか・・・
自分の心を保ちながら家族を支えていくという経験は
私にとって とても大きな学びを与えてくれた

『実際に体験したから できることがある!』

その使命感が 次の一歩に進ませてくれたのだろうと思う

新しい環境は学びと出会いの場

私が演奏ボランティアとして登録しているホスピスには
ボランティア登録者が100名以上いて 日替わりで様々な催しが実施されている

現在は感染症の影響で活動休止中であるが
再会を心待ちにしているという方は多い

私が行っているのはキーボードやピアノの演奏であるが
三味線・オカリナ・ハーモニカ・コーラス・・・
様々な楽器のボランティアさんが多数在籍している 

演奏以外の活動は 傾聴・マッサージ・アロマテラピー・園芸・喫茶・・
実際に覗いてみて知ったこと 学んだことがたくさんある

自分に何ができるだろう?
何かできることはないかな?

そう感じた方は 是非1度 覗いてみられてください

コーヒーを出す・話を聞く・・そのような日常の1コマで
人の心を優しく癒すことができるのです

普段の生活で人付き合いを煩わしく感じてしまうことがあっても
人との関わりによって気づきが得られ 新たな一面を知るきっかけにもなります

『人の役に立ちたい』と思って始めたことなのに・・・
『人に支えられて自分がいる』ということを知り 心が温かくなるでしょう

                               
                                ☆感謝☆

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。