「終活」遺言とエンディングノート

「終活」遺言とエンディングノート

今回のBlogは遺言とエンディングノートだよ。

昨年7月に相続法が40年ぶりに大きく改正して、自筆遺言の要件が緩和されて、さらに自筆遺言の保管制度も新設され、2020年7月10日から自筆遺言が法務局で保管できるようになるので、自筆遺言が非常に使いやすくなるんだ。
この機会に遺言とエンディングノートについて解説するね。

遺言

遺言には公正証書遺言と自筆証書遺言があって、公正証書遺言というのは、公証人役場というところに遺言を持って行って、遺言を公正証書(法務大臣に任命された公証人が作成する公文書)にしてもらう遺言なんだ。公文書になってるので、法的要件は完備されているから、遺言が無効になることはほとんどないね。完璧を求めるなら公正証書遺言が安心だよ。

それに対して自筆証書遺言というのは、名前の通り自分で書く遺言で法的要件が完備されていれば、公正証書遺言と法的効果は同じだけど、まず、代筆は許されないのですべての遺言を手書きしないといけなくて、日付の書き方とか氏名の書き方とか、変更や削除の場合の書き方とかが決まっていて、これが間違っていたり、パソコンで作成した場合などは遺言と認められないので、意外と遺言が無効になってしまうケースがあるんだよ。
あと遺言を残していることを伝えてなくて、わからないところにしまっていれば、見つからないので、遺言の意味がないんだよね。

よくドラマで家を探したら遺言が出てくるのは、自筆遺言ですね。ドラマで弁護士が遺言を持ってくるのは大体公正証書遺言ですね。

この自筆証書遺言が2019年の相続法の改正で使い易くなって、遺言で一番大変で、かつ変更もある「財産目録」がパソコンで作成することができるようになったよ。その他不動産の謄本や預貯金のコピーの添付も認められるようになったよ。
また2020年の7月10日からは法務局で自筆証書遺言が保管できるようにもなったんだ。
これは紛失や盗難、偽造、変造を回避することができるよ。(ドラマで偽の遺言で筆跡鑑定ってよくありますよね。あれができないです。)
法務局に保管することによって、亡くなった後の家庭裁判所の検認手続きがなくなることも大きいメリットだよね。

エンディングノート

遺言と違って法的拘束力がないのがエンディングノートだよ。
エンディングノートに遺産の相続の希望を残しても法的には効力がないので、相続人が反対した場合は法律に定められた遺産の分配になっちゃうんだよ。
では、エンディングノートは意味がないかというと、エンディングノートには財産の明細や残された人へのメッセージ、デジタル資産の残し方、なにかあった時の希望など、遺言とは違った意味で残しておくことにより残された人は大変助かるし、遺言を残すほどじゃないけど、なにかあった時に心配という人やまだまだこれから色々なこともやりたいという人にはエンディングノートが向いているね。

エンディングノートの詳細はこちら

結論

まず遺言を残したほうがいい人は、
「おふたりさま」、「おひとりさま」です。
特に子供がいないおふたりさまは夫婦揃って自筆証書遺言を残して法務局に保管しておくことを強くお薦めするよ。
子供がいないと法定相続人がパートナーだけでなく、親または兄弟がなってしまうので、不動産(自宅)が相続財産の多くを占める場合、かなりの方が相続でもめるよ。

おひとりさまは親または兄弟が法定相続人になるので、特に相続に希望がなければ遺言が絶対必要というわけではないけど、希望がある場合には遺言を残す必要があるよ。
おひとりさまは遺言よりも死後委任(葬式や供養を誰かにまかせる)の方が現実的かもね

エンディングノートはどうかというと、50代以降の人すべてにお薦めします。
50代~60代の方は「セカンドライフ」を楽しみ、もし自分になにかあった時のために、70代以降の方は、まだ脳が元気なうちに今後の自分の希望や財産をきちんと整理するため、残される家族のためにもエンディングノートは50代から書いておこう。
Slow&Happy オリジナルのセカンドライフを楽しむエンディングノートはExcelなので、自分のオリジナルのエンディングノートが簡単に作れるよ。
ダウンロードしてオリジナルエンディングノートを作成しよう!

セカンドライフを楽しむエンディングノートの無料ダウンロードはこちら

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。