セカンドライフを楽しむエンディングノート

セカンドライフを楽しむエンディングノート作りました!

エンディングノートについては、前に 「終活」エンディングノートって知ってるかな? でBlogにも書いたけど、本来は「高齢者が人生の終末期に迎える死に備えて自身を書き留めておくノート」で、高齢者用に作られているエンディングノートが多いのでスロハピ世代の人にはちょっと合わないんだよね。

スロハピ世代の人のエンディングノートは人生の2週目を楽しむために書くものだから、Slow&happy管理人の私が新しく作っちゃいました。

セカンドライフを楽しむエンディングノートの特徴は以下の通りです。

1.エクセルなので、好きな項目を足すことができるし、書き直し、追加も簡単。

2.スロハピ世代に合わせて、エンディングノートの前半を人生の1週目の振り返りや現在の資産、今後の収入予定などを入れて、自分を見つめなおし、そこからセカンドライフで、これからやりたいことリスト、行きたいところリストを作る流れになっている。

3.セカンドライフのページ以降、一般的なエンディングノートにある、医療・介護、葬儀、ペットなど、こんな時代なのでもし何かあっても困らないようなページ構成になっている。

4.必要な項目は足してオリジナルのエンディングノートが作れるよう、ページ数は10Pと比較的簡単に書けるページ数になっている。

5.私の未来(これから)ページがメインになっており、そのための自分の見つめなおしができ、「これから」ページも夢ではなく、現実的なことを書ける作りになっている。

ーセカンドライフを楽しむエンディングノートーの構成は以下のようになっています。

表紙 名前と記入開始日、更新日

1Pー自分のこと、デジタル系もここにまとめてるので、自分の備忘録にもなるよ。

2Pー財産1、預貯金や株式などの金融資産

3Pー財産2、不動産や公的年金・私的年金・貸付金

4Pー保険、生命保険・損害保険 65才以降の毎月収支を計算しよう。

5Pーマイメモリー、趣味や好きなもの、小学校から成人までのエピソードや過去訪れ印象に残ったところなど、次ページの「これから」を書くために1週目の人生を振り返ってみます。

6Pー私の未来(これから)、これからやりたいことリスト・これから行きたいとこリスト。このページがーセカンドライフを楽しむエンディングノートーのメインのページになります。

7Pー医療・介護、健康状態や病気の告知、延命治療の要望などなにかあった時の希望を書いておきます。

8Pー葬儀、葬儀時の希望を書きます。

9Pーペット、なにかあった時のペットの希望を書きます。

10Pーメッセージ、大切な人へのメッセージを書きます。セカンドライフを迎えるに当たっていままでお世話になった人に感謝する気持ちは大切です。

以上がーセカンドライフを楽しむエンディングノートーの構成になります。

今回はVer1.0なので、これから皆さんに試用してもらって、改善をして最終的にはアプリ化を目指したいと思います。