新天地へ向かい!

新天地へ向かい!

新期一転

私は早期退職を選んで優雅な生活を送っています。
でも、矢張り仕事人間ですから物足りなく成って来ました。

その時子供の時から行いたかった夢が有りました。
それは喫茶店のオーナーです。

今なら、退職金もあるし、年齢的にも行って行けると思っていました。
妻に相談をして喫茶店を開きたいと言ったら、最初の内は反対していましたが、私の熱意に負けた様で
了承を貰いました。

でも、何から始めたら良いか分からずインターネットで資格を調べたら通信教育で取得出来る事が分かりました。
金額的には、8万円位掛かりますが、投資と思い受講する事にしました。

自宅に教材が届いて驚いたのは教材の多さです。
この教材を勉強して資格を取ると言う事は至難な業だと思いました。

でも、決めたからにはやり抜く事にして、毎日勉強を行って行きました。

分からない所はインターネットで調べ行う事で徐々に教材の方も進んでいきました。
それでも、分からない所は近くの喫茶店のオーナーに聞いていく事にしました。

喫茶店のオーナーも心良く勉強に付いて教えてくれました。
その結果試験当日も余り緊張せず行う事が出来ました。

やる事はやったので、後は結果発表だけでした。
結果をインターネットで見て居たら自分の受験番号が有ったので嬉しくて一番にマスター伝えました。

大変な日々

資格を取ったからと言っても、どうしたら良いか分からない時にマスターが内で修業しなさいと言ってくれたのが
とても嬉しく助かりました。

でも、ここからが大変で毎日毎日喫茶店で修業の日々でした。
でも、自宅に戻ってもとても良い疲れなので妻も驚いていました。

そう言った日々が一年位ありました。
そこで、マスターが私が居ない時には任せるよ!と言われとても嬉しい反面不安で一杯でした。

そうしている内に、その日がやって来ました。
お客さんに対しての対応の仕方からメニューまで全て私が行うのが初めてだからです。

その様な日々が何時の日かマスターから自立しなさいと言われとても驚いたのですが、
やっと自分のお店が持てる嬉しさで一杯に成って行きました。

新規のお店

新規のお店の開店資金は、退職金から一部出して行う事にしました。
これには訳が有って妻が成功したら良いけど何か当た時の為に取って置きましょうと言われ、

妻の言うと通りにしました。
売り上げ・喫茶店に掛けたお金の返済の日々でしたが、新鮮な気持ちで行う事が出来て嬉しかった気持ちで一杯でした。

お店の方も最初の内は、ガラガラでしたが、徐々にお客さんも増えて行き常連さんも付く様に成って来ました。
常連さんが付く様に成ったのは喫茶店を開いてから約1年位掛かりました。

でも、とてもラッキーだと思っています。
普通1年でこの様なお店に成るには珍しいそうです。

私の師匠であるマスターに感謝しています。
そして、妻にも感謝しています。

これからも、頑張ってお店の方も繁盛させたいと思っています。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。